成田スカイアクセスの概要…成田スカイアクセスまもなく開業!(1)

カテゴリ:鉄道:建設・工事 | 公開日:2010年06月23日01:59
東松戸駅で並んだ試運転中の新型スカイライナー

来る2010年7月17日(土)、東京都心と成田国際空港(以下、成田空港)を結ぶ新しい鉄道路線「成田スカイアクセス」(成田新高速鉄道・京成成田空港線)が開業します。今回は4回にわたりこの成田スカイアクセスの概要や施設の工事の様子、新線区間を走る特急「スカイライナー」の新型車両などについてお伝えいたします。
1回目の今回は成田スカイアクセスの概要について解説致します。

■東京都心~成田空港の鉄道の歴史と成田スカイアクセスの概要

成田空港の新設が決まった当初、東京都心と成田空港を結ぶ主要な交通機関として「成田新幹線」の建設が予定されており、1971(昭和46)年に策定された整備新幹線計画にも盛り込まれていました。しかし、この成田新幹線は騒音公害などを懸念したルート上の自治体などの激しい建設反対運動により、成田空港付近(延長8.7km)の路盤が完成したところで計画が頓挫してしまいます。(このあたりの経緯は以下の京葉線新東京トンネルのコラム欄で詳しく説明しているのでそちらを参照願いたい。)

▼関連記事
幻の成田新幹線計画と東京駅(その1) - 京葉線新東京トンネル(19)(2010年2月20日作成)
幻の成田新幹線計画と東京駅(その2) - 京葉線新東京トンネル(20)(2010年2月22日作成)

このような情勢を受け、昭和50年代になると運輸省(現在の国土交通省では)に「新東京国際空港アクセス関連高速鉄道調査委員会」が設立され、1982(昭和57)年に東京都心と成田空港を結ぶ鉄道について以下のA・B・C3つの案を答申として発表しました。

A案:成田新幹線の建設再開
B案:当時建設中の北総線を延長して成田空港へ接続する(成田新高速鉄道
C案:国鉄(現・JR東日本)成田線を活用して成田空港へ接続する

この答申をもとに政府内で検討が重ねられ、1984(昭和59)年にはB案を推進していくことを決定します。しかし、用地買収や工事にはなお時間がかかると判断されたことから、成田新幹線の構造物の中で唯一完成していた成田空港付近の路盤を暫定的にJR成田線・京成線が1線ずつ使用することで成田空港開港から実に13年後の1991(平成3)年、成田空港直下への鉄道乗り入れが実現しました。
一方、本命であるB案の成田新高速鉄道についても2000(平成12)年の運輸政策審議会第18号答申で「2015年までに開業するべき路線」として位置づけられるなど、引き続き整備を推進していくことが確認されました。この計画では現行のJR成田線・京成線よりも大幅な所要時間短縮を実現するため、北総線内については130km/h運転、線路を新設する印旛日本医大~成田空港間については国内の在来線で最高速度となる160km/h運転を行い、日暮里~空港第2ビル間を現在と比べ15分短縮の36分で結ぶこととされました。また、沿線住民への還元措置として新設線とJR成田線(我孫子支線)との交差部に新駅を建設することもあわせて盛り込まれました。
運輸政策審議会の答申発表以後、都市計画決定や鉄道事業許可など法律上の手続き、環境アセスメントなどの準備は順調に進み、2006(平成18)年にはいよいよ着工式が行われ本格的な工事が開始されました。2009(平成21)年には新駅の名称が「成田湯川駅」(仮称:成田ニュータウン北駅)、路線の愛称が「成田スカイアクセス」にそれぞれ決定し、必要な施設の工事が全て完了した今年3月から試運転が開始されました。
なお、上記の工事とは別に京成電鉄でも都心側のターミナル駅となる日暮里駅のホーム増設(高架化)や京成高砂駅の金町線ホーム高架化(踏切遮断時間の増大防止対策)など成田スカイアクセス開業に備えた独自の対策を行っています。前者については2009(平成21)年11月に新ホームの供用を開始しており、後者については来る2010(平成22)7月5日より高架ホームの使用を開始する予定です。

