2007年12月に公開された記事一覧

記事総数:14記事 ページ総数:2ページ
日比谷公園イルミネーション“TOKYO FANTASIA 2007”
※この記事はYahoo!ブログから移行したものです。総武本線物井―佐倉間で列車の撮影を行った後は都内まで移動しました。お目当ては日比谷公園で行われているイルミネーションのイベントです。日本最大のクリスマスツリー?噴水の真上に建つクリスマスツリー向かったのは日比谷公園で行われているイルミネーションイベント“TOKYO FANTASIA(トウキョウ ファンタジア) 2007”です。12月21日(金)から12月31日(月)(翌1月1日(火)AM......
2007/12/31
Tw: FB: B!: :0
物井―佐倉間、その2
※この記事はYahoo!ブログから移行したものです。昨年11月に撮影に行った総武本線物井―佐倉間(通称:モノサク)ですが、今年もまた撮影に出かけました。場所に関しての説明は下に示した昨年の記事をご参照いただくこととして、今回は写真だけ羅列していこうかと思います。ちなみに、出かけた主たる目的は年賀状の背景に載せる写真素材を作るためです・・・▼関連記事「モノサク」(2006年11月7日)昨年と変わったところは、113系が4......
2007/12/31
Tw: FB: B!: :0
房総211系ダブルパンタ車登場
※この記事はYahoo!ブログから移行したものです。 昨年10月に房総各線に導入された211系ですが、今月に入ってパンタグラフを増設した車両が登場しました。201系から流用?増設パンタのアップ。増設されたパンタグラフはシングルアーム方式で、銚子・安房鴨川方の先頭車クモハ211の運転台側に設置されました。制御回路の関係からか、2つあるパンタグラフは両方とも常に上昇させた状態で使用されています。この増設されたパンタグラ......
2007/12/29
Tw: FB: B!: :0
千葉駅前イルミネーション「ルミラージュちば2007」
※この記事はYahoo!ブログから移行したものです。怒涛の大学の授業が22日(土)で終わり、その翌日23日(日)は所属している合唱団のクリスマスコンサートでした。場所は千葉駅から程近い千葉市美術館さや堂ホール。非常に音響がよく、我々のような少人数の合唱団には最適という評価で皆一致しました。その後は稲毛海岸駅近くの居酒屋で1次会・2次会合わせて5時間にわたる“打ち上げ兼忘年会”。とにかく飲んで食べまくりましたっ!(......
2007/12/25
Tw: FB: B!: :0
ららぽーと豊洲の夜景
※この記事はYahoo!ブログから移行したものです。先々週、先週とも週末はどこにも出かけていません。掲載を延々と延ばしている理由に「ネタ切れ」というのも加わってきました。ただ、来週からは冬休みということで1月分も含めて大量にネタ集めをしていく予定です・・・ということで、延びに延びている12月1日の撮影分です。お台場からは新交通「ゆりかもめ」に乗り、豊洲まで移動しました。ららぽーと豊洲晴海通りから見たららぽーと豊......
2007/12/21
Tw: FB: B!: :0
お台場の夜景(レインボーブリッジ・フジテレビなど)
※この記事はYahoo!ブログから移行したものです。日本科学未来館を周り終わるともう夕方でした。ついでなのでお台場の夜景を少し・・・超有名夜景スポットですが・・・お台場の中央を貫く遊歩道。フジテレビが見える。一般に「お台場」と呼ばれている臨海副都心は(港区台場・江東区青海・品川区東八潮)昭和末期に造成された埋立地です。1996年には世界都市博覧会が開催される予定でしたが、直前に都知事に就任した故・青島幸男氏がバブル......
2007/12/16
Tw: FB: B!: :0
日本科学未来館&「地下展」
※この記事はYahoo!ブログから移行したものです。掲載がのびにのびている先々週の土曜日(12月1日)の続きです。りんかい線に乗ってわざわざお台場へ向かったのはここ「日本科学未来館」へ行くためでした。科学技術の未来を見据えて日本科学未来館のシンボル、球体形ディスプレイ「ジオ・コスモス」。気象衛星の雲画像などが表示される。日本科学未来館は2003年にできた新しい博物館です。独立行政法人科学技術振興機構の運営する施......
2007/12/13
Tw: FB: B!: :1
鉄道各社でつり革交換進行中
※この記事はYahoo!ブログから移行したものです。京葉線の新木場駅から1フロア降りて、りんかい線に乗ります。埼京線205系(新木場にて)とりんかい線70-000系(東雲にて)りんかい線は大崎から湘南新宿ラインを通って埼京線と相互乗り入れをしています。新木場駅では京葉線・埼京線2路線の205系を見ることができます。JR直通はかならずJRの車両、りんかい線内折り返しはりんかい線の車両というわけではなく、JRの車両がりんかい線......
2007/12/12
Tw: FB: B!: :0
京葉線新木場駅・その2
※この記事はYahoo!ブログから移行したものです。超久しぶりの鉄道ネタです。以前、蘇我方面を撮影した写真を載せた京葉線の新木場駅ですが先週土曜日の午後は東京方面を撮りに行ってみました。半径400メートルのカーブ晴海・豊洲地区の高層ビルも見える。新木場駅の東京寄りはホームの先がすぐに半径400メートルのカーブになっており、西から北へ一気に針路を変えています。この下にはは首都高速湾岸線・国道357号線が通っているた......
2007/12/08
Tw: FB: B!: :0
東京駅の古い構内図
※この記事はYahoo!ブログから移行したものです。 東京駅の八重洲中央口を出たところにこのような壁画(?)があります。これと見比べればお分かりの通り、これは東京駅の構内図を示したものです。設置されたのは相当昔(ホームの数から察するに東海道新幹線開業時?)と思われ、ホームの数も通路の形も今とは全く違っています。この壁の裏は先月閉店した大丸東京店の旧店舗であり、改修工事の進行とともにそう遠くないうちに撤去......
2007/12/07
Tw: FB: B!: :0
新大橋・両国橋・JR総武線隅田川橋梁 - 隅田川夜景《5》
※この記事はYahoo!ブログから移行したものです。▼関連記事聖路加ガーデンから眺める夜景 - 隅田川夜景《1》勝鬨橋 - 隅田川夜景《2》中央大橋・大川端リバーシティ21・相生橋 - 隅田川夜景《3》永代橋・清洲橋 - 隅田川夜景《4》新大橋東詰から見た新大橋。最初に新大橋がかけられたのは江戸時代の元禄6年で、場所は現在の位置よりやや下流側だったようです。この橋は歌川広重の名所江戸百景にも登場しています。「新大橋」の名称......
2007/12/06
Tw: FB: B!: :0
北の丸公園の紅葉(11月25日)
※この記事はYahoo!ブログから移行したものです。皇居東御苑の北桔橋門から出て、北の丸公園を通って九段下駅へ抜けました。時間があまりなかったので「ただ通り抜けただけ」です・・・2度目の訪問皇居側の入口。北の丸公園はその名の通り江戸城北の丸だった場所にある公園です。この場所は江戸時代は徳川氏の御三卿の田安徳川家・清水徳川家の上屋敷が置かれ、明治~終戦にかけては近衛師団の兵営地となりました。近衛師団時代の建物......
2007/12/05
Tw: FB: B!: :0
≪2007/11 | 2007/12 | 2008/01≫
Sun. Mon. Tue. Wed. Thu. Fri. Sat.
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -
太字を選択するとその日に投稿された記事を表示します。

