増えています、指向性スピーカー



JR東日本では民営化直後から駅ホームの放送の改良に力を入れていることで有名ですが、最近この放送設備にちょっとした変化が見られました。で今回はその変化についてレポートしたいと思います。

■JR東日本の駅における放送の変遷

ATOS導入に伴い設置された電光掲示板。列車種別、行先、両数などを常時表示するほか、自社線、他社線の運休・遅延などの情報も表示することができる。(2006年9月10日、中央線高尾駅で撮影)

国鉄時代、駅ホームの放送といえば利用客が極端に多いターミナル駅を別にすると単に電車が近付いていることを知らせる音声や電車のドアが閉まることを知らせるベルが流れる程度でした。JR化後は乗客へのきめ細やかなサービスを図るため、主要駅を中心に従来の接近放送に加え列車の行先、両数、ホームの停車位置など詳細な情報を盛り込むようになります。そして、1994(平成6)年に中央線快速を皮切りとしてポイントの制御、運行ダイヤの監視、遅延整理といった列車運行のすべてを統合して管理する東京圏輸送システム、通称「ATOS」の整備が開始されると、このような詳細な駅の放送もATOSの機能の1つとして首都圏の主要路線全体へ拡充されていくこととなります。導入当初不評であった合成音声特有のイントネーションや単語同士の継ぎ目の不自然さなどは改良を重ね、現在では自然な文章と遜色の無い聞き取りやすさを実現しています。
一方、発車時のサイン音も評判の悪かったベルに代わり、ヤマハやテイチクといった音楽制作会社と共同開発したメロディーを導入し、乗客の不快感緩和に貢献してきました。最近ではこの発車メロディにその地域の伝統的な音楽やスポーツチームの応援ソングなどを取り入れるなど、単なる駅の案内放送という枠組みを超えた一種の町おこしの一翼を担う存在にもなりつつあります。(例:内房線木更津駅の「証城寺の狸ばやし」、京浜東北線蒲田駅の「蒲田行進曲」、中央線八王子駅の「夕焼け小焼け」など)

■音を駅の外に漏らさない
しかし、このように駅の放送が拡充されるにつれて主に住宅がホームに近接する郊外の駅において駅の放送が騒音であるとみなされ、導入に反対する動きが出るようになりました。千葉駅で発車ベルが廃止され駅員による肉声放送のみになったことや、立川駅で一時期童謡を中心とした静かなメロディが導入されていたのにはこの動きが関係しているものと言われています。また、そのほかの駅でも放送の廃止までには至らなくとも早朝・夜間は極端に音量を落とすなどの措置が取られている駅も多く存在します。


旧来から使用されている無指向性スピーカーの例(Nationalソノラインスピーカー・2008年6月6日、総武線津田沼駅で撮影)


このような動きを受けて、最近鉄道会社や音響機器のメーカーにおいて「ホームにいる人のみに放送を聞かせる」ような放送機器、具体的にはスピーカーの開発が行われるようになりました。これまで採用されていたスピーカー(無指向性スピーカー)ではスピーカーを中心として放射状の広範囲に音が伝わるため、結果として必要の無い駅の外にまで音が漏れてしまうという欠点がありました。そこで、新しく開発されたスピーカー(指向性スピーカー)では内部の振動板や表面のスリットの形状、さらには音の波形そのものを工夫することで、音が広がる範囲を30~90度に限定し、狙った範囲のみに音を伝えるようにしたわけです。実際に駅で使用されている製品の例は以下の通りです。


※クリックで拡大

写真左から
Panasonic 防雨型楕円パターン指向性スピーカー WS-5820
(2010年2月6日、東北線浦和駅で撮影)

三菱電機エンジニアリング 狭指向性スピーカー MSP-110NR
(2008年1月1日、東急田園都市線高津駅で撮影)

エフ・ピー・エス(日本国内の販売は(株)CLD) 平面波スピーカー BMシリーズ
(2008年6月6日、総武線稲毛駅で撮影)

