東京駅(総武線側改札内の現地写真) - 総武・東京トンネル(13)


※クリックすると目次ページを表示します。

■丸の内トンネル:0km344m66~0km000m00(L=344m66 ※横須賀線側へさらに387m00続く)
▼参考
工事誌(総武線)121・190~197・222~225・356・357・379・823~829ページ
工事誌(横須賀線)東京駅断面図

●概説
前々回の記事を参照。

●現地写真(地上)
●現地写真(地下・改札外)

前回の記事を参照。

●現地写真(地下・改札内)

丸の内地下中央口を入ったところ

丸の内地下中央口を入ると両側に地下4階へ通じるエスカレータが設置されている。利用者が多いためこのエスカレータは4基で1セット、それが4セットの合計16基が設置されており、時間帯によって上り・下りを適宜変更している。また、正面には地上ホームへの連絡階段・エスカレータ、地下街「グランスタ」へ続く通路がある。地上ホームへのエスカレータは当初上り・下りが1基ずつであったが、バリアフリー化の流れを受けて現在は階段の一部を潰して上りを1基増設している。


地下4階改札内コンコース

地下4階でエスカレータが終わり、ホームへはもう1階階段を下りる構成はほかの駅と同様である。東京駅の場合、地下4階からホームへ通じる階段には開業当初から全てエスカレータ(ただし1箇所を除き上りのみ)が設置されている。ここも利用者が多いため、端から端まで構築幅目一杯の広さを確保している。


エレベータ

3・4番線ホームからは地下4階まで1基、1・2番線ホームからは地下1階の改札階まで2基それぞれエレベータが通じている。これは開業当初は存在しなかったもので、1991(平成3)年の「成田エクスプレス」運行開始の際に大型のスーツケースなどを持った利用者を考慮して設置されたようだ。3・4番せんがわが地下4階までとなっているのは成田への出発側で利用者が集中しないことと、地下1階改札階のスペースの問題があったためである。


地下5階ホーム

地下5階のホームは2面4線となっている。4線全てが総武快速線・横須賀線両方向に進出可能で、特急の追い越しや当駅折り返しの列車が多数設置されているほか、この構造を生かしてダイヤ混乱時には両線の直通運転を中止して正常ダイヤへの回復を早めている。
また、「成田エクスプレス」は当駅で大船・横浜方面から来た編成と池袋・新宿・渋谷方面から来た編成の増解結を行う。(全ての列車が行うわけではない。)これについては以前このブログで解説しているのでその記事を参照願いたい。

▼関連記事
成田エクスプレス連結作業(東京駅)(2006年9月12日)


両端はカーブしている

ホーム両端は半径300mでカーブしており、電車とホームの間が広く開くところがある。2・3番線の間には天井から壁が張り出しているが、工事誌によるとこれは遮煙壁で一般の商業施設で見かける透明な防煙垂壁と同じ役割を果たすものであるようだ。
また、この駅に限ったことではないが、ホーム下と線路側の天井内には吸気口が設置されており、ホーム先端の天井に設置されたエアカーテン(写真の上方に見える線状の空調吹き出し口)とあわせて、電車の排熱がホームに進入するのを防いでいる。開業当初は113系や183系のような排熱の多い抵抗制御の車両ばかりが乗り入れており、エアフローに相当気を使っていたことが伺える。


JNRマークが残るスピーカー

ホームの天井にはなぜか反転したJNR(国鉄)の表記が書かれたスピーカーが残っている。今年6月まではこのスピーカーから放送が流れていたのだが、新しいスピーカーが設置されたためそう遠くない時期の撤去が予想される。


4番線外側の業務用エレベータ

前回の記事で業務用エレベータがホームレベルまで通じていると書いた。「ホーム」ではなく「ホームレベル」と書いたのはこのように4番線の線路の向こう側に出る形となっているからである。よって、このエレベータの地下5階部分は一般人はおろか社員が使う機会もほぼ無く、火災や地震の際も安全のためエレベータは使用禁止で避難にも使えないため、一体何のために地下5階まで引いたのか意図を疑ってしまう。


0kmポスト

ホーム中央には総武快速線(総武本線)・横須賀線の起点を示す0kmポストが設置されている。地上の各路線が金属や石など豪華なデザインとなっているのに対し、地下は総武・横須賀線、京葉線ともにこういった金属板を曲げ加工したものに「0」と書いただけの非常に質素なものとなっている。物事の「最初」というのは相応の深い意味を持っているわけだから、もっと飾ってやってもよいのではと思うのだが・・・

(つづく) このエントリーをはてなブックマークに追加
スポンサード リンク

Facebookのコメント

コメント

業務用エレベーターの怪
以前から気になっていたエレベーターですが、地上に通じていることからピンときたのは、荷物電車用だったのではないかということです。ちょうど上野駅地平の荷物扱ホームが旅客ホームの間にあるように、旅客と荷物を分離する意図があったのではないかと思います。
2011/08/09 21:50 | URL | 投稿者:fujiten
Re: 業務用エレベーターの怪
fujiten 様

なるほど、荷物電車用ですか。エレベータの扉の高さが電車の床面と同じ高さになっていることを考えるとその可能性も十分ありますね。他にも特急列車の車内販売用の機材(車販準備室は大抵編成の中央にある)を積み込んだり、深夜の線路工事で使う資材を積み込んだりと列車にそのまま物を積み込むためにあえてこの場所にエレベータを設置したものと考えられます。
2011/08/10 21:57 | URL | 投稿者:takuya870625(管理人)
コメントの投稿受付は2018年2月28日をもちまして終了させていただきました。詳しくは→こちら

最新記事

西武新宿線中井~野方間地下化工事(2018年6月16日取材)(2018/08/27)
東京メトロ銀座線渋谷駅移設 - 渋谷駅再開発2018(2)(2018/05/11)
渋谷駅再開発事業の概要 - 渋谷駅再開発2018(1)(2018/05/05)
首都高速晴海線開通記念イベント「晴海線スカイウォーク」(2018/04/17)
都営大江戸線勝どき駅改良工事(2018年2月18日取材)(2018/04/03)
あなたの街の桜、大丈夫ですか?…桜の老齢化問題(2018/04/02)
東京メトロ丸ノ内分岐線方南町駅改良工事(2018年1月21日取材)(2018/03/10)
小田急線複々線・10両化工事(2017・2018年取材[4]シモチカウォーク)(2018/03/07)
小田急線複々線・10両化工事(2017・2018年取材[3]登戸駅・代々木八幡駅)(2018/03/02)
小田急線複々線・10両化工事(2017・2018年取材[2]世田谷代田駅)(2018/02/24)
月別アーカイブ

全記事タイトル一覧

お知らせ

【東急新玉川線書籍化プロジェクト/京葉線新東京トンネル書籍化プロジェクト】完売していた書泉グランデ・ブックタワー様での販売を再開しました。また、新たに自家通販も開始しました。詳しくは→こちら(2018,08,20)
過去のお知らせ一覧
更新情報Twitter

おすすめ&スペシャル

「東急新玉川線」書籍化プロジェクト
「京葉線新東京トンネル」書籍化プロジェクト
「総武・東京トンネル」書籍化プロジェクト YouTube再生リスト:小田急線地下化・複々線化 YouTube再生リスト:渋谷駅再開発

おすすめ記事

@takuya870625 Twitter