東急東横線地下化&10両編成対応化工事(2010年3月20日取材ほか)

東急東横線5050系。2006年6月24日、横浜駅で撮影

現在、東急東横線渋谷~代官山間では2年後に予定されている東京メトロ副都心線との直通運転に向けて線路を地下化する工事が進められています。昨年3月にこの状況を取材いたしましたが(記事化したのは11月)、それからおよそ1年が経過したため、去る2010年3月20日に再度取材をしてまいりましたのでその結果をお届けしたいと思います。なお、地下化計画の概要などは11月に作成した記事に詳しく記述されておりますので、そちらをご覧ください

▼関連記事
東急東横線代官山~渋谷間地下化工事(2009年3月21日取材)(2009年11月12日作成)

■渋谷~代官山間の地下化工事の現況
地下化区間の断面(11月の記事の図を再掲)
地下化区間の断面(11月の記事の図を再掲)

この工事では東横線代官山~渋谷間を地下化し、すでに開業している副都心線渋谷駅と接続します。新設される地下トンネルは全体の7割が現在線の直下を走るため、現在線の高架橋は工事に先立ち、トンネルが浅い部分については橋脚基礎杭の移設・撤去を、深い部分については橋脚の補強と地盤改良を行いトンネル建設に伴う高架橋の沈下を防止しています。また、明治通りから現在線の高架橋に移る区間については民有地かを横切ることになるため、この部分を含む渋谷駅側508mの区間については「アポロカッター工法」と称する四角形に近い断面を持つ特殊なシールド工法で建設されています。このシールドトンネルは昨年4月に渋谷駅側の立坑を発進し、約9ヵ月後の今年1月14日にJR山手線との交差部手前に設けられた到達立坑(開削トンネル)までの掘削が完了しています。

渋谷駅側の明治通りの状況。防音ハウスはすべて解体された。
渋谷駅側の明治通りの状況。防音ハウスはすべて解体された。

前回訪問時は渋谷駅に近い明治通り上でシールドトンネルの発進に向けた準備が進められており、道路の中央には巨大な防音ハウスが設置されていました。今回訪問時はシールドトンネルの掘削はすべて終了したため、防音ハウスはすべて解体されており、中央分離帯内で引き続き後片付けが行われていました。道路下の掘削に伴う路面の仮覆工は前回よりも国道246号線側へ伸びていることから現在は副都心線渋谷駅と接続する開削トンネルの構築に移っているものと思われます。

並木橋から見た東横線高架橋。いずれも仮設の橋脚が挿入されている。脇を流れるのは渋谷川。 並木橋から見た東横線高架橋。いずれも仮設の橋脚が挿入されている。脇を流れるのは渋谷川。
左・右:並木橋から見た東横線高架橋。いずれも仮設の橋脚が挿入されている。脇を流れるのは渋谷川。
※クリックで拡大

シールドトンネルが現在線の真下に入り込む並木橋から先の区間は高架橋が補強または仮受けされています。施工を行っている鹿島建設のホームページによると、トンネルと橋脚基礎杭の離隔が大きい渋谷駅側約450mの区間では橋脚の根元付近に厚さ70cmのコンクリート盤を新設し、併せて橋脚を鋼材で囲うことで全体を強化しており、残る約50mと到達立坑部分についてはトンネル断面外に設置した仮設の杭と添え梁で橋脚を受け替えているということです。

到達立坑付近の高架橋。防音シートの裏ではトンネルの埋め戻しらしき作業が行われていた。 JR山手線交差部分の状況。一番左の山手線外回り以外は線路が仮設の桁で支えられている。
左:到達立坑付近の高架橋。防音シートの裏ではトンネルの埋め戻しらしき作業が行われていた。
右:JR山手線交差部分の状況。一番左の山手線外回り以外は線路が仮設の桁で支えられている。

※クリックで拡大

到達立坑から先は開削トンネルとなるため、掘削作業が続いています。JR山手線との交差部分では4本ある線路すべてを工事用の仮設桁に受け替えて線路下を掘削することになっており、3月訪問時点では一番西側の山手線外回りを除き桁の設置が完了していました。また、山手線の両側には道路がありますがこちらも地下の掘削のため路面のほとんどが仮覆工になっています。

■急行停車駅のホーム10両対応化
10両分に延長された横浜駅のホーム。このときは検査のため照明も点灯されていた。
10両分に延長された横浜駅のホーム。このときは検査のため照明も点灯されていた。2009年11月24日撮影

副都心線との直通開始に伴い、急行・特急の停車駅ではホームを8両分から10両分に延長する工事が開始されています。対象となる駅のうち、最近改良が行われた武蔵小杉駅や横浜駅、それに新高島駅を除くみなとみらい線の各駅はあらかじめホームの伸スペースが確保されており、今回の工事ではホーム床版や照明設備の新設が行われています。一方、10両化が考慮されていない自由が丘駅や中目黒駅では高架橋の拡幅や線路の移設などかなり大規模な改良が必要となります。中目黒駅では2009年春よりすでに高架橋の拡幅工事に着手しており、あわせて高架橋全体の耐震補強やエスカレータの新設も行われる計画です。
なお、各駅停車は副都心線直通開始後も引き続き全列車が8両編成で運行される計画となっており(副都心線を走る東京メトロ7000系に8両編成が存在するのはこのため)、この列車のみが停車する駅はホームの延伸は行われない予定です。

