潮来・あやめまつり(前川あやめ園)

カテゴリ:公園・風景花・植物 | 公開日:2008年06月14日01:11
※この記事はYahoo!ブログから移行したものです。


TOPに携帯電話からの投稿を出しましたが、先週末の6月7日(土)は茨城県潮来市の「前川あやめ園」にあやめの花を見てきました。

1枚目
前川あやめ園
<PENTAX K10D・smcPENTAX-DA18-55mmF3.5-5.6AL(31mm)・絞り(1/250/F5.6/ISO100)・トリミング>

見ごろは今週末です!


前川あやめ園全景
<PENTAX K10D・smcPENTAX-DA18-55mmF3.5-5.6AL(18mm)・オート(1/250/F6.7/ISO100)>

潮来市のあやめまつりは昭和27年から始まったものです。メインの会場は鹿島線潮来駅から徒歩5分ほどのところにある「前川あやめ園」です。前川あやめ園は昭和51年4月に開園し、その名の通り「前川」という川の河川敷の約3.5haを利用してあやめ(花菖蒲)の栽培が行われています。潮来市にはこうした市営のあやめ園が全部で約3.5Haあり、前川あやめ園はその中でもっとも敷地面積が広いものとなっています。



<PENTAX K10D・smcPENTAX-DA18-55mmF3.5-5.6AL(43mm)・絞り(1/180/F8/ISO100)>



<PENTAX K10D・smcPENTAX-DA18-55mmF3.5-5.6AL(33mm)・絞り(1/180/F6.7/ISO100)>



あやめの花3種
<PENTAX K10D・smcPENTAX-DA18-55mmF3.5-5.6AL(31mm)・絞り(1/250/F5.6/ISO100)>



ハスの花もわずかながら咲いている
<PENTAX K10D・smcPENTAX-FA100-300mmF4.7-5.8(125mm)・絞り(1/180/F11/ISO100)・トリミング>

私が行った先週末はどの場所もとりあえず咲いていますと言う状況(だいたい4~6分咲きくらい)でした。園内には約500種100万株のあやめが植えられており、時期を少しずつずらしながら次々と咲いていきます。潮来市のホームページによると昨日6月13日(金)は8分咲きで、今週末が見ごろとなる見込みです。夜間はあやめのライトアップも行われていますのでこちらも注目です。

水運の歴史を伝える


サッパ舟
<PENTAX K10D・smcPENTAX-DA18-55mmF3.5-5.6AL(18mm)・オート(1/250/F6.7/ISO100)・トリミング>

あやめの花と並んでもう1つの名物となっているのが前川を運航する船です。この木製の船は「櫓(ろ)舟」といい、当地域では「サッパ舟」という別名があります。
そもそも霞ヶ浦沿岸・利根川下流に位置する水郷地域は昭和30年代くらいまでは一面の湿地帯であり、その湿地帯を横断する水路を行く船が交通手段となっていました。鹿島線の十二橋駅の「十二橋」はその水路にかかる橋が12本あったことに由来します。この「十二橋」は北利根川を挟んで2つあり、佐原市側が「加藤洲十二橋」、潮来市側が「前川十二橋」と呼ばれています。その後は農地の開発などに伴い湿地帯が埋め立てられ、サッパ舟も利用されなくなりましたが、毎年6月のあやめまつりの期間に限定して復活するようになっています。前川あやめ園の中央付近に乗り場があり、そこから約40分の前川遊覧を楽しむことができます。



嫁入り舟
<PENTAX K10D・smcPENTAX-DA18-55mmF3.5-5.6AL(28mm)・オート(1/180/F6.7/ISO100)・トリミング>

そのサッパ舟を利用したもう1つのイベントがこの「嫁入り舟」です。この嫁入り舟も水運の衰退と対応して、1970年代には一旦姿を消していましたが、1985年のつくば万博にあわせてイベントとして復活させたのをきっかけとし、あやめまつり期間中のイベントの1つとなり現在も続いています。ちなみに乗船している花嫁は一般公募により決定されています。(つまり、実際に結婚する人です。)

その他


園内の碑。左から「潮来花嫁さん記念碑」「潮来笠記念歌碑」「あやめの碑」
<組写真のためデータ省略>

前川あやめ園にあった碑です。左の2つは歌に関するもののようですが、私はこういった内容はあまり詳しくないので解説は他の方に譲ります・・・(汗)



