京急蒲田駅高架化完成(その2:京急蒲田駅ホーム・記念乗車券について)

新時代の到来を感じさせる美しい朝焼けの中、京急蒲田駅3階ホームに進入した新1000形。

引き続き、上下線の高架化が完了した京急蒲田駅の初日の調査レポートをお送りします。2回目の今回は下り線高架化に合わせて構造が変化した2階上り線ホームと、新たに使用を開始した3階下り線ホームの様子、さらに当日早朝に行われた高架化記念乗車券発売の模様についてお伝えします。

「その1:事業概要・京急蒲田駅周辺・改札口の模様」はこちら

■下り線も高架化された京急蒲田駅(つづき)
●2階:上り線ホーム
上り線ホーム横浜寄りの切り欠きホーム5番線。6番線側の突き当たりは安全側線であるため、緩衝器がある。
5番線ホーム上から4・6番線方向を見る。線路と反対側の端にはエスカレータなどが並ぶ。 5番線の先端は5番線用の第一出発信号機と6番線用の第二場内信号機が並ぶ。
上段:上り線ホーム横浜寄りの切り欠きホーム5番線。6番線側の突き当たりは安全側線であるため、緩衝器がある。
下段左:5番線ホーム上から4・6番線方向を見る。線路と反対側の端にはエスカレータなどが並ぶ。
下段右:5番線の先端は5番線用の第一出発信号機と6番線用の第二場内信号機が並ぶ。

※クリックで拡大

 2階の上り線ホームは2010年5月に使用開始済みですが、今回新たに横浜寄りに準備されていた切り欠きホーム「5番線」の使用が開始されました。切り欠きホームは普通列車用であるため、有効長は6両分となっており、停止位置は4両・6両ともホーム中央寄りの同一位置となっています。5番線の出発側は万一停車するはずの列車が過走した場合、6番線に進入し通過中の列車に接触する恐れがあるため、直進側に分岐する形で安全側線が設けられており、車止めの手前には巨大な緩衝器が設置されています。また、5番線が6番線の途中に合流する配線となっているため、信号機は5番線側の「第一出発」と6番線側の「第二場内」が同一位置に並ぶ独特な設備となっています。
 5番線の線路と反対側(1番線側)は列車が停車しないため、メッシュ状の金属製の柵が設置されており、そこに沿ってエレベータ・エスカレータ・階段が設置されています。エスカレータは「改札口→2階」のものと「2階→3階」(この逆もある)のものが直列に並べられており、2階ホームを踊り場としてそのまま3階にも行きやすい配置となっています。

6番線横浜寄りの端にあった仮設階段は一夜にして姿を消し、板で塞がれた。 4・6番線ホーム中央の仮設階段も柵で囲われ、使用停止となった。
左:6番線横浜寄りの端にあった仮設階段は一夜にして姿を消し、板で塞がれた。
右:4・6番線ホーム中央の仮設階段も柵で囲われ、使用停止となった。

※クリックで拡大

 2階上り線ホーム上にはこれまで地上・地下の駅舎に通じる仮設階段が3か所設置されていました。下り線高架化によりこれらの設備は不要となることから、3か所とも使用停止となりました。このうち、6番線ホーム横浜寄りにあった仮設階段2か所は使用を開始した改札口から続くエスカレータの降り口の目の前にあるため、その動線を遮らないよう一夜にして階段本体が撤去され、仮設の床板により塞がれました。また4・6番線ホームの中央にあった仮設階段は階段本体は残っていますが、柵で覆われており入れなくなっています。

使用を開始した3階下り線ホームに向かう階段とエスカレータ。 エスカレータの途中から2階上り線ホームを見下ろす。
左:使用を開始した3階下り線ホームに向かう階段とエスカレータ。
右:エスカレータの途中から2階上り線ホームを見下ろす。

※クリックで拡大

 3階下り線ホームの使用開始に伴い、2階上り線ホーム上に準備されていた上階へ続く多数の階段・エスカレータも使用を開始しています。階段・エスカレータ上からは2階上り線ホームを見下ろすという新鮮な光景を見ることができます。

●3階:下り線ホーム
3階下り線ホーム。右側のエスカレータはまだ工事中。
3階下り線ホーム。右側のエスカレータはまだ工事中。
※クリックで拡大

 下り線高架化に伴い使用を開始した3階下り線ホームは、構内配線やホームのサイズは2階上り線ホームとほぼ同一となっています。ホームの屋根は両サイドが波型の金属板、中央がアーチ状の膜屋根となっており、昼間は照明なしでも十分な明るさを確保できます。また、2階ホームと比べると階段・エスカレータの数量が少ないこともあり、かなり広々とした印象を受けます。
 なお、エスカレータのうち1機は上り線ホームと地上の駅舎を結んでいた仮設のエレベータと重なったため未完成となっており、その部分は取り付け用の開口部が準備された状態となっています。

