愛宕山・NHK放送博物館(東京都港区)

カテゴリ:公共施設博物館・美術館 | 公開日:2008年08月01日00:01
カメラ:CanonPowerShotA700 レンズ焦点距離:6mm 露出モード:オート(シャッター速度:1/250秒 絞り:F4 感度:オート)
愛宕山の下を貫く愛宕トンネル

しばらく人工物の記事が続いたので、自然を感じていただきましょう(?)今回は先々週(7月20日)訪問した、東京都港区の「愛宕山」です。

■愛宕山の生い立ち

詳しい地図で見る

愛宕山は港区北東部に位置する標高25.7mの山で、東京23区内の天然の山としては最高峰となっています。かつては「江戸城の堀を掘削した際に出た残土を盛った」という説もあったようですが、地質調査の結果関東ローム層で形成された天然の山であることが判明しています。しかし、周辺は平坦な地形で、なぜこのような山ができたのか未だに解明されていないようです。
平坦な地形の中に孤立した山という地形を生かし、1925(大正14)年にはここ愛宕山におかれた「東京放送局(JOAK:現在のNHKラジオ第1・AMラジオ放送)」により日本初のラジオ放送が送信されました。また、1930(昭和5)年には山の直下を貫く「愛宕トンネル」が建設されました。現在は一角に森ビルが開発したオフィスビル「愛宕グリーンヒルズMORIタワー(地上42階・地下2階、2001年竣工)」、賃貸マンション「愛宕グリーンヒルズフォレストタワー(地上42階・地下4階、戸数354、2001年竣工)」、が建ち、武蔵野の面影を残す豊かな自然と現代の高層ビルが同居する、東京では典型的な光景が広がっています。

■愛宕神社
カメラ:CanonPowerShotA700 レンズ焦点距離:6mm 露出モード:オート(シャッター速度:1/40秒 絞り:F2.8 感度:オート)
愛宕神社

カメラ:CanonPowerShotA700 レンズ焦点距離:6mm 露出モード:オート(シャッター速度:1/20秒 絞り:F4.5 感度:オート) カメラ:CanonPowerShotA700 レンズ焦点距離:6mm 露出モード:オート(シャッター速度:1/60秒 絞り:F2.8 感度:オート)
左:境内の池 右:出世の石段(男坂) ※クリックで拡大します。

愛宕山の頂上には「愛宕神社」があります。愛宕神社の由来は同社のホームページに寄れば「1603(慶長8)年、時の将軍徳川家康の命令により防火の神として祀られたこと」とされています。また、日本各地に存在する「愛宕神社」との関係は「江戸に出てきた地方藩の武士達が江戸の愛宕の御分霊を持ち帰って地元の丘に祀った」というもので、京都の愛宕神社(京都市右京区)との関係は「どちらが本社ということはなく同格という扱い」とされているそうです。
本殿の前には麓から45度くらいの角度で一気に上る「出世の石段(男坂)」があります。上から眺めると「足がすくむ」ほど急な階段です。「愛宕神社へ行くにはこの階段を上るの?」と心配した方、どうぞご安心ください。現在は愛宕トンネルの脇に「愛宕山エレベータ」があり、1分ほどで頂上まで上ることができるようになっています。

■NHK放送博物館
カメラ:CanonPowerShotA700 レンズ焦点距離:6mm 露出モード:オート(シャッター速度:1/500秒 絞り:F4 感度:オート)
NHK放送博物館

愛宕神社本殿の左にあるのが、前述のラジオ送信所跡を利用して建てられた「NHK放送博物館」です。1956(昭和31)年に開館したこのNHK放送博物館にはNHKでこれまで使用されてきた放送技術、機材などが展示されているほか、過去の番組の視聴、放送関連の文献を閲覧などができます。特に興味を持ったのは放送機材のコーナーで、大人3人分くらいの大きさはあろうかという巨大なカメラやピンポン球くらいの大きさのピンマイク(これでピンマイクと言えるか??)など、私のような機械マニアにとっては見逃せない展示物がたくさんありました。企画展も行われており、入館も無料なので近くを通ったらまた訪問してみたいと思いました。

カメラ:CanonPowerShotA700 レンズ焦点距離:20mm 露出モード:オート(シャッター速度:1/80秒 絞り:F3.5 感度:オート) トリミング済み
おまけ:あまりの暑さのため木の下でのびていたネコ

▼参考
愛宕神社ホームページ
愛宕グリーンヒルズ|プロジェクト|MORI BUILDING - 森ビル株式会社
NHK放送博物館 このエントリーをはてなブックマークに追加
スポンサード リンク
テーマ:日帰りお出かけ ジャンル:旅行
タグ:  愛宕山  NHK  博物館

カテゴリ:博物館・美術館 の最新記事

愛宕山・NHK放送博物館(東京都港区)(2008年08月01日作成)
東京都庭園美術館(2008年04月27日作成)
大ロボット博(国立科学博物館)(2008年02月16日作成)
日本科学未来館&「地下展」(2007年12月13日作成)
千葉市花の美術館(10月18日無料開放)(2007年10月19日作成)
男鹿和雄展@東京都現代美術館(2007年08月27日作成)
江戸東京たてもの園(東京都小金井市)(2007年05月05日作成)
大多喜城と大多喜の町並み(2007年04月11日作成)
MOA美術館(2006年09月04日作成)
その他の記事はこちら

Facebookのコメント

コメント

コメント機能をご利用の際は必ず注意事項のページをご覧ください。
不適切な投稿内容は修正・削除される場合があります。また、内容によっては管理人からのレスが付かない場合がございます。確実に返信が欲しい場合はEメールをご利用ください。

管理者にだけ表示を許可する(管理人からの返信が付きません)


最新記事

首都圏外郭放水路庄和排水機場(2016/10/02)
相鉄・東急直通線建設工事(2016年取材②新綱島~日吉)(2016/09/10)
相鉄・東急直通線建設工事(2016年取材①羽沢~新横浜)(2016/09/07)
相鉄・JR直通線建設工事(2016年6月取材)(2016/08/27)
茨城県・守谷市のマンホール(2016/08/26)
東京メトロ千代田支線北綾瀬駅ホーム延伸工事(2016年6月4日取材)(2016/08/21)
東武伊勢崎線竹ノ塚駅高架化工事(2016年6月4日取材)(2016/08/14)
次期「書籍化」プロジェクトへの道すじ(2016/08/12)
JR飯田橋駅ホーム移設工事(2016年6月取材)(2016/08/06)
東急東横線10両化&関連工事(2015・2016年取材)(2016/08/03)
月別アーカイブ

全記事タイトル一覧

お知らせ

【総武・東京トンネル書籍化プロジェクト】COMIC ZIN様で欠品しておりました「総武・東京トンネル(上・下)」の販売を再開しました。詳しくは→こちら(2016,04,10)
さらに前のお知らせ

おすすめ&スペシャル

「総武・東京トンネル」書籍化プロジェクト 当サイトの前身であるYahoo!ブログから運営通算10周年を記念し、2008年に連載した「建設史から読み解く首都圏の地下鉄道① 総武・東京トンネル」についてほぼ白紙から書き直し、自主制作本(同人誌)にまとめるプロジェクトです。2015年3月のコミケットスペシャル6で総武線区間について取り上げた「上巻」、12月のコミックマーケット89で横須賀線区間について取り上げた「下巻」をそれぞれリリースし、昼過ぎに完売となる大好評となりました。現在書店(COMIC ZIN)様にて絶賛発売中です。

おすすめ記事

@takuya870625 Twitter