【速報】【動画】東北地方太平洋沖地震、千葉市美浜区の様子

カテゴリ:雑記東日本大震災の記録 | 公開日:2011年03月11日22:25
2011年3月11日(金)14時46分、三陸沖を震源とする「東北地方太平洋沖地震(英名:The 2011 off the Pacific coast of Tohoku Earthquake)」が発生しました。最大震度は7、地震の規模を示すマグニチュードは8.8で、明治時代に気象庁が地震の観測を始めて以来最大規模の地震となりました。筆者の地元、千葉市美浜区でも震度5程度の揺れを観測しています。地震発生時、筆者は県民税・市民税の申告を行うため京葉線検見川浜駅近くにある美浜区役所にいました。地震はあったものの、業務は通常通り行われており、申告の手続きが終了した後は自転車で帰宅しながら地震による被害の状況を取材いたしました。この記事では動画で撮影した状況を掲載いたします。

1:地震発生の瞬間(美浜区役所4階・美浜郵便局前)


YouTube - 東北地方太平洋沖地震 千葉市美浜区で撮影した地震発生の瞬間

地震発生時の美浜区役所内、余震発生時の美浜郵便局前の様子です。屋内では14時46分に発生した本震は周期の長い横揺れが3分近く続き、内装類が左右に激しく揺れました。また、屋外では電線が激しく揺れているのが確認できました。

2:激しい液状化現象


YouTube - 東北地方太平洋沖地震 千葉市美浜区の激しい液状化現象

千葉市美浜区はそのほとんどが標高5m以下の埋立地です。このため、地震発生直後から各所で液状化現象が発生し、地面のあちこちから大量の地下水と泥・砂が噴出しました。場所によっては道路全体を泥が覆っている場合もあり、迂回せざるを得ない箇所もいくつかありました。

3:発生1時間後の京葉線稲毛海岸駅


YouTube - 東北地方太平洋沖地震 発生1時間後の京葉線稲毛海岸駅

地震を観測した地域を走る鉄道各線は発生直後から全て運転を見合わせました。美浜区内を走るJR京葉線稲毛海岸駅では地震の揺れにより上り線ホーム(2番線)の防音壁1か所が倒壊し、余震によりさらに被害が広がる恐れがあるということで、駅構内の利用者は全て駅前広場に避難させられており立入禁止となっていました。

現在も余震が頻繁に感じられているほか、太平洋沿岸には津波警報・注意報が出されています。また、鉄道会社の中には終日運休を発表しているところもあります。安全には十分留意し、無理のない行動をするようお願いいたします。
引き続き、新しい情報が得られ次第お伝えする予定です。 このエントリーをはてなブックマークに追加
スポンサード リンク

カテゴリ:東日本大震災の記録 の最新記事

【第3報】【写真】東北地方太平洋沖地震、計画停電による千葉市内の影響(2011年03月15日作成)
【第2報】【写真】東北地方太平洋沖地震、千葉市内の様子(2011年03月12日作成)
【速報】【動画】東北地方太平洋沖地震、千葉市美浜区の様子(2011年03月11日作成)
その他の記事はこちら

Facebookのコメント

コメント

ありがとうございます
一昨年まで稲毛海岸(高浜)に住んでいた者です。液状化現象などそちらがどうなっていたか、非常に気になっていましたがアップしていただいた動画で大変良くわかりました。PAT稲毛あたりも電柱が傾いて大変なようですね・・・一刻も早い復旧を祈ります。
2011/03/13 12:12 | URL | 投稿者:atom_green_0201 [編集]
コメント機能をご利用の際は必ず注意事項のページをご覧ください。
不適切な投稿内容は修正・削除される場合があります。また、内容によっては管理人からのレスが付かない場合がございます。確実に返信が欲しい場合はEメールをご利用ください。

管理者にだけ表示を許可する(管理人からの返信が付きません)


最新記事

首都圏外郭放水路庄和排水機場(2016/10/02)
相鉄・東急直通線建設工事(2016年取材②新綱島~日吉)(2016/09/10)
相鉄・東急直通線建設工事(2016年取材①羽沢~新横浜)(2016/09/07)
相鉄・JR直通線建設工事(2016年6月取材)(2016/08/27)
茨城県・守谷市のマンホール(2016/08/26)
東京メトロ千代田支線北綾瀬駅ホーム延伸工事(2016年6月4日取材)(2016/08/21)
東武伊勢崎線竹ノ塚駅高架化工事(2016年6月4日取材)(2016/08/14)
次期「書籍化」プロジェクトへの道すじ(2016/08/12)
JR飯田橋駅ホーム移設工事(2016年6月取材)(2016/08/06)
東急東横線10両化&関連工事(2015・2016年取材)(2016/08/03)
月別アーカイブ

全記事タイトル一覧

お知らせ

【総武・東京トンネル書籍化プロジェクト】COMIC ZIN様で欠品しておりました「総武・東京トンネル(上・下)」の販売を再開しました。詳しくは→こちら(2016,04,10)
さらに前のお知らせ

おすすめ&スペシャル

「総武・東京トンネル」書籍化プロジェクト 当サイトの前身であるYahoo!ブログから運営通算10周年を記念し、2008年に連載した「建設史から読み解く首都圏の地下鉄道① 総武・東京トンネル」についてほぼ白紙から書き直し、自主制作本(同人誌)にまとめるプロジェクトです。2015年3月のコミケットスペシャル6で総武線区間について取り上げた「上巻」、12月のコミックマーケット89で横須賀線区間について取り上げた「下巻」をそれぞれリリースし、昼過ぎに完売となる大好評となりました。現在書店(COMIC ZIN)様にて絶賛発売中です。

おすすめ記事

@takuya870625 Twitter