最新記事

首都圏外郭放水路庄和排水機場(2016/10/02)
相鉄・東急直通線建設工事(2016年取材②新綱島~日吉)(2016/09/10)
相鉄・東急直通線建設工事(2016年取材①羽沢~新横浜)(2016/09/07)
相鉄・JR直通線建設工事(2016年6月取材)(2016/08/27)
茨城県・守谷市のマンホール(2016/08/26)
東京メトロ千代田支線北綾瀬駅ホーム延伸工事(2016年6月4日取材)(2016/08/21)
東武伊勢崎線竹ノ塚駅高架化工事(2016年6月4日取材)(2016/08/14)
次期「書籍化」プロジェクトへの道すじ(2016/08/12)
JR飯田橋駅ホーム移設工事(2016年6月取材)(2016/08/06)
東急東横線10両化&関連工事(2015・2016年取材)(2016/08/03)
月別アーカイブ

全記事タイトル一覧

お知らせ

【総武・東京トンネル書籍化プロジェクト】COMIC ZIN様で欠品しておりました「総武・東京トンネル(上・下)」の販売を再開しました。詳しくは→こちら(2016,04,10)
さらに前のお知らせ

おすすめ&スペシャル

「総武・東京トンネル」書籍化プロジェクト 当サイトの前身であるYahoo!ブログから運営通算10周年を記念し、2008年に連載した「建設史から読み解く首都圏の地下鉄道① 総武・東京トンネル」についてほぼ白紙から書き直し、自主制作本(同人誌)にまとめるプロジェクトです。2015年3月のコミケットスペシャル6で総武線区間について取り上げた「上巻」、12月のコミックマーケット89で横須賀線区間について取り上げた「下巻」をそれぞれリリースし、昼過ぎに完売となる大好評となりました。現在書店(COMIC ZIN)様にて絶賛発売中です。

おすすめ記事

@takuya870625 Twitter