▼関連記事
京成日暮里駅新ホーム(2009年10月10日取材)(2010年1月2日作成)
京成高砂駅金町線ホーム高架化(2009~2010年取材まとめ)(2010年3月27日作成)

成田スカイアクセスのルート図
成田スカイアクセスのルート図

この成田スカイアクセスは前述の通り北総線を成田空港まで延長する形で新設されます。この区間はいずれも京成電鉄が運行する成田スカイアクセス(京成成田空港線)の列車が別会社の所有する線路に乗り入れるという形をとっており、事業者の関係が複雑化しています。線路の保有会社と列車の運行会社の関係は以下の通りです。

●京成高砂~小室(19.8km)
線路の保有:北総鉄道(第1種鉄道事業者
列車の運行(北総):北総鉄道(第1種鉄道事業者)
列車の運行(成田スカイアクセス):京成電鉄(第2種鉄道事業者)

●小室~印旛日本医大(12.5km)
線路の保有:千葉ニュータウン鉄道(第3種鉄道事業者)
列車の運行(北総):北総鉄道(第2種鉄道事業者)
列車の運行(成田スカイアクセス):京成電鉄(第2種鉄道事業者)

●印旛日本医大~旧成田新幹線路盤接続点(成田市土屋)(10.7km)
線路の保有:成田高速鉄道アクセス(第3種鉄道事業者)
列車の運行(成田スカイアクセス):京成電鉄(第2種鉄道事業者)

●旧成田新幹線路盤接続点~成田空港(8.4km)
線路の保有:成田空港高速鉄道(第3種鉄道事業者)
列車の運行(成田スカイアクセス):京成電鉄(第2種鉄道事業者)

今回の成田スカイアクセス新設に伴い設立された第三セクターの成田高速鉄道アクセス株式会社は成田スカイアクセス全線(京成高砂~成田空港間)の施設の建設・改良を行い、開業後は印旛日本医大~旧成田新幹線路盤接続点(成田市土屋)の施設の保有を行います。なお、成田スカイアクセス開業後も北総線の列車は現在と同じく印旛日本医大駅での折り返し運転がなされる予定で、線路が新設された印旛日本医大~成田空港間は京成電鉄が運行する列車のみが乗り入れることになります。

▼脚注
:第1種鉄道事業者は線路施設の保有・列車の運行の両方を行う事業者を示す。一方、第2種は列車の運行のみ、第3種は施設の保有のみを行う。

▼参考
千葉県内の鉄道整備計画(成田新高速鉄道) - 千葉県ホームページ
成田高速鉄道(成田高速鉄道アクセス株式会社)
京成電鉄・2010年デビュー!新型スカイライナー・成田空港まで36分
7月5日(月)始発より京成高砂駅金町線専用ホーム使用開始 - 京成電鉄(PDF)

次回はこの成田スカイアクセスの列車が通過する北総線の施設の改良工事について解説する予定です。

(つづく) このエントリーをはてなブックマークに追加
スポンサード リンク

Facebookのコメント

コメント

更なる延伸は?
神奈川県民としては 高砂?からの延伸がとても気になります。新線を造って東京駅、羽田空港と繋げるのか・・・。
2010/06/23 17:58 | URL | 投稿者:tori [編集]
いよいよですね
今日は、報道機関向けの試乗会があったようで、テレビでも話題になってますね♪千葉に住んでいると利用する機会は滅多にないですけど、鉄道の明るい話題でうれしい次第です。
続きの記事を楽しみにしていますよ♪
2010/06/23 21:34 | URL | 投稿者:ぱせりさらだ [編集]
Re: 更なる延伸は?
toriさま>
はい。確かにその計画は存在しています。ただ現在の計画は、正確に言うと「延伸」ではなく、都営浅草線の「線増」(別線建設による複々線化)です。

