カテゴリ:常磐線 の記事一覧

記事総数:14記事 ページ総数:2ページ
常磐線各駅停車・千代田線E233系2000番台(2010年9月5日取材)
東京メトロ千代田線と相互乗り入れを行っている常磐緩行線では現在新型車両E233系2000番台の導入が進行中です。昨年9月にこの車両について調査をすることができましたので、詳しく解説することいたします。■JR東日本の標準車両E233系 左上:中央線E233系0番台(2007年9月1日武蔵小金井駅)右上:京浜東北・根岸線E233系1000番台(2010年2月6日浦和駅)左下:京葉線E233系5000番台(2010年7月10日千葉みなと駅)右下:東海道線E233......
2011/01/18
Tw: FB: B!: :0
常磐線・成田線“エアポート常磐”運転
※この記事はYahoo!ブログから移行したものです。昨年12月29~31日、そして今月3・5・6日に常磐線・成田線経由の臨時快速列車“エアポート常磐”が運転されました。“エアポート常磐”の概要“エアポート常磐”。馬橋にて。“エアポート常磐”は183系6両編成を使用し、上野駅から常磐線・成田線(我孫子~成田間、通称「我孫子線」)を経由し、成田でスイッチバックし、成田空港まで運転されました。停車駅は上野、北千住、松戸、柏、我孫子......
2008/01/07
Tw: FB: B!: :0
203系を撮影
※この記事はYahoo!ブログから移行したものです。6月3日は東武野田線で柏まで出た後は常磐線に乗って都心へ向かいます。初夏の風景?途中、新松戸で途中下車しました。理由は先日E233系への置き換えが発表されたJR東日本の203系を撮影するためです。新松戸の我孫子寄りはカーブしていて条件的にはやや不良ですが、常磐緩行線の有名な撮影地として有名です。▼参考常磐緩行線(東京メトロ千代田線直通)に新型電車を導入―E233系直流電車......
2007/06/19
Tw: FB: B!: :0
変わる常磐線
※この記事はYahoo!ブログから移行したものです。品川駅の「駅ナカ」で昼食後、上野駅へ行きました。狙うは常磐線です。常磐線も来る3月18日ダイヤ改正で上野~土浦間から415系が引退し、全列車がE531系に統一されます。また、E531系はこの改正からグリーン車の営業が始まります。首都圏では高崎線をはじめ、これまでグリーン車が無かった路線にも最近になってグリーン車の連結が行われるようになり、今回その流れで常磐線にもグリ......
2007/02/21
Tw: FB: B!: :0
高浜駅での通過待ち
※この記事はYahoo!ブログから移行したものです。常磐線は多くの特急列車が走っており、普通列車は途中駅での特急追越し待ちを余儀なくされています。今回乗った列車も高浜駅で特急の通過待ちをしました。なお、停車中は空調の効果を保持するため、各車両とも1つのドアだけあけた状態になります。慣れない者にとってはドアが閉まる音がして「え?行っちゃうの?」と慌ててしまいますね(汗)上り線をE653系特急「フレッシュひたち」......
2006/09/16
Tw: FB: B!: :0
415系車内のいろいろ
※この記事はYahoo!ブログから移行したものです。車端部のモーター吸気口。415系のつづきです。今度は車両ごとの違いについてです。座席配置から見る混雑の凄まじさ常磐線の415系の場合、沿線で次々と進む宅地開発に追いつけず、長い年月にわたって少量ずつ増備が進んだため、同じ編成内でもさまざまな使用の車両が混じった状態になっています。特に、後期に製造された車両は激増する輸送量に対応するため、オールロングシートにな......
2006/09/16
Tw: FB: B!: :0
415系常磐線・・・交直セクションを越えて
※この記事はYahoo!ブログから移行したものです。我孫子からは快速(取手より先は普通)列車に乗り換えて北上します。来たのは古豪403系を含むオール鋼製車の編成でした。交流・直流両方に対応パンタグラフ付近の遮断機群。切り替えに備えて厳重な装備になっている。415系は簡単に言えば113系を交流電化にも対応させた車両です。常磐線のみならず北九州地区など直流・交流双方の電化に対応する必要がある線区で使用されています。パン......
2006/09/15
Tw: FB: B!: :0
203系・・・201系の地下鉄乗り入れ版
※この記事はYahoo!ブログから移行したものです。新松戸から常磐線を北上します。まずは各駅停車で我孫子まで行きました。ちなみに5月に我孫子までは同じコースを辿っています。201系と同一メカ▲前面(拡大可)▲車内今回乗ったのはJR所有の203系です。(5月は東京メトロ6000系に乗りました。)メカニズムは中央線や京葉線を走っている201系と同じ電機子チョッパ制御ですが、車体がアルミ車体となり、動力計の仕様が変更されていて(......
2006/09/15
Tw: FB: B!: :0
我孫子線・成田線
※この記事はYahoo!ブログから移行したものです。我孫子駅から千葉に戻るまでです。常磐線から成田へ我孫子からは成田線に乗り、成田へ向かいます。この区間は通称「我孫子線」と呼ばれ、常磐線からの快速電車がそのまま直通してきます。(千葉方面からは直通しない。)車両は以前は常磐線の103系と千葉地区の113系が入り乱れていましたが、現在はすべて常磐線から直通するE231系になっています。沿線では最近宅地開発も若干行われ......
2006/05/26
Tw: FB: B!: :0
千代田線6000系・常磐線203系・415系
※この記事はYahoo!ブログから移行したものです。東松戸から武蔵野線に乗り、新松戸駅へ向かいます。営団スタイルの元祖6000系新松戸から我孫子までの常磐線各駅停車で乗ったのが東京メトロ千代田線から乗り入れてきた6000系です。6000系は地下鉄千代田線の車両として昭和44年に試作車が登場しました。当時としては先進的なサイリスタチョッパ制御を採用し、車両のデザイン的に見ても先頭部の非常扉を開くとそのまま階段になる構造......
2006/05/24
Tw: FB: B!: :0
千葉県北部一周
※この記事はYahoo!ブログから移行したものです。▲我孫子駅で並ぶ常磐線のE231系。恒例?週末の旅ですが、午後半日を使って千葉県北部の鉄道乗りつぶしに出掛けてきました。コースは・・・京成線(地元~京成津田沼)→新京成線(京成津田沼~新鎌ヶ谷)→北総線(新鎌ヶ谷~東松戸)→JR武蔵野線(東松戸~新松戸)→JR常磐線各駅停車(新松戸~我孫子)→我孫子(成田)線(我孫子~成田)→JR成田線(成田~千葉)という感じです。まあい......
2006/05/21
Tw: FB: B!: :0
常磐線415系
※この記事はYahoo!ブログから移行したものです。長らく常磐線の中距離輸送を支えてきましたが、E531系の導入により終わりが近づいているのがこの415系です。415系は簡単に言うならば113系を交流電化区間にも対応させたものであり、初期の段階では1周波数のみ対応の411系として増備され、その後整流器を50/60HZ両用とした415系に移行したものであります。常磐線のほか、関門トンネル経由で本州と連絡していた北九州地方にも導入され......
2006/05/06
Tw: FB: B!: :0
スポンサード リンク

