東横線10両化工事(2013・2014年取材・田園調布~武蔵小杉)

武蔵小杉駅で並ぶ東京メトロ7000系・9000系・東急5050系

2013年3月に開始された東急東横線と東京メトロ副都心線の直通運転に伴う、東横線・みなとみらい線内の10両編成対応化工事の続きです。2回目の今回は田園調布駅・多摩川駅・新丸子駅・武蔵小杉駅の4つの駅のホームの工事に加え、武蔵小杉駅の上部に昨年4月にオープンした「武蔵小杉東急スクエア」の展望デッキについてお伝えします。

※本記事の写真は特に記載のない限り2013年8月29日に撮影

■東横線・副都心線直通に伴う東横線の10両編成対応化(概要)
■各駅の状況
●中目黒駅・学芸大学駅・都立大学駅・自由が丘駅
1回目の記事へ


●田園調布駅
田園調布駅のホーム延伸部分から駅中心方向を見る。
延伸ホームは東横線側半面のみに設置されている。 延伸部分の点状ブロックはやはり接着式。
上段(1):田園調布駅のホーム延伸部分から駅中心方向を見る。
下段左(2):延伸ホームは東横線側半面のみに設置されている。
下段右(3):延伸部分の点状ブロックはやはり接着式。


 東横線の田園調布~日吉間は1990年代に複々線化工事が行われ、全ての駅で内側2線が目黒線、外側2線が東横線の島式ホーム2面4線(元住吉はさらに外側に東横線の通過線が付く)となっています。複々線化にあたっては、各駅とも将来ホームを10両編成対応に延長できるようスペースを確保しており、今回はそのスペースを使ってホームの延伸が実施されました。
 田園調布駅は地下駅となっており、横浜方では隣の多摩川駅地下を起点とする多摩川線につながる連絡線が分岐しています。そのため、渋谷方に2両分ホームを延長しました。現在6両編成となっている目黒線は将来8両編成に増車する計画がありますが、ホームについては複々線化完成当初からすぐに8両編成への増車が可能な構造で建設されていることから、今回のホーム延長は上下線とも東横線側の半断面分のみ実施されています。延長部分は地下駅ということもありホーム設置に十分な幅が確保されており、天井に取り付けられている車掌用の監視モニターは一般的な4画面が横1列に並ぶ形状となっています。また、床面の点状ブロックは学芸大学・自由が丘などと同様接着式となっており、将来のホームドア設置を意図していることが伺えます。

●多摩川駅
多摩川駅のホーム延伸部分から駅中心方向を見る。 延伸された部分を既存部分から見る。
左(1):多摩川駅のホーム延伸部分から駅中心方向を見る。
右(2):延伸された部分を既存部分から見る。


 多摩川駅はホームの横浜方が多摩川橋梁へ向けて急カーブとなっていることから、渋谷方に2両分ホームを延長しています。延長スペースは田園調布駅と比べるとやや狭く、ホーム端は省令上の下限値(1.5m)に近い幅になっています。このため、車掌用のホーム監視モニターは通常の横長の画面ではなく、縦長の画面を4つ横に並べた特殊なものが使用されています。また、ホームの狭さゆえに柱を建てる場所が無かったため、延長部分は屋根が設置されていません

●新丸子駅
新丸子駅渋谷方の優等列車対応通路。 新丸子駅渋谷方の優等列車対応通路。
新丸子駅渋谷方の優等列車対応通路。(工事に関するお知らせのアップ

 新丸子駅は副都心線直通開始後の昨年夏頃に、ホーム両端に1両分ずつ優等列車対応通路(10両編成用非常ホーム)を設置する工事が行われました。昨年8月の訪問時には渋谷方の通路が照明等を含めほとんど完成済みとなっており、その後横浜方でも同様の工事が行われ、10月頃までに完成しました。通路は幅が1.5mほど確保されていますが、床板と柵があるのみで放送機器や点状ブロックなどの安全設備は無いため、あくまで非常時のみの使用を目的としたものとなっています。
 なお余談ですが、この新丸子駅と次の武蔵小杉駅はサッカーJリーグ(J1)「川崎フロンターレ」のチーム本拠地である等々力陸上競技場の最寄り駅であることから、2012年12月6日より東横線の発車ベルを同チームの応援ソングに変更しています。曲は新丸子駅がサポーター作曲の「FRONTALE RABBIT」、武蔵小杉駅が音楽ユニット「スキマスイッチ」作曲の「轟け!青き魂」です。(今年2月26日からは、さらに武蔵小杉駅JR南武線ホームの発車メロディも応援ソングに変更されている。)

▼参考
お知らせ:KAWASAKI FRONTALE:東急東横線武蔵小杉駅・新丸子駅「発車ベルメロディ」について
お知らせ:KAWASAKI FRONTALE:JR南武線武蔵小杉駅「フロンターレ応援ソング発車メロディ」開始のお知らせ

●武蔵小杉駅
武蔵小杉駅のホーム延伸部分。10両編成の東急5050系4000番台が停車中。
武蔵小杉駅のホーム延伸部分。10両編成の東急5050系4000番台が停車中。

