多摩都市モノレール

※この記事はYahoo!ブログから移行したものです。


京王百草園梅まつりに行った3月1日(土)の続きです。この日は百草園に寄った後、昼食のため隣の高幡不動駅に向かいました。高幡不動駅に乗り入れている多摩都市モノレールは昨年10月に乗ったものの、記事を作成しないまま放置してしまっていたためこの機会に記事にします。ちなみに、この日は多摩都市モノレールには乗らず、京王線で新宿方面に戻りました。

1枚目
多摩都市モノレール1000形。高幡不動駅にて。
<CanonPowerShotA700・(6mm)・オート(Tv1/60/F3.2/感度オート)>

多摩地区の「縦」の連絡


地形や交差する道路などにあわせアップダウンが続く。高幡不動駅にて。
<CanonPowerShotA700・(35mm)・オート(Tv1/500/F4.8/感度オート)>

多摩都市モノレールは小田急多摩線・京王相模原線の多摩センター駅から、京王線の高幡不動駅、JR中央線の立川駅、西武拝島線の玉川上水駅を通り、東大和市の上北台駅の間全長16kmを結んでいます。1998年に北半分の上北台~立川北間、2000年に残りの区間が開通して現在の形になりました。都心へ通じるJR・私鉄各線と交差しており、普段はそこへ向かうための地域輸送に徹する一方、いずれかの路線が事故で運行を停止した際は振り替え輸送ルートとして威力を発揮します。この点、多摩都市モノレールが担う南北方向(地図上では「縦」)の結節は非常に重要となっています。



ホームドアとホーム監視モニター。立川南駅にて。
<CanonPowerShotA700・(mm)・オート(Tv1/60/F3.5/感度オート)>

モノレールには大きく分けて「跨座式」と「懸垂式」の2種類があります。多摩都市モノレールは前者のうちの1方式で、東京モノレールで採用された「アルヴェーグ式」を改良した「日本跨座式」と呼ばれるものです。これは「アルヴェーグ式」でタイヤハウスが室内に出っ張るという欠点を床を高くすることで解消したものです。しかしこれにより重心が高くなってしまい、脱線防止のためカーブの通過速度が極端に落とさなければならないという別の欠点が生じることになりました。東京モノレールが60~70km/hで通過しているカーブを、多摩都市モノレールでは30~40km/hで通過することになり、軌道下の一般道を走る車に追い抜かれることも多々あります。
保安装置はCS-ATCのほか、ワンマン運転を行うことからホームドアを完備しています。ATC採用ですが、ハンドル操作の参考にするためか軌道桁にも制限速度が書かれています。
駅構内の放送にはチャイム・メロディ類の一部にJR東日本で使われているものが使用されています。JRと資本関係などは一切無く、珍しい例といえます。

2000年の運輸政策審議会第18号答申では上北台駅~(JR八高線)箱根ヶ崎駅間7kmの延伸を2015年までに整備すべきとされており、新青梅街道など一部の道路は上空をモノレールの軌道敷にすることを考慮し拡幅が行われる予定になっています。しかし、建設費がかさんだことから採算性に問題が生じており、着工の時期など今後の動向が注目されます。

(撮影日:2007年10月28日(日))

このエントリーをはてなブックマークに追加
スポンサード リンク
テーマ:鉄道 ジャンル:趣味・実用
タグ:  多摩都市モノレール  延伸  鉄道

カテゴリ:鉄道:民鉄・公営の車両 の最新記事

千葉モノレール「俺の妹がこんなに可愛いわけがない。」コラボラッピング(2013年05月25日作成)
千葉モノレール「URBAN FLYER 0-type」(2:車内・デビュー記念イベント編)(2012年07月28日作成)
千葉モノレール「URBAN FLYER 0-type」(1:概要・車外編)(2012年07月26日作成)
銚子電鉄2010(2010年8月19日)(2010年12月10日作成)
横浜市営地下鉄グリーンライン(2008年10月03日作成)
秩父鉄道(写真は失敗です・・・)(2008年05月30日作成)
多摩都市モノレール(2008年03月15日作成)
湘南モノレール(2007年10月17日作成)
ちょっと遅いですが・・・夏の江ノ電(2007年10月16日作成)
茨城交通湊線第三セクターで存続へ(2007年10月02日作成)
その他の記事はこちら
<<<新しい記事:東京都日野市のマンホール
古い記事:東急7000系(新)>>>

Facebookのコメント

コメント

コメント機能をご利用の際は必ず注意事項のページをご覧ください。
不適切な投稿内容は修正・削除される場合があります。また、内容によっては管理人からのレスが付かない場合がございます。確実に返信が欲しい場合はEメールをご利用ください。

管理者にだけ表示を許可する(管理人からの返信が付きません)


最新記事

首都圏外郭放水路庄和排水機場(2016/10/02)
相鉄・東急直通線建設工事(2016年取材②新綱島~日吉)(2016/09/10)
相鉄・東急直通線建設工事(2016年取材①羽沢~新横浜)(2016/09/07)
相鉄・JR直通線建設工事(2016年6月取材)(2016/08/27)
茨城県・守谷市のマンホール(2016/08/26)
東京メトロ千代田支線北綾瀬駅ホーム延伸工事(2016年6月4日取材)(2016/08/21)
東武伊勢崎線竹ノ塚駅高架化工事(2016年6月4日取材)(2016/08/14)
次期「書籍化」プロジェクトへの道すじ(2016/08/12)
JR飯田橋駅ホーム移設工事(2016年6月取材)(2016/08/06)
東急東横線10両化&関連工事(2015・2016年取材)(2016/08/03)
月別アーカイブ

全記事タイトル一覧

お知らせ

【総武・東京トンネル書籍化プロジェクト】COMIC ZIN様で欠品しておりました「総武・東京トンネル(上・下)」の販売を再開しました。詳しくは→こちら(2016,04,10)
さらに前のお知らせ

おすすめ&スペシャル

「総武・東京トンネル」書籍化プロジェクト 当サイトの前身であるYahoo!ブログから運営通算10周年を記念し、2008年に連載した「建設史から読み解く首都圏の地下鉄道① 総武・東京トンネル」についてほぼ白紙から書き直し、自主制作本(同人誌)にまとめるプロジェクトです。2015年3月のコミケットスペシャル6で総武線区間について取り上げた「上巻」、12月のコミックマーケット89で横須賀線区間について取り上げた「下巻」をそれぞれリリースし、昼過ぎに完売となる大好評となりました。現在書店(COMIC ZIN)様にて絶賛発売中です。

おすすめ記事

@takuya870625 Twitter