山手線ホームドア設置工事とE231系改造の現況

恵比寿駅に掲示されていたホームドア使用開始のお知らせ。2010年3月20日撮影
※クリックで拡大

2008年6月、JR東日本は山手線へのホームドア設置を発表しました。それから2年が経ち、地上側・車両側双方の改修が本格化してきましたので今回はその概要についてお伝えしたいと思います。

■ホームの改修(ホームドア設置工事)
ホームドア設置のため強化工事が行われている恵比寿駅のホーム。 ホームドア本体が設置された恵比寿駅。このときはまだホーム両端のみに設置されていたが、内回りについては3月21日にホーム全長にわたり設置された。
左:ホームドア設置のため強化工事が行われている恵比寿駅のホーム。
右:ホームドア本体が設置された恵比寿駅。このときはまだホーム両端のみに設置されていたが、内回りについては3月21日にホーム全長にわたり設置された。
2枚とも2010年3月7日撮影。
 ※クリックで拡大

今回の山手線ホームドアの導入に際してはシステム開発や旅客流動への影響を調査するため恵比寿・目黒の2駅に先行して設置を行い、約3年間の実地検証を行った後ほかの駅へ本格的な導入を図る計画となっています。在来線におけるホームドアシステムはすでに東京メトロなど地下鉄を中心に導入が進んでいますが、山手線ではすべての駅で屋外の設置となることや高密度運転の路線であるため

●ホームドア戸袋の一部を緊急脱出口とするため取り外し可能な構造にする。
耐環境性の向上やシステムの2重化などを行う。
●稼動状況を常時モニタリングし、故障時にすぐ対処できるよう構成する。

といった信頼性向上のための対策が盛り込まれています。また、利用者数が極めて多いことから

高機能のセンサーを導入し、ドアに荷物やかさなどが挟まっても検知できるようにする。
ホームドアの一部を透明にし、足元を見やすくする。

といった利用者の視点に立った安全対策がなされる予定です。試験導入となる恵比寿・目黒駅ではホームドアを設置するためホームの先端の床を強化する工事が行われており、改修がほぼ終了した恵比寿駅では今年3月からいよいよホームドア本体の設置が開始されました。ホームドア本体の搬入に際しては駅の回りに建物が密集していることや、道路が狭い場所が多いことからクレーンなどで駅の外から搬入するのではなく、終電後に電車にホームドアを積み込んで直接ホームまで運ぶという珍しい方法がとられています。恵比寿駅の内回り側は3月21日に設置が完了、外回り側については4月11日の設置が予定されており、現時点では6月26日の使用開始が予定されています。(目黒駅は8月28日に使用開始予定。)なお、後述する6ドア車の4ドア車への差し替えはまだ完了していないため、該当する7号車と10号車の部分についてはまだホームドアの設置は行われません

■TASC設置工事
運転台のパネル右側に新設された表示灯。「TASCパターン」「ホームドア」などの文字が並ぶ。 停止位置標識とTASC地上子(矢印で示した白い箱)。
左:運転台のパネル右側に新設された表示灯。「TASCパターン」「ホームドア」などの文字が並ぶ。
右:停止位置標識とTASC地上子(矢印で示した白い箱)。(元の画像
いずれも2010年3月20日撮影
 ※クリックで拡大

ホームドア導入に際しては地上側・車両側双方のドアの位置を正確に一致させる必要があるため、駅停車の操縦を自動で行うTASC(Train Automatic Stop Control system:定位置停止装置)が導入されます。これに伴い、2009年の初め頃から山手線を走るE231系500番台電車に順次TASCとホームドアの制御装置が搭載されたほか、恵比寿・目黒の両駅では駅付近の線路に車両側へTASCの指令を送信する地上子が設置されました。
このTASCは停止位置手前に設置された地上子から受信した停止位置までの距離を元に車両側がブレーキパターンを作成し、その後停止位置までの間に数個設置された地上子で誤差を修正しながらブレーキを制御するものです。停止位置の精度はTASCがすでに導入されている地下鉄各線などとほぼ同じプラスマイナス35センチ以内となっています。地上子は地上側と通信を行う1個(大きさが異なる。後述。)以外はすべて無電源地上子であり、形状は以前から設置されているD-ATC用の地点補正用地上子とほぼ同一ですが、本体に貼られているラベルに「TA」という文字が含まれていることからTASC用地上子であることが分かります。
運転台にはこのTASCとホームドアの連動状況を示す表示灯が新設されており、恵比寿・目黒の2駅については2010年3月初めから実際にTASCを作動させた状態で運転が行われています。