 武蔵小杉駅は横浜方に東横線と目黒線の渡り線(元住吉検車区入出庫線を兼用)があるため、渋谷方に2両分ホームを延長しています。延長部分の真下ではJR南武線が交差していますが、橋脚は複々線化当初より将来ホームを延長する際に橋桁を増設できる設計になっていました。今回この橋脚の形状に合わせて橋桁を新規に制作し、ホームを延長しました。乗降客数が多いことから、延長部分のホームは目黒線の線路ギリギリまで幅が確保されており、全長に渡り屋根も設置されています。
 なお、延長部分の床面に設置されている点状ブロックはこれまで見てきた他の駅とは異なり、床面にブロックを埋め込む本格的なものになっています。このような構造でありながら、武蔵小杉駅では現在東横線側にもホームドアを設置する検討を進めており、点状ブロックの扱いに関しては必ずしも一貫した方針が無いようです。(ただし、武蔵小杉駅のホーム延伸は完成が早かったため、ホームドアの検討が始まる前に点状ブロックを設置してしまった可能性がある。)

▼参考
神奈川県 武蔵小杉駅など3駅ホームドアに補助|建通新聞
武蔵小杉ブログ(武蔵小杉ライフ 公式ブログ) 東急武蔵小杉駅の東横線ホームに2014年3月以降ホームドアが設置へ、2月19日(水)まで利用者意見募集中

新設されたプラズマディスプレイ式の発車案内板 下り線は当駅までがTASC制御であるため、ホームの先にTASC開放を指示する標識が新設された。
左(1):新設されたプラズマディスプレイ式の発車案内板
右(2):下り線は当駅までがTASC制御であるため、ホームの先にTASC開放を指示する標識が新設された。2014年4月5日撮影


 副都心線直通開始に伴い、東横線は運行系統がこれまでと比べて格段に複雑化したことから、ホームやコンコースに設置されている発車案内板の一部がフルカラーのプラズマディスプレイに交換されました。発車案内板は表示欄が大きく3分割されており、その中に行先の駅名に加え、途中停車駅や優等列車との接続の有無をスクロール表示しています。
 また、2013年11月以降は東横線渋谷~武蔵小杉間でTASC(定位置停止装置)による駅停車操縦の自動化が実施されています。(詳しくは1回目の記事を参照)武蔵小杉駅はTASC区間の出入口になったことから、各ホーム先端には運転士にTASCのスイッチ切替を促す標識が新設されています。

■「武蔵小杉東急スクエア」展望デッキ
武蔵小杉駅東急線ホーム上部に建設された「武蔵小杉東急スクエア」。現在は左側に「ららテラス武蔵小杉」ができており、様子が異なる。
武蔵小杉駅東急線ホーム上部に建設された「武蔵小杉東急スクエア」。現在は左側に「ららテラス武蔵小杉」ができており、様子が異なる。2013年1月12日撮影

 本題からは外れますが、武蔵小杉駅に付属した施設である「武蔵小杉東急スクエア」について、この機会を借りて触れておきたいと思います。
 東横線と副都心線の直通が開始されて約半月後の昨年4月2日に、武蔵小杉駅東急線ホームの上部に商業施設「武蔵小杉東急スクエア」がオープンしました。この施設は武蔵小杉駅周辺一帯で進められている川崎市の再開発事業と連動したもので、西側に隣接する高層マンション「武蔵小杉エクラスタワー」の低層階(1・4・5階で直結)に設けられた川崎市立中原図書館や、以前からある高架下の飲食店などを集約し「武蔵小杉東急スクエア」と扱っています。
 さらに、今月19日(土)には東側に隣接して三井不動産のショッピングモール「ららテラス武蔵小杉」がオープンしました。このららテラス武蔵小杉も武蔵小杉東急スクエアと1階・4階で直結しており、ここ5年間で武蔵小杉駅周辺は交通のみならずショッピングやレストランのラインナップが急速に充実するようになりました。

武蔵小杉東急スクエア4階に直結する「東急スクエア連絡口」
武蔵小杉東急スクエア4階に直結する「東急スクエア連絡口」

 「武蔵小杉東急スクエア」のオープンにあわせて、東急線ホームの渋谷寄りに4階のレストランフロアに直結する新しい改札口「東急スクエア連絡口」が開設されました。ホームへのルートは上下エスカレータのみ設置されており、東急スクエアの営業時間内(10:00~22:00)に限り利用可能となっています。

武蔵小杉東急スクエア4階の南端に設けられている展望デッキ。両側にはかつて東横線を走っていた9000系電車から切り出した車体の一部が装飾品として嵌め込まれている。
武蔵小杉東急スクエア4階の南端に設けられている展望デッキ。両側にはかつて東横線を走っていた9000系電車から切り出した車体の一部が装飾品として嵌め込まれている。 武蔵小杉東急スクエア4階の南端に設けられている展望デッキ。両側にはかつて東横線を走っていた9000系電車から切り出した車体の一部が装飾品として嵌め込まれている。
武蔵小杉東急スクエア4階の南端に設けられている展望デッキ。両側にはかつて東横線を走っていた9000系電車から切り出した車体の一部が装飾品として嵌め込まれている。
※上段(1):クリックで拡大(1000×750px/113KB)