この計画に関しては朝日新聞社発行の週刊誌「AERA」の2010年4月26日発売号に掲載された「『新東京駅』丸の内に出現」と題する記事にて解説されております。それによると計画は都営浅草線泉岳寺~押上間11kmに別線を建設することや、途中経由する東京駅前の丸の内仲通り地下に「新東京駅」なる新駅を建設することとされています。週刊誌ということで信憑性には激しく疑問符がつくところですが、調査しだいではもう少し詳しい内容も発見できることと思いますので機会を見てこのブログでも取り上げたいと思います。
2010/06/24 23:30 | URL | 投稿者:takuya870625(管理人)
Re: いよいよですね
ぱせりさらださま>
記事をUPしたその日にちょうど報道公開があるとはなんともタイミングの良いことです(笑)。
この成田スカイアクセスは千葉県内における大型の新線建設としては恐らく最後の例になるものと思われます。(運輸政策審議会の18号答申で示されていた京葉線~総武線の接続新線に関して具体的な動きが見られないことや千葉としモノレールの延伸が熊谷市長の就任により凍結されたため。)
我々千葉県の東京湾側に住んでいる者の場合、成田空港への交通手段としては鉄道よりもリムジンバスや自家用車の方が主体となるため、いまいちこの高速新線の開業への実感が湧かないのではないかと思います。しかし、京成電鉄の100年間の歴史を見ればこの路線の開業は軌道から高速鉄道への転換という歴史的偉業ともいえるものであり、その瞬間を見ることができる最初で最後のチャンスといっても過言ではありません。開業後もできるだけ早くその様子をブログ上でお伝えしたいと思いますのでどうぞご期待くださいませ。

2010/06/24 23:44 | URL | 投稿者:takuya870625(管理人)
コメント機能をご利用の際は必ず注意事項のページをご覧ください。
不適切な投稿内容は修正・削除される場合があります。また、内容によっては管理人からのレスが付かない場合がございます。確実に返信が欲しい場合はEメールをご利用ください。

管理者にだけ表示を許可する(管理人からの返信が付きません)


最新記事

首都圏外郭放水路庄和排水機場(2016/10/02)
相鉄・東急直通線建設工事(2016年取材②新綱島~日吉)(2016/09/10)
相鉄・東急直通線建設工事(2016年取材①羽沢~新横浜)(2016/09/07)
相鉄・JR直通線建設工事(2016年6月取材)(2016/08/27)
茨城県・守谷市のマンホール(2016/08/26)
東京メトロ千代田支線北綾瀬駅ホーム延伸工事(2016年6月4日取材)(2016/08/21)
東武伊勢崎線竹ノ塚駅高架化工事(2016年6月4日取材)(2016/08/14)
次期「書籍化」プロジェクトへの道すじ(2016/08/12)
JR飯田橋駅ホーム移設工事(2016年6月取材)(2016/08/06)
東急東横線10両化&関連工事(2015・2016年取材)(2016/08/03)
月別アーカイブ

全記事タイトル一覧

お知らせ

【総武・東京トンネル書籍化プロジェクト】COMIC ZIN様で欠品しておりました「総武・東京トンネル(上・下)」の販売を再開しました。詳しくは→こちら(2016,04,10)
さらに前のお知らせ

おすすめ&スペシャル

「総武・東京トンネル」書籍化プロジェクト 当サイトの前身であるYahoo!ブログから運営通算10周年を記念し、2008年に連載した「建設史から読み解く首都圏の地下鉄道① 総武・東京トンネル」についてほぼ白紙から書き直し、自主制作本(同人誌)にまとめるプロジェクトです。2015年3月のコミケットスペシャル6で総武線区間について取り上げた「上巻」、12月のコミックマーケット89で横須賀線区間について取り上げた「下巻」をそれぞれリリースし、昼過ぎに完売となる大好評となりました。現在書店(COMIC ZIN)様にて絶賛発売中です。

おすすめ記事

@takuya870625 Twitter