千葉市昭和の森公園・菖蒲の花(2008年6月13日)

カテゴリ:公園・風景 | 公開日:2008年06月27日21:13
※この記事はYahoo!ブログから移行したものです。


千葉県内のあやめ・菖蒲の花の名所をもう一つ紹介します。今回訪問したのは千葉市緑区土気町にある「千葉市昭和の森公園」です。訪問日は2週間前の6月13日(金)です。菖蒲の花はすでに見頃を過ぎていますので悪しからず・・・

1枚目
昭和の森菖蒲園
<CanonPowerShotA700・(35mm)・オート(1/320/F4.8/感度オート)・トリミング>

原地形をそのままに


公園入口。
<CanonPowerShotA700・(6mm)・オート(1/320/F4/感度オート)・トリミング>

千葉市昭和の森公園はJR外房線土気駅から徒歩30分ほどのところにあります。山武群土気町の合併を記念して計画されたもので、昭和50年に第一期整備42haが完成し開園、現在の総面積は100.9haで東京ドーム22個分の規模を誇ります。公園の敷地は南北に細長い形をしており、大半は元の山林をほとんどそのまま利用しているため、下総台地特有の深く谷が切り込む起伏に富んだ地形となっています。また、公園の南端は高さ50mの崖となっており、その先は九十九里平野が延々と広がっています。(つまり、ここが千葉市の南端ということです。)



菖蒲園全景。木道も整備されている。
<CanonPowerShotA700・(6mm)・オート(1/500/F4/感度オート)>

菖蒲園は公園の南端の谷の中にあります。台地に切れ込んだ谷底で豊富な湧き水が得られる下総台地の特性を生かしたつくりです。入口近くの花はまだほとんど咲いていませんでしたが、途中で分岐する谷のほうは紫色の花がほぼ満開といった状況でした。新聞の地域欄でも時折紹介されており、平日の真昼間にもかかわらず菖蒲の花を撮影をされている方が何名か見られました。



菖蒲の花
<CanonPowerShotA700・(31mm)・オート(1/125/F4.5/感度オート)>



枝分かれする谷では紫の菖蒲の花が満開
<CanonPowerShotA700・(12mm)・オート(1/320/F3.5/感度オート)>



菖蒲田の周囲に咲いていたドクダミの花
<CanonPowerShotA700・(6mm接写)・オート(1/500/F4/感度オート)>

昭和の森公園は昨年11月の記事で触れたとおり高校時代の部活のOBの集まり(芋煮会)で年1回ほど訪れているのですが、キャンプ場以外を周ったことはまだ一度もなかったため、今回園内全部を周ってることにしました。公園内はほとんどが木々の密集した森林で、千葉市内とは思えないほどの静けさです。現在土気駅周辺は戸建て住宅(※)が並んでいますが、開発される以前はこの昭和の森公園のような森林が広がっていたものと思われます。

※バブル期には価格が億単位の高級住宅も出現しアメリカ・LAのビバリーヒルズをもじって「チバリーヒルズ」と呼ばれた。現在は都心回帰傾向が強まったためか空き地も点在する。



菖蒲園を流れた水が注ぐ下夕田(しもんた)池
<CanonPowerShotA700・(6mm)・オート(1/640/F4/感度オート)>



公園南端の崖に面した展望台。この先は山武郡大網白里町。
<CanonPowerShotA700・(6mm)・オート(1/500/F4/感度オート)>



アジサイの花2種。今週末あたりが見頃と思われる。
<組写真のためデータ省略>



開園30周年を記念して平成18年に設置された遊具。全長100mのローラー滑り台もある。
<CanonPowerShotA700・(6mm)・オート(1/640/F4/感度オート)>



キャンプ場脇にある千葉市ユースホステル
<CanonPowerShotA700・(6mm)・オート(1/640/F4/感度オート)>

千葉市昭和の森公園
●鉄道
JR外房線土気駅から徒歩20分
●バス
JR土気駅から千葉中央バス「あすみが丘ブランニューモール行」で「昭和の森西」下車徒歩5分
JR土気駅から千葉中央バス「あすみが丘南行」で「大通り中央」下車徒歩10分
●マイカー
千葉東金道路土気中野ICで降り、土気停車場千葉中線で大網街道へ出た後大網方面に2km

菖蒲園は公園の南端にあり、土気駅から歩くと40分ほどかかります。また、「昭和の森西」バス停は菖蒲園とは公園を挟んで反対側にあり、「大通り中央」バス停も菖蒲園から1kmほどの距離があります。ご注意ください。

▼参考
ようこそ千葉市昭和の森公園へ(公式Web1。植物の開花情報など。)
千葉市:昭和の森トップページ(公式Web2。公園概要・園内マップなど。)

▼関連記事
芋煮会オフ@千葉市昭和の森公園(2007年11月19日)
このエントリーをはてなブックマークに追加
スポンサード リンク

Facebookのコメント

コメント

コメント機能をご利用の際は必ず注意事項のページをご覧ください。
不適切な投稿内容は修正・削除される場合があります。また、内容によっては管理人からのレスが付かない場合がございます。確実に返信が欲しい場合はEメールをご利用ください。

管理者にだけ表示を許可する(管理人からの返信が付きません)


最新記事

首都圏外郭放水路庄和排水機場(2016/10/02)
相鉄・東急直通線建設工事(2016年取材②新綱島~日吉)(2016/09/10)
相鉄・東急直通線建設工事(2016年取材①羽沢~新横浜)(2016/09/07)
相鉄・JR直通線建設工事(2016年6月取材)(2016/08/27)
茨城県・守谷市のマンホール(2016/08/26)
東京メトロ千代田支線北綾瀬駅ホーム延伸工事(2016年6月4日取材)(2016/08/21)
東武伊勢崎線竹ノ塚駅高架化工事(2016年6月4日取材)(2016/08/14)
次期「書籍化」プロジェクトへの道すじ(2016/08/12)
JR飯田橋駅ホーム移設工事(2016年6月取材)(2016/08/06)
東急東横線10両化&関連工事(2015・2016年取材)(2016/08/03)
月別アーカイブ

全記事タイトル一覧

お知らせ

【総武・東京トンネル書籍化プロジェクト】COMIC ZIN様で欠品しておりました「総武・東京トンネル(上・下)」の販売を再開しました。詳しくは→こちら(2016,04,10)
さらに前のお知らせ

おすすめ&スペシャル

「総武・東京トンネル」書籍化プロジェクト 当サイトの前身であるYahoo!ブログから運営通算10周年を記念し、2008年に連載した「建設史から読み解く首都圏の地下鉄道① 総武・東京トンネル」についてほぼ白紙から書き直し、自主制作本(同人誌)にまとめるプロジェクトです。2015年3月のコミケットスペシャル6で総武線区間について取り上げた「上巻」、12月のコミックマーケット89で横須賀線区間について取り上げた「下巻」をそれぞれリリースし、昼過ぎに完売となる大好評となりました。現在書店(COMIC ZIN)様にて絶賛発売中です。

おすすめ記事

@takuya870625 Twitter