八丁堀駅~東京駅(現地写真) - 京葉線新東京トンネル(17)


※クリックすると目次ページを表示します。

■西八丁堀トンネル:0km956m04~1km050m18(L=94.14m)
  西八丁堀第2立坑:0km935m54~0km956m04(L=20.50m)
  京橋トンネル:0km316m54~0km935m54(L=619.00m)

▼参考
京葉線工事誌 501~549・623~643・835~841ページ
京葉線におけるMFシールドの施工実績 建設機械1991年2月号 22~30ページ

●概説
前回の記事を参照

●現地写真
(特記以外は2009年7月5日撮影)

西八丁堀第2立坑跡(2009年8月16日撮影)

西八丁堀第2立坑は八丁堀駅東京寄りの端にある西八丁堀立坑と近接しているため、工事終了後に埋め戻された。換気口などもないため、現在地上からその存在をうかがうことはできない。立坑本体は交差点奥の横断歩道付近に車道の幅を目一杯使う程度の幅で存在しいた。
なお、京葉線工事誌にはこの西八丁堀第2立坑の図面が掲載されているのだが、なぜか間違って上下(南北)が反転した地図が重ねて描かれてしまっており、他のページを見て位置関係を確認しなおすこととなった。工事誌といえども人が作ったものだからこういうミスはよくあるのだろうか?


首都高速都心環状線。渋滞情報を表示する電光掲示板があるが、この交差点から直接首都高に入ることはできない。(右端のランプは京橋出口)

西八丁堀第2立坑から東京駅の手前までがMFシールドが採用された京橋トンネルである。西八丁堀第2立坑から先は地上の鍛冶橋通りに合わせて半径400mでカーブした後はそのまま直線で進む。カーブが終わった直後に首都高速都心環状線と交差する。この首都高速都心環状線は築地川を埋め立てて建設されており、汐留JCTへ向かう4車線の地下トンネルと東銀座出口・東京高速道路会社線へ向かう3車線の高架橋が重なる複雑な構造となっている。総武・東京トンネルの時代であればこういった重要構造物との交差に際しては念入りな補強が行われていたところだが、京葉線京橋トンネルのシールドマシンは安定性に優れた泥水加圧式を採用しているため、この首都高速を含め交差する構造物に関して特に対策は行われていない


京橋トンネルと交差する都営浅草線宝町駅(左)と銀座線京橋駅(右)
※クリックで拡大

さらに先に行くと京橋トンネルは昭和通り、中央通りという2本の大きな道路と交差する。昭和通りの地下には鍛冶橋通りとの交差を避けるためのアンダーパス道路と都営浅草線宝町駅(アンダーパス道路と一体構造)が、中央通りの地下には東京メトロ銀座線京橋駅があるが、京橋トンネル建設に際してはこれらについても特段の対策は行われていない。宝町駅・京橋駅はともに鍛冶橋通りとの交差点直下が改札口となっているが、一切改修が加えられていないため地図を見ない限り京葉線と交差していることは分からないだろう。


京橋トンネル発進立坑跡。中央に見えるバスの背後は明治製菓本社ビル。

中央通りを過ぎると鍛冶橋通りの両側は全てオフィスビルとなる。京橋トンネルの発進立坑は中央通りと外堀通りのほぼ中間地点に設けられた。ここも工事終了後はすべて埋め戻されており、換気口など地上構造物との接続もないことから存在をうかがうことはできない。建設当時を知らない人であればこの下に京葉線が通っていることすら気づかないかもしれない…そのくらい「何もない」のである。

(つづく) このエントリーをはてなブックマークに追加
スポンサード リンク

Facebookのコメント

コメント

コメント機能をご利用の際は必ず注意事項のページをご覧ください。
不適切な投稿内容は修正・削除される場合があります。また、内容によっては管理人からのレスが付かない場合がございます。確実に返信が欲しい場合はEメールをご利用ください。

管理者にだけ表示を許可する(管理人からの返信が付きません)


最新記事

首都圏外郭放水路庄和排水機場(2016/10/02)
相鉄・東急直通線建設工事(2016年取材②新綱島~日吉)(2016/09/10)
相鉄・東急直通線建設工事(2016年取材①羽沢~新横浜)(2016/09/07)
相鉄・JR直通線建設工事(2016年6月取材)(2016/08/27)
茨城県・守谷市のマンホール(2016/08/26)
東京メトロ千代田支線北綾瀬駅ホーム延伸工事(2016年6月4日取材)(2016/08/21)
東武伊勢崎線竹ノ塚駅高架化工事(2016年6月4日取材)(2016/08/14)
次期「書籍化」プロジェクトへの道すじ(2016/08/12)
JR飯田橋駅ホーム移設工事(2016年6月取材)(2016/08/06)
東急東横線10両化&関連工事(2015・2016年取材)(2016/08/03)
月別アーカイブ

全記事タイトル一覧

お知らせ

【総武・東京トンネル書籍化プロジェクト】COMIC ZIN様で欠品しておりました「総武・東京トンネル(上・下)」の販売を再開しました。詳しくは→こちら(2016,04,10)
さらに前のお知らせ

おすすめ&スペシャル

「総武・東京トンネル」書籍化プロジェクト 当サイトの前身であるYahoo!ブログから運営通算10周年を記念し、2008年に連載した「建設史から読み解く首都圏の地下鉄道① 総武・東京トンネル」についてほぼ白紙から書き直し、自主制作本(同人誌)にまとめるプロジェクトです。2015年3月のコミケットスペシャル6で総武線区間について取り上げた「上巻」、12月のコミックマーケット89で横須賀線区間について取り上げた「下巻」をそれぞれリリースし、昼過ぎに完売となる大好評となりました。現在書店(COMIC ZIN)様にて絶賛発売中です。

おすすめ記事

@takuya870625 Twitter