千川駅 - 地下鉄副都心線全線全駅レポート(3)

※この記事はYahoo!ブログから移行したものです。



千川駅(F07)


千川駅3番出入口
<PENTAX K10D・smcPENTAX-DA18-55mmF3.5-5.6AL(21mm)・オート(1/250/F8/ISO100)>

千川(せんかわ)
・所在地:東京都豊島区要町3丁目(地図
・キロ程:和光市起点9.4km
・停車種別:各停
・ホーム形態:1面2線(+有楽町線1面2線)
・トンネル形態:開削(地下3層)
・乗り換え路線:有楽町線

千川・要町の2駅はどちらも小竹向原駅と同じく要町通りの地下にあり、地下1階が改札口、地下2階が有楽町線ホーム、地下3階が副都心線ホームという構造になっています。副都心線開業以前地下3階のホームの内装がされておらず、上階の改札との階段も蓋がされた状態で、ここを通る新線池袋方面の列車は全て通過していました。(→副都心線ホーム着工前の有楽町線ホームの様子



B2F有楽町線ホームと副都心線ホームへ向かう階段
<PENTAX K10D・smcPENTAX-DA18-55mmF3.5-5.6AL(18mm)・オート(1/15/F3.5/ISO100)>



改札口付近にある「強風注意」の案内
<PENTAX K10D・smcPENTAX-DA18-55mmF3.5-5.6AL(18mm)・オート(1/20/F6.7/ISO100)>

改札口から地下3階の副都心線ホームへ向かうには一旦地下2階の有楽町線ホームに下りた後、さらに1階分階段を下りる必要があります。千川駅は隣の小竹向原駅の分合流構造(→小竹向原駅の記事)の影響をまだ受けているため有楽町線ホームの幅が狭く、特に小竹向原よりにある副都心線ホームへの階段は幅が2メートルあるか無いかという狭さです。副都心線・有楽町線の列車の進入が重なった場合階段では強風が吹き、また有楽町線の準急列車は千川駅を通過するため、ホームで列車を待つ際は十分注意が必要です。ちなみに、エレベーターの場合は改札口からダイレクトに地下3階のホームへ向かうことができます。



B3F副都心線ホーム
<PENTAX K10D・smcPENTAX-DA18-55mmF3.5-5.6AL(18mm)・オート(1/45/F3.5/ISO100)>

有楽町線ホームと比べ、副都心線ホームは通常の幅を確保しています。新しい駅ということで白を基調とした配色になっています。副都心線の各駅には固有のステーションカラーが設定されていますが、東京メトロのホームページには小竹向原・千川・要町の3駅については紹介されておらず、対象外となっているようです。しかし、駅名板は今後紹介する池袋以降の駅と同じようなデザインとなっており、茶色地に森林?の絵が描かれています。


このエントリーをはてなブックマークに追加
スポンサード リンク

Facebookのコメント

コメント

コメント機能をご利用の際は必ず注意事項のページをご覧ください。
不適切な投稿内容は修正・削除される場合があります。また、内容によっては管理人からのレスが付かない場合がございます。確実に返信が欲しい場合はEメールをご利用ください。

管理者にだけ表示を許可する(管理人からの返信が付きません)


最新記事

首都圏外郭放水路庄和排水機場(2016/10/02)
相鉄・東急直通線建設工事(2016年取材②新綱島~日吉)(2016/09/10)
相鉄・東急直通線建設工事(2016年取材①羽沢~新横浜)(2016/09/07)
相鉄・JR直通線建設工事(2016年6月取材)(2016/08/27)
茨城県・守谷市のマンホール(2016/08/26)
東京メトロ千代田支線北綾瀬駅ホーム延伸工事(2016年6月4日取材)(2016/08/21)
東武伊勢崎線竹ノ塚駅高架化工事(2016年6月4日取材)(2016/08/14)
次期「書籍化」プロジェクトへの道すじ(2016/08/12)
JR飯田橋駅ホーム移設工事(2016年6月取材)(2016/08/06)
東急東横線10両化&関連工事(2015・2016年取材)(2016/08/03)
月別アーカイブ

全記事タイトル一覧

お知らせ

【総武・東京トンネル書籍化プロジェクト】COMIC ZIN様で欠品しておりました「総武・東京トンネル(上・下)」の販売を再開しました。詳しくは→こちら(2016,04,10)
さらに前のお知らせ

おすすめ&スペシャル

「総武・東京トンネル」書籍化プロジェクト 当サイトの前身であるYahoo!ブログから運営通算10周年を記念し、2008年に連載した「建設史から読み解く首都圏の地下鉄道① 総武・東京トンネル」についてほぼ白紙から書き直し、自主制作本(同人誌)にまとめるプロジェクトです。2015年3月のコミケットスペシャル6で総武線区間について取り上げた「上巻」、12月のコミックマーケット89で横須賀線区間について取り上げた「下巻」をそれぞれリリースし、昼過ぎに完売となる大好評となりました。現在書店(COMIC ZIN)様にて絶賛発売中です。

おすすめ記事

@takuya870625 Twitter