最新記事

首都圏外郭放水路庄和排水機場(2016/10/02)
相鉄・東急直通線建設工事(2016年取材②新綱島~日吉)(2016/09/10)
相鉄・東急直通線建設工事(2016年取材①羽沢~新横浜)(2016/09/07)
相鉄・JR直通線建設工事(2016年6月取材)(2016/08/27)
茨城県・守谷市のマンホール(2016/08/26)
東京メトロ千代田支線北綾瀬駅ホーム延伸工事(2016年6月4日取材)(2016/08/21)
東武伊勢崎線竹ノ塚駅高架化工事(2016年6月4日取材)(2016/08/14)
次期「書籍化」プロジェクトへの道すじ(2016/08/12)
JR飯田橋駅ホーム移設工事(2016年6月取材)(2016/08/06)
東急東横線10両化&関連工事(2015・2016年取材)(2016/08/03)
月別アーカイブ

全記事タイトル一覧

お知らせ

【総武・東京トンネル書籍化プロジェクト】COMIC ZIN様で欠品しておりました「総武・東京トンネル(上・下)」の販売を再開しました。詳しくは→こちら(2016,04,10)
さらに前のお知らせ

おすすめ&スペシャル

「総武・東京トンネル」書籍化プロジェクト 当サイトの前身であるYahoo!ブログから運営通算10周年を記念し、2008年に連載した「建設史から読み解く首都圏の地下鉄道① 総武・東京トンネル」についてほぼ白紙から書き直し、自主制作本(同人誌)にまとめるプロジェクトです。2015年3月のコミケットスペシャル6で総武線区間について取り上げた「上巻」、12月のコミックマーケット89で横須賀線区間について取り上げた「下巻」をそれぞれリリースし、昼過ぎに完売となる大好評となりました。現在書店(COMIC ZIN)様にて絶賛発売中です。

おすすめ記事

@takuya870625 Twitter