カオスな空間?
<PENTAX K10D・smcPENTAX-DA18-55mmF3.5-5.6AL(18mm)・オート(1/180/F6.7/ISO100)>

ちょっと気になった場所。
前川あやめ園のうち、一番北利根川に近い部分はこのように雑草がはびこる中にあやめがポツリポツリと植えられています。よく見ると行政が設置した河川区分の標識と「私有地につき立入禁止」の看板が同じ場所に混在する状態となっています。所有権を巡って揉めているのかもしれません。



<PENTAX K10D・smcPENTAX-DA18-55mmF3.5-5.6AL(35mm)・絞り(1/500/F5.6/ISO100)>

ちなみに、お隣佐原市にも「水郷佐原水生植物園」というあやめの咲いている場所があります。こちらは前川あやめ園の約2倍の広さがあるのですが、難点は交通の便の悪さで佐原駅・十二橋駅から3~4km(徒歩40~60分)の距離があり、臨時で運行されているバスの本数もそれほど多くはありません。そのため、今回は駅から近い前川あやめ園に行くことにしました。勘違いをして十二橋駅で降りてしまう人がいるためか、成田線の電車の車内放送では「水生植物園は十二橋駅から徒歩3キロ」「佐原駅から臨時バス」と繰り返しアナウンスがされています。車の免許を取ったらある程度は行きやすくなるのでこちらもぜひ行ってみたいと思いました。

ちなみに、1枚目の写真は背景に鹿島線の電車が入っているところがミソです(こんなとこまで電車かよ!)(爆)

このエントリーをはてなブックマークに追加
スポンサード リンク
テーマ:茨城 ジャンル:地域情報
タグ:  潮来  前川あやめ園  水郷

カテゴリ:花・植物 の最新記事

青梅市梅の公園・・・今年限りで見納め(2014年03月28日作成)
千葉公園の大賀ハス2012(2012年07月12日作成)
靖国神社・千鳥ヶ淵の桜 - 2012年桜めぐり(2)(2012年04月17日作成)
目黒川の桜 - 2012年桜めぐり(1)(2012年04月09日作成)
清水公園(2011年5月8日取材)(2011年10月01日作成)
昇仙峡の紅葉(2010年11月21日取材)(2010年12月01日作成)
昭和記念公園の花々(2010年5月2日取材)(2010年09月13日作成)
神代植物公園(2010年5月2日取材)(2010年08月03日作成)
神宮外苑の銀杏並木(2008年12月15日作成)
養老渓谷の紅葉(2008年12月07日作成)
その他の記事はこちら

Facebookのコメント

コメント

コメント機能をご利用の際は必ず注意事項のページをご覧ください。
不適切な投稿内容は修正・削除される場合があります。また、内容によっては管理人からのレスが付かない場合がございます。確実に返信が欲しい場合はEメールをご利用ください。

管理者にだけ表示を許可する(管理人からの返信が付きません)


最新記事

首都圏外郭放水路庄和排水機場(2016/10/02)
相鉄・東急直通線建設工事(2016年取材②新綱島~日吉)(2016/09/10)
相鉄・東急直通線建設工事(2016年取材①羽沢~新横浜)(2016/09/07)
相鉄・JR直通線建設工事(2016年6月取材)(2016/08/27)
茨城県・守谷市のマンホール(2016/08/26)
東京メトロ千代田支線北綾瀬駅ホーム延伸工事(2016年6月4日取材)(2016/08/21)
東武伊勢崎線竹ノ塚駅高架化工事(2016年6月4日取材)(2016/08/14)
次期「書籍化」プロジェクトへの道すじ(2016/08/12)
JR飯田橋駅ホーム移設工事(2016年6月取材)(2016/08/06)
東急東横線10両化&関連工事(2015・2016年取材)(2016/08/03)
月別アーカイブ

全記事タイトル一覧

お知らせ

【総武・東京トンネル書籍化プロジェクト】COMIC ZIN様で欠品しておりました「総武・東京トンネル(上・下)」の販売を再開しました。詳しくは→こちら(2016,04,10)
さらに前のお知らせ

おすすめ&スペシャル

「総武・東京トンネル」書籍化プロジェクト 当サイトの前身であるYahoo!ブログから運営通算10周年を記念し、2008年に連載した「建設史から読み解く首都圏の地下鉄道① 総武・東京トンネル」についてほぼ白紙から書き直し、自主制作本(同人誌)にまとめるプロジェクトです。2015年3月のコミケットスペシャル6で総武線区間について取り上げた「上巻」、12月のコミックマーケット89で横須賀線区間について取り上げた「下巻」をそれぞれリリースし、昼過ぎに完売となる大好評となりました。現在書店(COMIC ZIN)様にて絶賛発売中です。

おすすめ記事

@takuya870625 Twitter