隅田川立坑~八丁堀駅(概説・現地写真) - 京葉線新東京トンネル(13)


※クリックすると目次ページを表示します。

■新川トンネル:1km400m08~1km839m78(L=439.70m)
▼参考
京葉線工事誌 598~622ページ

工期:1987(昭和62)年1月(シールド機製作は1985(昭和60)年8月から)~1990(平成2)年5月

●概説
隅田川立坑を過ぎると京葉線は新川トンネルに入り、八丁堀駅新木場寄りの高橋立坑に至る。線形は半径600mの左カーブで針路を北西から西に変える。勾配は隅田川側から3パーミル、20パーミルの上りとなっている。この新川トンネルのシールドマシンは八丁堀駅に到達した後そのまま八丁堀駅構内の線路部分のトンネルも掘削するが、この部分はホーム幅を確保するため線路が外側へ偏った配置となっており他のトンネルと同じ寸法で造ると高さが不足してしまう。そのため、八丁堀駅構内とこの新川トンネルのみシールド外径を8.1mに拡大した。


新川トンネルの位置
(C)国土交通省 国土情報ウェブマッピングシステムカラー空中写真データ(平成元年)に筆者が加筆

※クリックで拡大

この新川トンネルは大部分が住宅などが立ち並ぶ民有地の地下を通る。掘削深度が深いことや安定性に優れた泥水加圧式シールドを使用したため崩落などの事故は一切発生しなかったが、着工前には全く予想だにしなかったある別のトラブルが発生した。それは掘削音が地上に伝わることである。
新川トンネルが通過する地表面下22~26m付近は硬質な洪積層(東京層)となっている。この部分にシールドマシンが入った直後からルート上に住む住民から騒音・振動に関する苦情が殺到するようになったのだ。調査を行ったところ、音源は特定できないが明らかにシールド掘進と関係があること、この付近は特に大きな道路などが無いため都心の中でも静かな部類に入る場所であり、騒音・振動が余計に目立ってしまったものと推測された。振動の感じ方は人それぞれであるが、

(1)地底に引きずり込まれるような
(2)下から突き上げられるような
(3)化け物の心臓の鼓動のようで気味悪く


などと表わされており、ズーン、ズーンと一定周期を持つ音で異様な感じがするという点では一致している。また、振動レベルを数値で示すと以下のようになっており、この結果からもやはり地表面に振動が伝わっていると結論付けられた。

シールド掘進時の振動レベル(京葉線工事誌621ページ 表3-6-74)


この振動・振動に対する対策としては

(1)24時以降は作業を行わない。
(2)ルート上の住民には事前に通過予定日を連絡し、転石などにより多少振動が発生する可能性があることを知らせる。


ということが行われた。その後も苦情は続き、23時で作業を止めさせられたこともあったが、作業自体に支障はなくトンネル掘削が完了した。

●現地写真
(2009年8月16日撮影)


中央大橋へ続く都道から東京住友ツインビルとリバーシティ21新川を見上げる
※クリックで拡大


新川トンネルは区間の大半が住宅地の下となるため写真はこの1枚のみである。トンネルは奥に見える東京住友ツインビルとリバーシティ21新川の間から手前に向かって進んでおり、筆者が立っている真下を通過している。

(つづく) このエントリーをはてなブックマークに追加
スポンサード リンク

Facebookのコメント

コメント

コメント機能をご利用の際は必ず注意事項のページをご覧ください。
不適切な投稿内容は修正・削除される場合があります。また、内容によっては管理人からのレスが付かない場合がございます。確実に返信が欲しい場合はEメールをご利用ください。

管理者にだけ表示を許可する(管理人からの返信が付きません)


最新記事

首都圏外郭放水路庄和排水機場(2016/10/02)
相鉄・東急直通線建設工事(2016年取材②新綱島~日吉)(2016/09/10)
相鉄・東急直通線建設工事(2016年取材①羽沢~新横浜)(2016/09/07)
相鉄・JR直通線建設工事(2016年6月取材)(2016/08/27)
茨城県・守谷市のマンホール(2016/08/26)
東京メトロ千代田支線北綾瀬駅ホーム延伸工事(2016年6月4日取材)(2016/08/21)
東武伊勢崎線竹ノ塚駅高架化工事(2016年6月4日取材)(2016/08/14)
次期「書籍化」プロジェクトへの道すじ(2016/08/12)
JR飯田橋駅ホーム移設工事(2016年6月取材)(2016/08/06)
東急東横線10両化&関連工事(2015・2016年取材)(2016/08/03)
月別アーカイブ

全記事タイトル一覧

お知らせ

【総武・東京トンネル書籍化プロジェクト】COMIC ZIN様で欠品しておりました「総武・東京トンネル(上・下)」の販売を再開しました。詳しくは→こちら(2016,04,10)
さらに前のお知らせ

おすすめ&スペシャル

「総武・東京トンネル」書籍化プロジェクト 当サイトの前身であるYahoo!ブログから運営通算10周年を記念し、2008年に連載した「建設史から読み解く首都圏の地下鉄道① 総武・東京トンネル」についてほぼ白紙から書き直し、自主制作本(同人誌)にまとめるプロジェクトです。2015年3月のコミケットスペシャル6で総武線区間について取り上げた「上巻」、12月のコミックマーケット89で横須賀線区間について取り上げた「下巻」をそれぞれリリースし、昼過ぎに完売となる大好評となりました。現在書店(COMIC ZIN)様にて絶賛発売中です。

おすすめ記事

@takuya870625 Twitter