恵比寿駅停車中のクハE230形床下の連動用地上子と車上子。 11号車(クハE231形)床下に新設されたホームドア継電器の箱。<br />
左:恵比寿駅停車中のクハE230形床下の連動用地上子と車上子。
右:11号車(クハE231形)床下に新設されたホームドア継電器の箱。
いずれも2010年3月20日撮影
 ※クリックで拡大

外回りの先頭車(1号車のクハE230形)の後部側床下には新たに緑色の車上子が設置されました。この車上子は写真のとおり停車中は地上側にある地上子(TASC用とは異なり、前後に長い。)とぴったり重なるように配置されており、ホームドアと車両側を連動させるためのものであると思われます。なお、反対側の先頭車(11号車のクハE231形)床下には「ホームドア継電器」なる箱が設置されていますが、こちら側には地上子・車上子ともに存在しないことから、停車中はホームドアに関する指令を両先頭車間で制御伝送する模様です。
一方、TASCの指令を受信するのはは地上子の配置から勘案するとこの緑色の車上子ではなく、両先頭車に既設のD-ATC用車上子と兼用するようです。

■6ドア車を4ドア車に差し替え
10号車に組み込まれたサハE231形4600番台。2010年3月20日、大崎駅で撮影。 ホーム床面の乗車目標。6ドア車の方が小さくなっている。2010年3月7日、恵比寿駅で撮影。
左:10号車に組み込まれたサハE231形4600番台。2010年3月20日、大崎駅で撮影。
右:ホーム床面の乗車目標。6ドア車の方が小さくなっている。2010年3月7日、恵比寿駅で撮影。

※クリックで拡大

山手線は品川~田端間で京浜東北線と並行していますが、この区間ではトラブル発生時や数年に一度行われる「リフレッシュ工事」(線路の保守工事)の際、両線で線路を共用する場合があります。山手線には現在7号車と10号車に6ドア車(サハE230形)が組み込まれており、この車両に合わせてホームドアを設置すると4ドア車のみの京浜東北線との線路の共用が不可能になってしまいます。このため、ホームドアの使用開始までに山手線E231系500番台電車の6ドア車をすべて4ドア車に差し替えることになりました。2月初めからすでにこの差し替え用の4ドア車の製造が開始されており、編成番号が大きい順に組み換えが進められています。
新しく組み込まれた車両はいずれも別番台で区別されており、7号車がサハE231形600番台、10号車がサハE231形4600番台となっています。前者は台車・車体がE231系、内装がE233系という折衷仕様となっており、後者は台車・車体・内装とも完全にE233系仕様(ただし、床面高さはE231系に合わせている)となっています。後者に関しては京浜東北線の先頭車にあわせて一番11号車寄りのドアを座席1.5名分車体中央側に移動しており、車端部に小窓が2個並ぶ独特な外観となっています。
この4ドア車への差し替え開始に伴い2月22日以降は朝ラッシュ時に行われていた6ドア車の座席収納が中止されたほか、各駅の乗車目標が4ドア車メインの表記に書き換えられています。なお、抜き取られた6ドア車は再利用可能な部品(ドア上部のLCDなど)を取り外した後廃車・解体されることになっており、順次解体場所である長野総合車両センターに回送されています。この6ドア車の差し替えは来年8月頃の完了を予定しています。

