千葉市内の2012年のイルミネーションイベント

京葉線海浜幕張駅前に建つテクノガーデン。

今年も冬のイルミネーションイベントのシーズンがやってまいりました。今回は手始めとして筆者の地元千葉市内で行われているイルミネーションイベントのいくつかを撮影してまいりましたのでご紹介いたします。

■都心(JR千葉駅周辺)

●中央公園「ルミラージュちば2012」
電飾が施された中央公園の木々とメインオブジェ
電飾が施された中央公園の木々とメインオブジェ
※クリックで拡大

 JR千葉駅近くにある中央公園では1989(平成元)年から毎年冬にイルミネーションイベント「ルミラージュちば」が開催されています。2010(平成22)年は千葉市の財政難により初めて連続開催の記録が途絶えましたが、市民や周辺の商業施設などから復活の要望が多数寄せられたことから、2011(平成23)年には東日本大震災の復興祈願の意味も込めて規模を縮小して再開しました。今年は11月30日(金)から開催されており、来年1月31日(木)まで毎日18:00~23:00(12月31日(月)は翌3:00)まで点灯されます。イルミネーションは中央公園の樹木と公園中央に設置されたメインオブジェにより構成されており、約22万個のLEDが使用されています。
 初日となった11月30(金)は熊谷俊人・千葉市長も出席の下、点灯式が盛大に開催され、千葉市消防音楽隊によるコンサートや周辺の商店で割引などのサービスが受けられる「イルミネーションパスポート」の配布なども行われました。

メインオブジェの根元は四面とも絵柄が異なっている。 メインオブジェの根元は四面とも絵柄が異なっている。
メインオブジェの根元は四面とも絵柄が異なっている。
※クリックで拡大

 中央公園のイルミネーションは昨年と同じく樹木は白色のLEDが使用されており、公園の中央に三角柱のメインオブジェが立つ構成となっています。メインオブジェは3面とも星を用いた単純な絵柄となっており、根元を覆う壁は千葉県のマスコットキャラクターである「チーバくん」が多数描かれています。

▼参考
ルミラージュちば2012 | 千葉市観光協会
チーバくんの広場/千葉県

●そごう千葉店(終了済)
そごう千葉店(京成千葉駅)入口のイルミネーション
そごう千葉店(京成千葉駅)入口のイルミネーション

 千葉駅前にあるそごう千葉店とオーロラモール・ジュンヌの前では毎年クリスマスシーズンにイルミネーションが設置されています。メインのイルミネーションは京成千葉駅入口前とオーロラモール・ジュンヌ入口前で、前者はクリスマスツリーやトナカイなど、後者はピンク色のクリスマスツリーが設置されました。

■幕張新都心(JR海浜幕張駅周辺)

●幕張テクノガーデン「ガーデンプラザイルミネーション」
幕張テクノガーデン・ガーデンプラザイルミネーション。「幕張プラネタリウム」のサブタイトルが与えられている。
幕張テクノガーデン・ガーデンプラザイルミネーション。「幕張プラネタリウム」のサブタイトルが与えられている。
※クリックで拡大

 JR京葉線海浜幕張駅前に建つオフィスビル「幕張テクノガーデン」では。毎年冬にガーデンプラザ(前庭)全体を使ってイルミネーションが行われています。イルミネーションはガーデンプラザ全体に植えられているアメリカ楓の落葉とともに開始されており、今年は11月9日(金)より開始されています。イルミネーションはLEDを使用したテクノガーデンのスタッフのお手製で、ガーデンプラザ中央を横断する遊歩道を中心に動植物やサンタクロースなど様々な装飾がなされています。また、イルミネーションは以下のように時期によって内容が変更されています。

クリスマスイルミネーション:11月9日(金)~12月25日(火)
ウィンターイルミネーション:11月9日(金)~2月19日(火)
アメリカ楓のイルミネーション:11月9日(金)~3月末

点灯時間は1月31日(木)までが16:30~22:00、2月1日(金)以降は17:00~22:00


2階のペデストリアンデッキからガーデンプラザを見下ろす。
2階のペデストリアンデッキからガーデンプラザを見下ろす。
※クリックで拡大

中央の遊歩道には雪の結晶をイメージしたオブジェが並ぶ イルカを模ったイルミネーション
トナカイとクリスマスツリー 水辺で休む白鳥
左上:中央の遊歩道には雪の結晶をイメージしたオブジェが並ぶ
右上:イルカを模ったイルミネーション
左下:トナカイとクリスマスツリー
右下:水辺で休む白鳥

※クリックで拡大

 ガーデンプラザを斜めに横切る遊歩道の両側には全長にわたり雪の結晶が描かれたオブジェが並べられており、その周囲に動植物など様々なオブジェが置かれています。海が近いことから、イルカを模ったオブジェやクリスマスにちなんだクリスマスツリーやトナカイ、冬を象徴する水辺で休む白鳥などが見られます。
 なお、このイルミネーションイベントは「幕張プラネタリウム」のサブタイトルが与えられています。以前は遊歩道をアーチ型に取り囲む枠が設置され、そこにもイルミネーションが設置されていましたが、節電のためか今回はこの装飾は設置されていません。

