馬喰町駅~新日本橋駅 - 総武・東京トンネル(7)


※クリックすると目次ページを表示します。

■小伝馬町トンネル:2km018m98~1km342m11(L=676m87)
▼参考
工事誌(総武線)378・379・525・527ページ

●概説

小伝馬町トンネル位置図
(C)国土交通省 国土情報ウェブマッピングシステムカラー空中写真データ(昭和54年)に筆者が加筆

総武トンネルのうち、馬喰町駅から新日本橋駅までの区間は「小伝馬町トンネル」という。この区間は全て江戸通りの地下を通っており、途中で東京メトロ日比谷線小伝馬町駅と交差している。線形は馬喰町駅を出てすぐのところで半径800m、新日本橋駅の手前で半径900mのカーブがあり、勾配は馬喰町駅が地下5階、新日本橋駅が地下4階であるため東京メトロ日比谷線小伝馬町駅付近までが3.0パーミル、そこから新日本橋駅の直前までが18パーミルで一律に上りとなっている。

●現地写真

江戸通り(鞍掛橋交差点)

馬喰町駅を出ると江戸通りの地下を進む。この部分も単線シールド2本で建設されており、地上からその存在をうかがうことはできない。
ちなみに、途中でこのように妙に細い区画と交差する。これを南北に伸ばすと「橋」と名の付く交差点が並び、やがて神田川と隅田川にぶつかる。恐らく運河を埋め立てた跡だろう。現在もそのままの形で残っていたら親水公園として都民の憩いの場になっていたかもしれない。


東京メトロ日比谷線小伝馬町駅3番出入口


その先では水天宮通りと交差する。その地下には東京メトロ日比谷線小伝馬町駅がある。


小伝馬町駅改札口

小伝馬町駅は片面ホーム2面2線の構造である。小伝馬町トンネルはこの改札口の10mほど下を通っており、建設に先立ち薬液注入による補強が行われた。当初は駅の床面から2層目のシルト層までの注入の予定であったが、いざ床に穴を開けてみると天井まで吹き上げるほどの被圧地下水が存在していることが判明し、小伝馬町トンネルの掘削深度までの注入に変更したと言う。
なお、東京メトロ日比谷線は1995(平成7)年3月20日の地下鉄サリン事件において最も被害の大きかった路線であり、この小伝馬町駅でも4名の死者が出ている。


昭和通りとの交差点(本町3丁目交差点)


交差点の下は昭和通のアンダーパス道路。奥は首都高速1号上野線本町出入口(ハーフIC)

その先では昭和通りと交差する。交差点の地下1階部分には昭和通のアンダーパス道路が通り、頭上に首都高速1号上野線の高架がかかる。首都高速の高架は交差点部分のスパンが長く橋脚が建っていないため、基礎が小伝馬町トンネルに干渉することは無かったようだ。
ここを過ぎると新日本橋駅だ。馬喰町駅からの距離はおよそ700m、徒歩で10分程度の距離であり総武快速線では最も駅間距離が短い区間となる。

(つづく) このエントリーをはてなブックマークに追加
スポンサード リンク

最新記事

都営大江戸線勝どき駅ホーム増設工事(2019年2月11日取材)(2019/04/20)
須坂市のマンホール(2019/04/14)
千駄ヶ谷駅改良工事(2019年取材)(2019/04/12)
JR飯田橋駅ホーム移設工事(2019年2月16日取材)(2019/03/22)
JR御茶ノ水駅改良工事(2019年2月16日取材)(2019/03/20)
東京メトロ千代田支線北綾瀬駅ホーム延伸工事(2019年1月25日取材)(2019/03/14)
京急大師線地下化工事(2019年2月26日取材)(2019/03/03)
京成博物館動物園駅跡、開く。(2019/02/08)
2019年のご挨拶(2019/01/31)
長野市のマンホール(2018/12/29)
月別アーカイブ

全記事タイトル一覧

お知らせ

【東急新玉川線書籍化プロジェクト】2/1(金)より東急新玉川線(下)の書店委託販売を開始します。。詳しくは→こちら(2019,01,30)
当サイトは近日中にSSL化(暗号化通信対応)する予定です。SSL化後は古い携帯電話(ガラケー)で閲覧ができなくなる場合があります。新しい環境への移行をお勧めいたします。(2019,02,15)
過去のお知らせ一覧
更新情報Twitter

おすすめ&スペシャル

「東急新玉川線」書籍化プロジェクト
「京葉線新東京トンネル」書籍化プロジェクト
「総武・東京トンネル」書籍化プロジェクト YouTube再生リスト:小田急線地下化・複々線化 YouTube再生リスト:渋谷駅再開発

おすすめ記事

@takuya870625 Twitter