特に導入が進んでいるのは近年連続立体交差化事業により高架化された駅や改良工事によりホームが拡張された駅です。これらの駅で導入が進められているのはホームが音の拡散しやすい高所に位置することや住宅と近接しているため音が拡散するのを極力防ぐためと思われます。また、いちばん右の稲毛駅の例では狭い範囲に音を伝えることができるという特徴を利用して、島式ホームの両端にスピーカーを設置することで列車が来る側のみに放送を行っています。

この指向性スピーカーは駅だけではなく、展示物ごとにピンポイントで案内放送を行いたい博物館や美術館、商業施設(エスカレータの案内など)などでの利用も始まっているようです。必要な情報を必要とされる人へ伝える…環境に配慮しつつより安全な駅への進化は続きます。


▼参考
防雨型スピーカー WS-5820 | スピーカー<屋外用> | スピーカー | サウンド | 商品スペック一覧 - パナソニックシステムソリューションズジャパン株式会社
指向性音響システム|三菱電機エンジニアリング
FPS INC. Flat Panel Speakers - 株式会社エフ・ピー・エス
CLD シーエルディー株式会社 このエントリーをはてなブックマークに追加
スポンサード リンク
テーマ:鉄道 ジャンル:趣味・実用
タグ:  鉄道  駅  指向性スピーカー

カテゴリ:新技術・新サービス の最新記事

東京メトロ・都営地下鉄の乗継サービス向上(2013年06月28日作成)
増えています、指向性スピーカー(2010年02月12日作成)
東京駅「発電床」(2008年02月17日作成)
鉄道各社でつり革交換進行中(2007年12月12日作成)
ICカード乗車券“PASMO”詳細決定(2006年12月25日作成)
LED表示のしくみ(2006年11月27日作成)
グリーン車Suicaシステム(2006年04月02日作成)
グリーン車Suicaシステム、着々(2006年02月21日作成)
Suica対応自販機(2006年02月21日作成)
モバイルSuica、厳しい出だし(2006年02月19日作成)
その他の記事はこちら

Facebookのコメント

コメント

コメント機能をご利用の際は必ず注意事項のページをご覧ください。
不適切な投稿内容は修正・削除される場合があります。また、内容によっては管理人からのレスが付かない場合がございます。確実に返信が欲しい場合はEメールをご利用ください。

管理者にだけ表示を許可する(管理人からの返信が付きません)


最新記事

首都圏外郭放水路庄和排水機場(2016/10/02)
相鉄・東急直通線建設工事(2016年取材②新綱島~日吉)(2016/09/10)
相鉄・東急直通線建設工事(2016年取材①羽沢~新横浜)(2016/09/07)
相鉄・JR直通線建設工事(2016年6月取材)(2016/08/27)
茨城県・守谷市のマンホール(2016/08/26)
東京メトロ千代田支線北綾瀬駅ホーム延伸工事(2016年6月4日取材)(2016/08/21)
東武伊勢崎線竹ノ塚駅高架化工事(2016年6月4日取材)(2016/08/14)
次期「書籍化」プロジェクトへの道すじ(2016/08/12)
JR飯田橋駅ホーム移設工事(2016年6月取材)(2016/08/06)
東急東横線10両化&関連工事(2015・2016年取材)(2016/08/03)
月別アーカイブ

全記事タイトル一覧

お知らせ

【総武・東京トンネル書籍化プロジェクト】COMIC ZIN様で欠品しておりました「総武・東京トンネル(上・下)」の販売を再開しました。詳しくは→こちら(2016,04,10)
さらに前のお知らせ

おすすめ&スペシャル

「総武・東京トンネル」書籍化プロジェクト 当サイトの前身であるYahoo!ブログから運営通算10周年を記念し、2008年に連載した「建設史から読み解く首都圏の地下鉄道① 総武・東京トンネル」についてほぼ白紙から書き直し、自主制作本(同人誌)にまとめるプロジェクトです。2015年3月のコミケットスペシャル6で総武線区間について取り上げた「上巻」、12月のコミックマーケット89で横須賀線区間について取り上げた「下巻」をそれぞれリリースし、昼過ぎに完売となる大好評となりました。現在書店(COMIC ZIN)様にて絶賛発売中です。

おすすめ記事

@takuya870625 Twitter