▼参考
東急東横線と営団13号線の相互直通運転実施を決定(2002年1月29日発表)|東急線の取り組み|東急電鉄:
東急線の取り組み:東横線渋谷~横浜間改良工事
鹿島:KAJIMAダイジェスト:ザ・サイト:(13号相直)東横線渋谷~代官山間地下化工事(土木工事第1工区):
東横線地下化のシールド機が到達|日経BP社 ケンプラッツ:

▼関連記事
★副都心線開業前・開業日
東急東横線代官山~渋谷間地下化工事(2009年3月21日取材)(2009年11月12日作成) このエントリーをはてなブックマークに追加
スポンサード リンク
古い記事:京浜急行C-ATSの仕組み>>>

Facebookのコメント

コメント

完成まで我慢
渋谷駅の周辺は新しいビルの建設が進んでる。東急ゴールデンホールのあった東急文化会館は老朽化が原因で取り壊され、デパートのような建物が出来るかもしれないな。東京メトロ南北線と乗り入れする東急東横線は地下に潜ってしまい、地上の東横線とお別れしてしまう。渋谷発着のJRの湘南新宿ライン、成田エクスプレス、りんかい線のホームが完成するだろう。2012年のロンドン五輪の年の完成まで我慢するしかないな。
2010/05/09 15:10 | URL | 投稿者:タクロウ [編集]
Re:完成まで我慢
タクロウさま>

東急文化会館跡地ですが、地下4階、地上34階建ての高層複合ビルが東横線の地下化完成と同時の2012年の完成を目指して建設中です。地下3階から地上7階にかけては現在渋谷駅側にある東急百貨店が移転、地上8階から16階にかけてはミュージカル劇場などの文化施設、17階以上についてはオフィスがそれぞれ入居する予定です。去る4月14日にはビルの名称が「渋谷ヒカリエ」二決定したとのことです。

参考:http://www.shibukei.com/headline/6829/

これらの事業が完成すると渋谷駅本体についても本格的に再開発が開始されることになります。
2010/05/10 00:35 | URL | 投稿者:takuya870625(管理人)

今東横線があるところに埼京線ホームも移動してくるのかな。利用者としては便利になるから歓迎するけど、並木橋方面はますます開発から取り残されるだろうな。
2010/10/29 09:52 | URL | 投稿者:alexbacks [編集]
Re: タイトルなし
alexbacksさま>

渋谷駅は新南口が存在することを前提に進出してきた店舗・企業もあるようですのでホーム移設後も連絡通路で接続した上で残す可能性もあります。東横線高架橋の跡地の利用方法についてはまだ明らかになっていませんが、隣接する渋谷川と合わせて緑道化することが街づくりの上では適当かと思われます。
2010/12/31 20:53 | URL | 投稿者:takuya870625(管理人)
コメント機能をご利用の際は必ず注意事項のページをご覧ください。
不適切な投稿内容は修正・削除される場合があります。また、内容によっては管理人からのレスが付かない場合がございます。確実に返信が欲しい場合はEメールをご利用ください。

管理者にだけ表示を許可する(管理人からの返信が付きません)


最新記事

首都圏外郭放水路庄和排水機場(2016/10/02)
相鉄・東急直通線建設工事(2016年取材②新綱島~日吉)(2016/09/10)
相鉄・東急直通線建設工事(2016年取材①羽沢~新横浜)(2016/09/07)
相鉄・JR直通線建設工事(2016年6月取材)(2016/08/27)
茨城県・守谷市のマンホール(2016/08/26)
東京メトロ千代田支線北綾瀬駅ホーム延伸工事(2016年6月4日取材)(2016/08/21)
東武伊勢崎線竹ノ塚駅高架化工事(2016年6月4日取材)(2016/08/14)
次期「書籍化」プロジェクトへの道すじ(2016/08/12)
JR飯田橋駅ホーム移設工事(2016年6月取材)(2016/08/06)
東急東横線10両化&関連工事(2015・2016年取材)(2016/08/03)
月別アーカイブ

全記事タイトル一覧

お知らせ

【総武・東京トンネル書籍化プロジェクト】COMIC ZIN様で欠品しておりました「総武・東京トンネル(上・下)」の販売を再開しました。詳しくは→こちら(2016,04,10)
さらに前のお知らせ

おすすめ&スペシャル

「総武・東京トンネル」書籍化プロジェクト 当サイトの前身であるYahoo!ブログから運営通算10周年を記念し、2008年に連載した「建設史から読み解く首都圏の地下鉄道① 総武・東京トンネル」についてほぼ白紙から書き直し、自主制作本(同人誌)にまとめるプロジェクトです。2015年3月のコミケットスペシャル6で総武線区間について取り上げた「上巻」、12月のコミックマーケット89で横須賀線区間について取り上げた「下巻」をそれぞれリリースし、昼過ぎに完売となる大好評となりました。現在書店(COMIC ZIN)様にて絶賛発売中です。

おすすめ記事

@takuya870625 Twitter