東京都庭園美術館

カテゴリ:公共施設博物館・美術館 | 公開日:2008年04月27日15:21
※この記事はYahoo!ブログから移行したものです。


3月30日(日)の続きです。国立科学博物館付属自然教育園の次は隣接している東京都庭園美術館に行きました。

1枚目
東京都庭園美術館の入口
<CanonPowerShotA700・(6mm)・オート(1/60/F2.8/感度オート)>

アール・デコ様式


桜が満開。奥が展示室のある旧朝香宮邸の建物。
<CanonPowerShotA700・(6mm)・オート(1/80/F4/感度オート)>

東京都庭園美術館は地図をご覧いただければわかりますが、隣接する国立科学博物館付属自然教育園の一部を間借りするような形になっています。展示室の建物は1933年に朝香宮鳩彦王(1947年に皇籍離脱)の邸宅として利用されていたもので、外務大臣公邸などを経て、東京都に買い取られ美術館として公開されるようになったものです。建物のデザインは建設当時流行していた「アール・デコ様式」(幾何学模様が中心のデザイン)で、東京都の有形文化財に指定されています。「庭園」の名の通り展示室前には和風・洋風の庭園があり、様々な植物が植えられています。

開館時間 10:00~18:00(入館は17:30まで)
休館日 毎月第2・4水曜日(祝日の場合は翌日)・年末年始・展示準備期間
入館料 展示により異なる。庭園のみの入場は大人200円、大学生160円、中高生65歳以上100円




庭園から眺めた展示室の建物。
<CanonPowerShotA700・(6mm)・オート(1/60/F3.5/感度オート)>

この日東京都庭園美術館に訪れた理由はここで開催中だった展示会「建築の記憶」の無料券が偶然手に入ったためです。室内は撮影禁止だったため写真はありませんが、近代の日本の建築様式を記録した写真や非常に詳細なスケッチなど、興味深い展示がたくさんありました。また、この美術館の建物自体も非常に凝ったつくりで、そちらにも興味を惹かれました。不定期ながら建物内を撮影できる機会もあるようなので、都合がつけばまた行ってみたいと思いました。
展示会関係でもう1つ面白いと思ったのは展示会に関係する服装をして行くと入館料の割引が受けられる(ドレスコード割引)という点です。このとき行われていた「建築の記憶」では建築物や風景の絵が入った服、現在行われている「オールドノリタケとなつかしの洋食器」ではフルーツの模様が入った服なら団体料金で入館できるというものです。



左:和風庭園と茶室。
<CanonPowerShotA700・(6mm)・オート(1/25/F2.8/感度オート)>
右:西洋庭園。ここも桜が満開。
<CanonPowerShotA700・(6mm)・オート(1/60/F2.8/感度オート)>

建物の前は和風・洋風の庭園が広がっています。和風庭園には小さいながら茶室もあり、この日は茶会でも行われていたのか、着物姿の女性が何名か出入りしていました。美術館に入るのと時を同じくして雨が降ってきてしまいましたが、密集して生えている木々が屋根代わりになってあまり濡れることはありませんでした。
このエントリーをはてなブックマークに追加
スポンサード リンク
テーマ:東京 ジャンル:地域情報
タグ:  東京都庭園美術館

カテゴリ:博物館・美術館 の最新記事

愛宕山・NHK放送博物館(東京都港区)(2008年08月01日作成)
東京都庭園美術館(2008年04月27日作成)
大ロボット博(国立科学博物館)(2008年02月16日作成)
日本科学未来館&「地下展」(2007年12月13日作成)
千葉市花の美術館(10月18日無料開放)(2007年10月19日作成)
男鹿和雄展@東京都現代美術館(2007年08月27日作成)
江戸東京たてもの園(東京都小金井市)(2007年05月05日作成)
大多喜城と大多喜の町並み(2007年04月11日作成)
MOA美術館(2006年09月04日作成)
その他の記事はこちら

Facebookのコメント

コメント

コメント機能をご利用の際は必ず注意事項のページをご覧ください。
不適切な投稿内容は修正・削除される場合があります。また、内容によっては管理人からのレスが付かない場合がございます。確実に返信が欲しい場合はEメールをご利用ください。

管理者にだけ表示を許可する(管理人からの返信が付きません)


最新記事

首都圏外郭放水路庄和排水機場(2016/10/02)
相鉄・東急直通線建設工事(2016年取材②新綱島~日吉)(2016/09/10)
相鉄・東急直通線建設工事(2016年取材①羽沢~新横浜)(2016/09/07)
相鉄・JR直通線建設工事(2016年6月取材)(2016/08/27)
茨城県・守谷市のマンホール(2016/08/26)
東京メトロ千代田支線北綾瀬駅ホーム延伸工事(2016年6月4日取材)(2016/08/21)
東武伊勢崎線竹ノ塚駅高架化工事(2016年6月4日取材)(2016/08/14)
次期「書籍化」プロジェクトへの道すじ(2016/08/12)
JR飯田橋駅ホーム移設工事(2016年6月取材)(2016/08/06)
東急東横線10両化&関連工事(2015・2016年取材)(2016/08/03)
月別アーカイブ

全記事タイトル一覧

お知らせ

【総武・東京トンネル書籍化プロジェクト】COMIC ZIN様で欠品しておりました「総武・東京トンネル(上・下)」の販売を再開しました。詳しくは→こちら(2016,04,10)
さらに前のお知らせ

おすすめ&スペシャル

「総武・東京トンネル」書籍化プロジェクト 当サイトの前身であるYahoo!ブログから運営通算10周年を記念し、2008年に連載した「建設史から読み解く首都圏の地下鉄道① 総武・東京トンネル」についてほぼ白紙から書き直し、自主制作本(同人誌)にまとめるプロジェクトです。2015年3月のコミケットスペシャル6で総武線区間について取り上げた「上巻」、12月のコミックマーケット89で横須賀線区間について取り上げた「下巻」をそれぞれリリースし、昼過ぎに完売となる大好評となりました。現在書店(COMIC ZIN)様にて絶賛発売中です。

おすすめ記事

@takuya870625 Twitter