下り線ホーム横浜寄りに切り欠きホーム2番線。
2番線は安全側線がない。 3番線の第一出発信号機と2番線の第二場内信号機が並ぶ。
上段:下り線ホーム横浜寄りの切り欠きホーム2番線。
下段左:2番線は安全側線がない。
下段右:3番線の第一出発信号機と2番線の第二場内信号機が並ぶ。

※クリックで拡大

 下り線ホームも上り線ホームと同様、横浜寄りに切り欠きホームが設けられており「2番線」となっています。上り線ホームと異なり、品川寄りは過走による誤進入の恐れがないため安全側線はなく、本線から分岐して単純にカーブするだけの配線となっており、ホームもそれに合わせた形状となっています。分岐部分手前にある信号機は上り線と同様、2番線の「第二場内」と3番線の「第一出発」が同一位置に並んで設置されています。このうち、2番線の第二場内はこのホームを通過する列車がないため一番上の穴がふさがれており、注意(黄)と停止(赤)のみ現示可能となっています。

下り線ホームの品川寄りの端からは東京都心の高層ビルが見渡せる。
下り線ホームの品川寄りの端からは東京都心の高層ビルが見渡せる。
※クリックで拡大

 3階の下り線ホームは普通のビルの6~7階に相当する高い位置にあります。このため、ホームの品川寄りの端からは東京都心の高層ビル群の一部を見ることができます。東京タワーや東京スカイツリーも見えないことはありませんが、手前に大崎・品川などの高層ビルがあるため、残念ながらクリアに望むことはできません。線路が高い位置となったことから、ホーム端付近の架線柱には風速計が設置されています。

ホーム中央にある道標(みちしるべ)風の案内板。 ホーム中央の天井に設置されているLED照明。
左:ホーム中央にある道標(みちしるべ)風の案内板。
右:ホーム中央の天井に設置されているLED照明。

※クリックで拡大

下り線ホームは屋根の構造上吊るせる物の数に限りがあるため、案内板の多くは床置き形が採用されています。ホーム中央の案内板はポールに矢印形の板を取り付けた道標(みちしるべ)風のデザインとなっています。また、ホーム中央の天井の照明器具は蛍光灯ではなく、省エネルギー化が図れるLED照明となっています。LED照明は1基につき白色のLEDが36個内蔵されており、点灯中は発熱するため上部に冷却用のフィン(ヒートシンク)が付いています。

■全線高架化完成記念乗車券発売(完売済)
駅周辺に貼り出されたポスター 駅前にできた記念乗車券購入待ちの列
左:駅周辺に貼り出されたポスター
右:駅前にできた記念乗車券購入待ちの列

※クリックで拡大

 下り線高架化により、京急蒲田駅付近の全線高架化が完成したことを記念して、切り替え当日の10月21日(日)に記念乗車券が発売されました。価格は1セット1000円で、発売部数は高架化により解消される踏切が28か所であることにちなみ、2800セットとされました。発売箇所は京急蒲田駅入口上大岡京急百貨店5階おもちゃ売場で、発売開始時刻と発売部数は前者が午前7時・2500セット、後者が午前10時・300セットとなっていました。

京急蒲田駅全線高架化完成記念記念乗車券の台紙と中身。台紙は開けると高架橋の部分が飛び出す仕掛けになっている。
京急蒲田駅全線高架化完成記念記念乗車券の台紙と中身。台紙は開けると高架橋の部分が飛び出す仕掛けになっている。
※クリックで拡大

記念乗車券は京急蒲田駅~羽田空港国内線ターミナル駅の往路・復路の大人(330円)・小人(170円)の硬券乗車券が各1枚ずつ(計4枚)封入されています。台紙は表面が京急蒲田駅(改称前の京浜蒲田駅時代)、裏面が大森町駅・梅屋敷駅・雑色駅・糀谷駅の昭和時代の写真、内面が高架化完成後の京急蒲田駅(CG合成写真)となっており、内面は開くと高架橋とその上を飛ぶ航空機が飛び出す仕掛けになっています。京急蒲田駅・上大岡京急百貨店とも早朝から購入待ちの長い列ができ、前者は午前9時頃、後者は10時半頃にそれぞれ予定数全てが完売となりました。


京急蒲田駅下り線高架化(全線高架化完成) - YouTube 音量注意!

