東京駅赤レンガ駅舎復原工事開始

※この記事はYahoo!ブログから移行したものです。


このブログでも幾度と無く採り上げている東京駅の再開発事業「トウキョウステーションシティ」プロジェクトの続報です。八重洲側の再開発が次々と完成する一方で、入札関連の問題もあって動きの無かった丸ノ内側ですが、今年に入っていよいよ赤レンガ駅舎の本格的な復原工事が始まりました。

1枚目
重機が搬入された南口ドーム前。

免震装置+地階の建設も


足場で天井が見えなくなった北口ドーム内。

丸ノ内赤レンガ駅舎は1914(大正3)年に完成しました。その後発生した関東大震災では無傷でしたが、1945(昭和20)年の東京大空襲では駅舎の屋根と3階部分を焼失し、八角形の形の屋根で仮復旧された状態で現在に至っています。今回東京駅全体が再開発されるのにあわせ、この焼失した部分を復原することになりました。復原は外観のみならず、北・南双方のドーム内部の内装にも及んでおり、創建当時に存在した「花飾りのレリーフ」「鷲の彫刻」など美しい装飾品が再び見られることになります。完成は2011年度を予定しています。



コンクリートのプラントが置かれている駅前広場。左の筒状の物体は総武地下駅の排気塔。

工事は単にもとの形に作り直すだけでなく、今後の永久保存に耐えうる構造とするため基礎全体(※)に免震装置が組み込まれます。さらに免震装置の下に2層地下室が作られ、駐車場やホテルの床面積不足を補う形になる予定です。現在、駅舎内外では地下の掘削工事が行われており、大型の重機が駅前広場を占領する状態になっています。
地下を掘削するというと駅舎に歪みが発生するのではと不安になりますが、この赤レンガ駅舎に関しては1972(昭和47)年の総武快速線建設の際に北口ドーム地下の掘削を行っており、その際駅舎には全く歪みは発生しなかったことから駅舎には十分な強度があると考えられます。また、このような既存の建物の地下を掘削する「アンダーピニング」は地下鉄建設を多数経験している日本ではもはや「お家芸」ともいえる技術であり、その高い技術力も考えれば今回の工事でも歪みが発生する可能性はほぼ無いと見てよいでしょう。

(※)余談ですが、北口ドーム地下の総武線の構造物と赤レンガ駅舎の床下の隙間は1~2mほどしかありません。この狭い空間にどのように免震装置を組み込むのか気になるところです。

(撮影日:2008年4月12日)



このエントリーをはてなブックマークに追加
スポンサード リンク

カテゴリ:東京駅復原・再開発 の最新記事

東京駅復原工事完成!ライトアップも開始!(2012年10月6日取材)(2012年11月02日作成)
東京駅復原まもなく完成!(その2:TOKYO STATION VISION・今後の予定)(2012年09月28日作成)
東京駅復原まもなく完成!(その1:復原工事の現状)(2012年09月27日作成)
東京駅赤レンガ駅舎復原工事(2012年6月15日取材)(2012年06月16日作成)
全貌を現した赤レンガ駅舎とJPタワー…東京駅再開発2012年春(2012年04月13日作成)
東京駅再開発の状況2011年(2011年12月10日作成)
東京駅再開発の状況2010年(2010年10月11日作成)
東京駅再開発の状況2009年(2009年12月18日作成)
東京駅赤レンガ駅舎復原工事開始(2008年05月05日作成)
東京駅夜景from大丸東京店(2008年03月12日作成)
その他の記事はこちら
<<<新しい記事:芝桜とSLを…@携帯  
古い記事:東武伊勢崎線@梅島>>>

Facebookのコメント

コメント

コメント機能をご利用の際は必ず注意事項のページをご覧ください。
不適切な投稿内容は修正・削除される場合があります。また、内容によっては管理人からのレスが付かない場合がございます。確実に返信が欲しい場合はEメールをご利用ください。

管理者にだけ表示を許可する(管理人からの返信が付きません)


最新記事

首都圏外郭放水路庄和排水機場(2016/10/02)
相鉄・東急直通線建設工事(2016年取材②新綱島~日吉)(2016/09/10)
相鉄・東急直通線建設工事(2016年取材①羽沢~新横浜)(2016/09/07)
相鉄・JR直通線建設工事(2016年6月取材)(2016/08/27)
茨城県・守谷市のマンホール(2016/08/26)
東京メトロ千代田支線北綾瀬駅ホーム延伸工事(2016年6月4日取材)(2016/08/21)
東武伊勢崎線竹ノ塚駅高架化工事(2016年6月4日取材)(2016/08/14)
次期「書籍化」プロジェクトへの道すじ(2016/08/12)
JR飯田橋駅ホーム移設工事(2016年6月取材)(2016/08/06)
東急東横線10両化&関連工事(2015・2016年取材)(2016/08/03)
月別アーカイブ

全記事タイトル一覧

お知らせ

【総武・東京トンネル書籍化プロジェクト】COMIC ZIN様で欠品しておりました「総武・東京トンネル(上・下)」の販売を再開しました。詳しくは→こちら(2016,04,10)
さらに前のお知らせ

おすすめ&スペシャル

「総武・東京トンネル」書籍化プロジェクト 当サイトの前身であるYahoo!ブログから運営通算10周年を記念し、2008年に連載した「建設史から読み解く首都圏の地下鉄道① 総武・東京トンネル」についてほぼ白紙から書き直し、自主制作本(同人誌)にまとめるプロジェクトです。2015年3月のコミケットスペシャル6で総武線区間について取り上げた「上巻」、12月のコミックマーケット89で横須賀線区間について取り上げた「下巻」をそれぞれリリースし、昼過ぎに完売となる大好評となりました。現在書店(COMIC ZIN)様にて絶賛発売中です。

おすすめ記事

@takuya870625 Twitter