▼参考
Makuhari Techno Garden 幕張テクノガーデン
幕張プラネタリウム(テクノガーデン公式Webのイルミネーション案内ページ)

●ワールドビジネスガーデン
ワールドビジネスガーデンエントランスのイルミネーション
ワールドビジネスガーデンエントランスのイルミネーション
※クリックで拡大

 テクノガーデン以外の施設でも小規模ながらイルミネーションが設置されました。いずれもクリスマスにちなんだものが多いことから、現在はほとんどが終了しているものと思われます。

■その他

●稲毛海岸「マリンピア☆ウィンターイルミネーション」
稲毛海岸駅前のイオンのショッピングモールj「マリンピア」。
稲毛海岸駅前のイオンのショッピングモールj「マリンピア」。

 JR京葉線稲毛海岸駅前にあるイオンのショッピングモール「マリンピア」は本館の東側にイベント用のステージや広場があります。今年、この広場のイルミネーションが20年ぶりに復活しました。イルミネーションは10万個のLEDにより構成されており、電力はすべて自家発電設備により賄われています。イルミネーションは来年2月下旬まで毎日16:30~23:00に点灯されます。

屋上からステージに向けて設置されたリボン状の装飾。
屋上からステージに向けて設置されたリボン状の装飾。 ※クリックで拡大


広場の周囲の植え込みのイルミネーションとオブジェ エントランス脇の木々のイルミネーション
左:広場の周囲の植え込みのイルミネーションとオブジェ
右:エントランス脇の木々のイルミネーション


 イルミネーションは駅側に面した本館エントランス周辺の木々や広場を取り囲む低い植え込みなど全体に施されており、広場の周囲には星やリング状のオブジェも設置されています。また、本館屋上からステージに向かってリボン状の装飾が引き出されており、建物がクリスマスプレゼントのように装飾されています。

▼参考
マリンピア イベント&ニュース #マリンピア☆ウィンターイルミネーション

▼参考
千葉市イルミネーション&イベント情報 | 千葉市観光協会

▼関連記事
千葉ポートタワー・クリスマスイルミネーション(2006年11月22日作成)
千葉駅前クリスマスイルミネーション「ルミラージュちば2006」(2006年12月16日作成)
千葉中央駅前のクリスマスイルミネーション(2006年12月17日作成)
千葉中央駅イルミネーションその後(2006年1月13日作成)
千葉駅前イルミネーション「ルミラージュちば2007」(2007年12月25日作成)
千葉市中央公園イルミネーション「ルミラージュちば2009」(2010年1月6日作成)
→2008年は都合により単独記事が作成できなかったため2009年の記事で合わせてお伝えしています。
復活!千葉市中央公園イルミネーション「ルミラージュちば2011」(2011年12月14日作成)

▼おすすめ商品(by Amazon.co.jp)


このエントリーをはてなブックマークに追加
スポンサード リンク

Facebookのコメント

コメント

コメント機能をご利用の際は必ず注意事項のページをご覧ください。
不適切な投稿内容は修正・削除される場合があります。また、内容によっては管理人からのレスが付かない場合がございます。確実に返信が欲しい場合はEメールをご利用ください。

管理者にだけ表示を許可する(管理人からの返信が付きません)


最新記事

首都圏外郭放水路庄和排水機場(2016/10/02)
相鉄・東急直通線建設工事(2016年取材②新綱島~日吉)(2016/09/10)
相鉄・東急直通線建設工事(2016年取材①羽沢~新横浜)(2016/09/07)
相鉄・JR直通線建設工事(2016年6月取材)(2016/08/27)
茨城県・守谷市のマンホール(2016/08/26)
東京メトロ千代田支線北綾瀬駅ホーム延伸工事(2016年6月4日取材)(2016/08/21)
東武伊勢崎線竹ノ塚駅高架化工事(2016年6月4日取材)(2016/08/14)
次期「書籍化」プロジェクトへの道すじ(2016/08/12)
JR飯田橋駅ホーム移設工事(2016年6月取材)(2016/08/06)
東急東横線10両化&関連工事(2015・2016年取材)(2016/08/03)
月別アーカイブ

全記事タイトル一覧

お知らせ

【総武・東京トンネル書籍化プロジェクト】COMIC ZIN様で欠品しておりました「総武・東京トンネル(上・下)」の販売を再開しました。詳しくは→こちら(2016,04,10)
さらに前のお知らせ

おすすめ&スペシャル

「総武・東京トンネル」書籍化プロジェクト 当サイトの前身であるYahoo!ブログから運営通算10周年を記念し、2008年に連載した「建設史から読み解く首都圏の地下鉄道① 総武・東京トンネル」についてほぼ白紙から書き直し、自主制作本(同人誌)にまとめるプロジェクトです。2015年3月のコミケットスペシャル6で総武線区間について取り上げた「上巻」、12月のコミックマーケット89で横須賀線区間について取り上げた「下巻」をそれぞれリリースし、昼過ぎに完売となる大好評となりました。現在書店(COMIC ZIN)様にて絶賛発売中です。

おすすめ記事

@takuya870625 Twitter