最後にここまでお送りしてきた京急蒲田駅内外の様子を撮影した動画を掲載しておきます。続く「その3」の記事では大森町・梅屋敷・雑色・糀谷の各駅と駅間の線路切り替え地点の様子を、「その4」の記事では下り線高架化に伴い走行経路が変化した空港線と高架化に合わせて実施されたダイヤ改正で新設された品川~京急蒲田間の区間列車(普通)について解説する予定です。こちらについてはまだ未調査の部分があるため、調査完了後(10月末~11月上旬を目途)に記事を公開する予定です。しばらくお待ちください。

「その3:大森町・梅屋敷・雑色・糀谷の各駅」の記事へ→

▼参考
大田区ホームページ:京浜急行線の連続立体交差事業と関連する街路事業
京急本線・空港線を10月に全線高架化|東京都
京急蒲田駅付近の上下線が全線高架化します! - 京急電鉄ニュースリリース(PDF/911KB)
品川⇔羽田国際線12分! 10月21日(日)ダイヤ改正で,羽田へ都心方面からも さらに速く - 京急電鉄ニュースリリース(PDF/830KB)
10月21日(日)京急蒲田駅付近全線高架化の記念乗車券を販売します - 京急電鉄ニュースリリース(PDF/822KB) ※完売済
京急蒲田駅 - 京急まちWeb

▼関連記事
京急蒲田駅付近連続立体交差化事業(2006年11月3日作成)
京急蒲田駅高架化の状況(2007年4月21日作成)
京急蒲田駅高架化2008年(2008年2月16日作成)
京急蒲田駅周辺連続立体交差化事業(2008年9月3日作成)
京急蒲田駅連続立体交差化工事(2009年7月5日取材)(2009年12月12日作成)
京急蒲田駅連続立体交差化工事(2010年4月3日取材)とダイヤ改正を巡る混乱(2010年5月8日作成)
京急蒲田駅上り線高架化(2010年5月16日取材)その1(2010年5月19日作成)
京急蒲田駅上り線高架化(2010年5月16日取材)その2(2010年5月20日作成)
京急蒲田駅連続立体交差化工事(2010年11月20日取材)(2011年1月26日作成)
京急蒲田駅連続立体交差化工事(2011年10月29日取材)(2011年12月21日作成)
京急蒲田駅連続立体交差化工事(2012年5月19日取材)(2012年5月30日作成)
下り線高架化まで1カ月!京急蒲田駅高架化工事(2012年9月16日取材)(2012年9月24日作成)
京急蒲田駅高架化完成(その1:事業概要・京急蒲田駅周辺・改札口の模様)(2012年10月24日作成) このエントリーをはてなブックマークに追加
スポンサード リンク

Facebookのコメント

コメント

コメント機能をご利用の際は必ず注意事項のページをご覧ください。
不適切な投稿内容は修正・削除される場合があります。また、内容によっては管理人からのレスが付かない場合がございます。確実に返信が欲しい場合はEメールをご利用ください。

管理者にだけ表示を許可する(管理人からの返信が付きません)


最新記事

首都圏外郭放水路庄和排水機場(2016/10/02)
相鉄・東急直通線建設工事(2016年取材②新綱島~日吉)(2016/09/10)
相鉄・東急直通線建設工事(2016年取材①羽沢~新横浜)(2016/09/07)
相鉄・JR直通線建設工事(2016年6月取材)(2016/08/27)
茨城県・守谷市のマンホール(2016/08/26)
東京メトロ千代田支線北綾瀬駅ホーム延伸工事(2016年6月4日取材)(2016/08/21)
東武伊勢崎線竹ノ塚駅高架化工事(2016年6月4日取材)(2016/08/14)
次期「書籍化」プロジェクトへの道すじ(2016/08/12)
JR飯田橋駅ホーム移設工事(2016年6月取材)(2016/08/06)
東急東横線10両化&関連工事(2015・2016年取材)(2016/08/03)
月別アーカイブ

全記事タイトル一覧

お知らせ

【総武・東京トンネル書籍化プロジェクト】COMIC ZIN様で欠品しておりました「総武・東京トンネル(上・下)」の販売を再開しました。詳しくは→こちら(2016,04,10)
さらに前のお知らせ

おすすめ&スペシャル

「総武・東京トンネル」書籍化プロジェクト 当サイトの前身であるYahoo!ブログから運営通算10周年を記念し、2008年に連載した「建設史から読み解く首都圏の地下鉄道① 総武・東京トンネル」についてほぼ白紙から書き直し、自主制作本(同人誌)にまとめるプロジェクトです。2015年3月のコミケットスペシャル6で総武線区間について取り上げた「上巻」、12月のコミックマーケット89で横須賀線区間について取り上げた「下巻」をそれぞれリリースし、昼過ぎに完売となる大好評となりました。現在書店(COMIC ZIN)様にて絶賛発売中です。

おすすめ記事

@takuya870625 Twitter