地下鉄副都心線建設状況2008年2・・・副都心線の区間と試運転

※この記事はYahoo!ブログから移行したものです。



前回の記事では副都心線の既開業区間である有楽町新線(小竹向原~新線池袋)についてお伝えしました。続く今回は副都心線区間の状況ですが、昨年のように区間全てを周るのは非常に時間がかかるため、今回は既設路線と交差する駅のみをピックアップして記事にしたいと思います。

新宿三丁目駅


新宿三丁目駅のコンコース
<CanonPowerShotA700・(6mm)・オート(Tv1/60/F2.8/感度オート)>

新宿三丁目駅では丸ノ内線と交差します。副都心線の駅は明治通りの直下、丸ノ内線の駅の東端(四ッ谷寄り)付近から高島屋タイムズスクエア付近にかけて建設されています。副都心線ホームは地下1階のコンコースのほか、地下2階の丸ノ内線ホームからも直接連絡します。副都心線の駅はホーム階とコンコース階の間の一部が吹き抜けになっているとのことです。
昨年訪問時は連絡通路を設置する工事の真っ最中で、丸ノ内線のコンコースの内装が全て取り外されていましたが、現在は新しい内装が完成し、副都心線の駅への連絡通路は仮設の柵で仕切っているだけの状態になっています。壁面は21世紀の新しい駅にふさわしく液晶ディスプレイを多数埋め込み、動画広告を流すことができるようになっています。この日は駅と直結している伊勢丹のコマーシャルが流れていました。

明治神宮前駅


左:副都心線仕様に改修された明治神宮前駅5番出口
<CanonPowerShotA700・(6mm)・オート(Tv1/25/F2.8/感度オート)>
右:千代田線ホーム上の仮囲い
<CanonPowerShotA700・(6mm)・オート(Tv1/40/F2.8/感度オート)>

明治神宮前駅では千代田線と交差します。副都心線の駅は新宿三丁目駅と同じく明治通りの直下、千代田線の駅の東端(霞ヶ関寄り)に建設中で、ここでも地下1階のコンコースのほか、千代田線ホームから直接連絡する予定です。千代田線ホームではこの連絡通路を設置する工事が行われており、ホーム上に1箇所囲いができています。また、副都心線建設にあわせ、地上の出入り口の改修が行われました。

渋谷駅


半蔵門線・田園都市線渋谷駅の券売機と改札口
<CanonPowerShotA700・(6mm)・オート(Tv1/60/F2.8/感度オート)>

渋谷駅では半蔵門線・東急田園都市線と交差します。副都心線の駅は東口バスターミナルの直下に建設中で、折返しに備えた2面4線の大規模なものとなっています。設計は有名な建築家安藤忠雄氏で、新宿三丁目駅と同じくホーム階から改札階まで大きな吹き抜けが設けられており、空調機器を減らすことで環境負荷を低減できるというものだそうです。
副都心線の駅は半蔵門線のホームとは完全には重ならない場所にあります。3月現在、半蔵門線・田園都市線ホームでは改札階に出るエレベータ設置以外の工事は行われておらず、位置関係も勘案すると半蔵門線ホームと副都心線ホームを直接結ぶ通路は設置されないようです。このため半蔵門線・田園都市線と副都心線の乗り換えは地下1階の改札階を経由する形になりますが、田園都市線は日本でも有数の混雑路線であり、朝夕のラッシュ時はエスカレータや階段が「渋滞」することが予想されます。



東急仕様の発車案内板
<CanonPowerShotA700・(7mm)・オート(Tv1/15/F2.8/感度オート)>

また、副都心線は2012年より東急東横線と直通運転する予定となっています。このため、副都心線の渋谷駅は開業時から東急電鉄が管理することになっており、これにあわせ、昨年12月2日より半蔵門線・田園都市線の駅も管理が東京メトロから東急電鉄に移管されました。駅名板や発車案内表示などのフォーマットも全てメトロ仕様から東急仕様に変更されています。

試運転も本格化

新線池袋駅に到着する副都心線試運転列車(動画)

施設が一通り完成したため、2月頃より副都心線内の試運転が本格化しています。試運転は主に日中に行われており、副都心線の入口になる新線池袋駅は時間帯によっては有楽町新線の営業列車よりも副都心線の試運転列車のほうが多いという異常な状態になっています。試運転には当然のことながら副都心線に入る全車種が使用されており、将来の東急東横線乗り入れに備えて8両編成に短縮された7000系も見ることができます。
なお、新線池袋駅では副都心線側の列車接近を検知するシステムが未整備のためか(もしくは混乱防止のため意図的に停止させているのか)、副都心線側から来る列車は案内放送がなく突然入線してきます。新線池袋駅では一昨日4月1日からホームドアの使用を開始しましたが、使用開始を前倒しにしたのはこのあたりの事情も関係しているのかもしれません。



●副都心線用の車両について。
【速報】東京メトロ10000系撮影会(2006年9月30日)
東京メトロ10000系の車内(2007年5月12日)
西武6000系東京メトロ副都心線直通改造車(2007年5月11日)
※このほか、東武9000系も一部が副都心線対応に改造され、乗り入れる。

※2009年1月31日動画をYouTubeに移転
このエントリーをはてなブックマークに追加
スポンサード リンク

Facebookのコメント

コメント

コメント機能をご利用の際は必ず注意事項のページをご覧ください。
不適切な投稿内容は修正・削除される場合があります。また、内容によっては管理人からのレスが付かない場合がございます。確実に返信が欲しい場合はEメールをご利用ください。

管理者にだけ表示を許可する(管理人からの返信が付きません)


最新記事

首都圏外郭放水路庄和排水機場(2016/10/02)
相鉄・東急直通線建設工事(2016年取材②新綱島~日吉)(2016/09/10)
相鉄・東急直通線建設工事(2016年取材①羽沢~新横浜)(2016/09/07)
相鉄・JR直通線建設工事(2016年6月取材)(2016/08/27)
茨城県・守谷市のマンホール(2016/08/26)
東京メトロ千代田支線北綾瀬駅ホーム延伸工事(2016年6月4日取材)(2016/08/21)
東武伊勢崎線竹ノ塚駅高架化工事(2016年6月4日取材)(2016/08/14)
次期「書籍化」プロジェクトへの道すじ(2016/08/12)
JR飯田橋駅ホーム移設工事(2016年6月取材)(2016/08/06)
東急東横線10両化&関連工事(2015・2016年取材)(2016/08/03)
月別アーカイブ

全記事タイトル一覧

お知らせ

【総武・東京トンネル書籍化プロジェクト】COMIC ZIN様で欠品しておりました「総武・東京トンネル(上・下)」の販売を再開しました。詳しくは→こちら(2016,04,10)
さらに前のお知らせ

おすすめ&スペシャル

「総武・東京トンネル」書籍化プロジェクト 当サイトの前身であるYahoo!ブログから運営通算10周年を記念し、2008年に連載した「建設史から読み解く首都圏の地下鉄道① 総武・東京トンネル」についてほぼ白紙から書き直し、自主制作本(同人誌)にまとめるプロジェクトです。2015年3月のコミケットスペシャル6で総武線区間について取り上げた「上巻」、12月のコミックマーケット89で横須賀線区間について取り上げた「下巻」をそれぞれリリースし、昼過ぎに完売となる大好評となりました。現在書店(COMIC ZIN)様にて絶賛発売中です。

おすすめ記事

@takuya870625 Twitter