聖路加ガーデン47F展望室 - 昼の隅田川テラスを歩く(2)

※この記事はYahoo!ブログから移行したものです。


前回の記事で夜景を撮る際に周ったルートをトレースすると書きましたが、川沿いの施設も例外ではありません。ということで次は勝鬨橋~佃大橋の間にある聖路加ガーデンの展望室に向かいます。


1枚目
勝鬨橋から見た聖路加ガーデン(左の高いビル)
<PENTAX K10D・smcPENTAX-DA18-55mmAL(33mm)・絞り(1/45/F22/ISO100)>

富士山が見えた!

※重要:聖路加ガーデン展望室は2010年7月15日をもって閉鎖されました。現在は開放されておりません。ご注意ください。



展望室から豊洲方面を見る。
<PENTAX K10D・smcPENTAX-DA18-55mmAL(18mm)・オート(1/250/F6.7/ISO100)>

聖路加ガーデンはオフィス棟の「聖路加ガーデン」とレジデンス棟の「聖路加レジデンス」の2棟から成る施設です。レジデンス棟には新阪急ホテルと隣接する聖路加国際病院と連携した高齢者向け賃貸マンションが入居しています。大川端リバーシティ21などと並んで隅田川下流部の風景を作る重要な要素とも成っています。(「先述の「関連記事」も参照。)
この聖路加ガーデンの47階は入館無料の展望室になっています。9:00~20:30の開館ですが、あまり有名な場所ではないためか昼夜を問わず人はまばらで、「隠れた眺望スポット」と呼ぶにふさわしい施設でもあります。




汐留・芝浦方面を見る。
<PENTAX K10D・smcPENTAX-DA18-55mmAL(18mm)・オート(1/250/F6.7/ISO100)>



富士山もよく見えた。
<PENTAX K10D・smcPENTAX-FA100-300mm(135mm)・オート(1/250/F8/ISO100)>

展望室はレストランとの兼ね合いで見えるのが東・南向きに制限されています。この日は晴天で、さらに前日が強風だったこともあり、空気がとても澄んでいました。そのため、幕張新都心や横浜みなとみらいの高層ビル、さらに東京タワーの脇には富士山の姿まではっきりと見ることができました。

(撮影日:2008年2月14日)
このエントリーをはてなブックマークに追加
スポンサード リンク
テーマ:東京 ジャンル:地域情報
タグ:  聖路加ガーデン  展望室

Facebookのコメント

コメント

コメント機能をご利用の際は必ず注意事項のページをご覧ください。
不適切な投稿内容は修正・削除される場合があります。また、内容によっては管理人からのレスが付かない場合がございます。確実に返信が欲しい場合はEメールをご利用ください。

管理者にだけ表示を許可する(管理人からの返信が付きません)


最新記事

首都圏外郭放水路庄和排水機場(2016/10/02)
相鉄・東急直通線建設工事(2016年取材②新綱島~日吉)(2016/09/10)
相鉄・東急直通線建設工事(2016年取材①羽沢~新横浜)(2016/09/07)
相鉄・JR直通線建設工事(2016年6月取材)(2016/08/27)
茨城県・守谷市のマンホール(2016/08/26)
東京メトロ千代田支線北綾瀬駅ホーム延伸工事(2016年6月4日取材)(2016/08/21)
東武伊勢崎線竹ノ塚駅高架化工事(2016年6月4日取材)(2016/08/14)
次期「書籍化」プロジェクトへの道すじ(2016/08/12)
JR飯田橋駅ホーム移設工事(2016年6月取材)(2016/08/06)
東急東横線10両化&関連工事(2015・2016年取材)(2016/08/03)
月別アーカイブ

全記事タイトル一覧

お知らせ

【総武・東京トンネル書籍化プロジェクト】COMIC ZIN様で欠品しておりました「総武・東京トンネル(上・下)」の販売を再開しました。詳しくは→こちら(2016,04,10)
さらに前のお知らせ

おすすめ&スペシャル

「総武・東京トンネル」書籍化プロジェクト 当サイトの前身であるYahoo!ブログから運営通算10周年を記念し、2008年に連載した「建設史から読み解く首都圏の地下鉄道① 総武・東京トンネル」についてほぼ白紙から書き直し、自主制作本(同人誌)にまとめるプロジェクトです。2015年3月のコミケットスペシャル6で総武線区間について取り上げた「上巻」、12月のコミックマーケット89で横須賀線区間について取り上げた「下巻」をそれぞれリリースし、昼過ぎに完売となる大好評となりました。現在書店(COMIC ZIN)様にて絶賛発売中です。

おすすめ記事

@takuya870625 Twitter