 「武蔵小杉東急スクエア」の目玉の一つといえるのが4階南端にある展望デッキです。この展望デッキは真下を走る東急東横線・目黒線の線路が見下ろせる展望施設として設けられたものです。デッキの両脇の壁にはかつて東横線を走っていた東急9000系電車の廃車体から切り出した車体外板の一部が装飾品として嵌め込まれており、鉄道事業者が運営する強みを生かした演出がなされています。車体の窓部分には真下を走る電車の写真一覧や最近急速に人気が高まりつつある東急線のキャラクター「のるるん」が描かれています。
 ちなみに、展望デッキ正面のガラス部分(衝突防止のための目印)やデッキ入り口のガラスドアにも「のるるん」のステッカーが無数に貼られており、東急電鉄の“のるるん推し”の強さが伺えます。

展望デッキ正面のガラスに貼られた「のるるん」のステッカー(衝突防止の目印) 展望デッキ入り口のガラス戸や開放時間の案内板にも「のるるん」
左(1):展望デッキ正面のガラスに貼られた「のるるん」のステッカー(衝突防止の目印)
右(2):展望デッキ入り口のガラス戸や開放時間の案内板にも「のるるん」


展望デッキからの眺め。真下にある武蔵小杉駅に出入りする電車が見える。
展望デッキからの眺め。真下にある武蔵小杉駅に出入りする電車が見える。
※クリックで拡大(1000×750px/164KB)

 展望デッキからの風景はホームの屋根や架線柱が線路を覆っているため、電車を撮影するというのには不向きですが、小さな子どもには十分に楽しめる施設となりそうです。展望デッキの開放時間は10:00~21:00ですが、雨天など悪天候の際は危険防止のため閉鎖されることもありますのでご注意ください。

▼参考
武蔵小杉東急スクエア 公式サイト
ららテラス 武蔵小杉
2013年4月2日(火)「武蔵小杉東急スクエア」がグランドオープン ~毎日の生活に彩りを提供する全98店舗が出店します~ - 東急電鉄ニュースリリース(2013年1月16日発表)(PDF/274KB)

▼関連記事
東急東横線地下化&10両編成対応化工事(2010年3月20日取材ほか)(2010年4月19日作成)
東急東横線・みなとみらい線10両編成対応化工事(2011年1・6月取材)(2011年7月3日作成)
東急東横線・みなとみらい線10両化工事(2012年4月取材)(2012年5月15日作成)
東急東横線・みなとみらい線10両化工事(2012年9月取材)(2012年10月10日作成)
東急東横線・みなとみらい線10両化工事(2013年2・3月取材)(2013年3月14日作成)
東横線10両化工事&ホームドア設置(2013・2014年取材・中目黒~自由が丘)(2014年4月20日作成) このエントリーをはてなブックマークに追加
スポンサード リンク

Facebookのコメント

コメント

コメント機能をご利用の際は必ず注意事項のページをご覧ください。
不適切な投稿内容は修正・削除される場合があります。また、内容によっては管理人からのレスが付かない場合がございます。確実に返信が欲しい場合はEメールをご利用ください。

管理者にだけ表示を許可する(管理人からの返信が付きません)


最新記事

首都圏外郭放水路庄和排水機場(2016/10/02)
相鉄・東急直通線建設工事(2016年取材②新綱島~日吉)(2016/09/10)
相鉄・東急直通線建設工事(2016年取材①羽沢~新横浜)(2016/09/07)
相鉄・JR直通線建設工事(2016年6月取材)(2016/08/27)
茨城県・守谷市のマンホール(2016/08/26)
東京メトロ千代田支線北綾瀬駅ホーム延伸工事(2016年6月4日取材)(2016/08/21)
東武伊勢崎線竹ノ塚駅高架化工事(2016年6月4日取材)(2016/08/14)
次期「書籍化」プロジェクトへの道すじ(2016/08/12)
JR飯田橋駅ホーム移設工事(2016年6月取材)(2016/08/06)
東急東横線10両化&関連工事(2015・2016年取材)(2016/08/03)
月別アーカイブ

全記事タイトル一覧

お知らせ

【総武・東京トンネル書籍化プロジェクト】COMIC ZIN様で欠品しておりました「総武・東京トンネル(上・下)」の販売を再開しました。詳しくは→こちら(2016,04,10)
さらに前のお知らせ

おすすめ&スペシャル

「総武・東京トンネル」書籍化プロジェクト 当サイトの前身であるYahoo!ブログから運営通算10周年を記念し、2008年に連載した「建設史から読み解く首都圏の地下鉄道① 総武・東京トンネル」についてほぼ白紙から書き直し、自主制作本(同人誌)にまとめるプロジェクトです。2015年3月のコミケットスペシャル6で総武線区間について取り上げた「上巻」、12月のコミックマーケット89で横須賀線区間について取り上げた「下巻」をそれぞれリリースし、昼過ぎに完売となる大好評となりました。現在書店(COMIC ZIN)様にて絶賛発売中です。

おすすめ記事

@takuya870625 Twitter