恵比寿駅ホーム端の青いLED照明。2010年3月7日撮影
恵比寿駅ホーム端の青いLED照明。2010年3月7日撮影

最近、鉄道各社では駅のホーム端にこのような青い照明を設置する動きが広がっています。これは青い光に人間の精神を落ち着かせる効果があり、自殺防止の効果が得られるためだそうです。山手線でホームドアの整備が本格的に始まるのは2013年。人を自殺に追い込んでしまうような環境を作る日本の企業風土が最も悪いことに違いないと思いますが、一方でホームドアの整備でそういった“悲劇”を防ぐことが出来るようになればそれは実に良いことではないかと私は思います。

▼関連記事
ATOの仕組み (2008年6月29日作成)
山手線ホームドア導入と課題(2008年7月18日作成)

▼参考
山手線への可動式ホーム柵の導入について - JR東日本(PDF)(2008年6月3日発表)
山手線恵比寿駅、目黒駅のホームドア使用開始日について - JR東日本(PDF)(2010年3月4日発表)
山手線で可動式ホーム柵の配給輸送|鉄道ニュース|2010年3月22日掲載|鉄道ファン・railf.jp
【JR東】山手線用E231系4ドア車配給輸送 (RMニュース)(2010年2月1日)
鉄道ニュース > 最新鉄道情報 > 山手線6扉車を順次4扉車に:鉄道ホビダス(2010年2月17日)
【JR東】サハE231-600・4600番代 営業運用開始 (RMニュース)(2010年2月23日)
交友社「鉄道ファン」2010年2月号(通巻586号)57ページ「山手線6扉車に代わる新造車のこと」 このエントリーをはてなブックマークに追加
スポンサード リンク
テーマ:鉄道 ジャンル:趣味・実用
タグ:  鉄道  JR  山手線  E231系  ホームドア

Facebookのコメント

コメント

コメント機能をご利用の際は必ず注意事項のページをご覧ください。
不適切な投稿内容は修正・削除される場合があります。また、内容によっては管理人からのレスが付かない場合がございます。確実に返信が欲しい場合はEメールをご利用ください。

管理者にだけ表示を許可する(管理人からの返信が付きません)


最新記事

首都圏外郭放水路庄和排水機場(2016/10/02)
相鉄・東急直通線建設工事(2016年取材②新綱島~日吉)(2016/09/10)
相鉄・東急直通線建設工事(2016年取材①羽沢~新横浜)(2016/09/07)
相鉄・JR直通線建設工事(2016年6月取材)(2016/08/27)
茨城県・守谷市のマンホール(2016/08/26)
東京メトロ千代田支線北綾瀬駅ホーム延伸工事(2016年6月4日取材)(2016/08/21)
東武伊勢崎線竹ノ塚駅高架化工事(2016年6月4日取材)(2016/08/14)
次期「書籍化」プロジェクトへの道すじ(2016/08/12)
JR飯田橋駅ホーム移設工事(2016年6月取材)(2016/08/06)
東急東横線10両化&関連工事(2015・2016年取材)(2016/08/03)
月別アーカイブ

全記事タイトル一覧

お知らせ

【総武・東京トンネル書籍化プロジェクト】COMIC ZIN様で欠品しておりました「総武・東京トンネル(上・下)」の販売を再開しました。詳しくは→こちら(2016,04,10)
さらに前のお知らせ

おすすめ&スペシャル

「総武・東京トンネル」書籍化プロジェクト 当サイトの前身であるYahoo!ブログから運営通算10周年を記念し、2008年に連載した「建設史から読み解く首都圏の地下鉄道① 総武・東京トンネル」についてほぼ白紙から書き直し、自主制作本(同人誌)にまとめるプロジェクトです。2015年3月のコミケットスペシャル6で総武線区間について取り上げた「上巻」、12月のコミックマーケット89で横須賀線区間について取り上げた「下巻」をそれぞれリリースし、昼過ぎに完売となる大好評となりました。現在書店(COMIC ZIN)様にて絶賛発売中です。

おすすめ記事

@takuya870625 Twitter