東急7000系(新)

※この記事はYahoo!ブログから移行したものです。



五反田駅で待つこと十数分、先ほどすれ違った7000系が入ってきました。導入からある程度時間がたちましたが、今でも一般の利用客から「新車だ」という声がちらほらと聞かれます。

1枚目
五反田駅に進入する7000系
<PENTAX K10D・smcPENTAX-DA18-55mmF3.5-5.6AL(55mm)・オート(1/90/F6.7/ISO100)・トリミング>

5000系の18m車体版
東急7000系は簡単に言うならば田園都市線・東横線などで使用されている5000系の18メートル車体版です。7000系が導入される東急池上線・多摩川線の車両はは昭和30~40年代に製造された7700系(7000系を改造)、7600系(7200系を改造)が大半ですが、これらは設計が古いためバリアフリーや情報機器など現状以上の改造が困難となっています。7000系導入はその打開策としても有効となります。



左:7000系車内
<PENTAX K10D・smcPENTAX-DA18-55mmF3.5-5.6AL(18mm)・オート(1/45/F4/ISO100)・トリミング>
右:ドア上部の液晶ディスプレイ
<PENTAX K10D・smcPENTAX-DA18-55mmF3.5-5.6AL(55mm)・オート(1/45/F3.5/ISO100)・トリミング>

車内は5000系とは異なり、明るい木目調の内装となっており、極力狭さを感じさせないようなデザインになっています。また、各ドア上部にはこれも5000系でおなじみの液晶ディスプレイ2基(通称“TOQビジョン”)が設置されており、右側は次駅名・所要時間・運行状況などの表示、左側は動画広告を表示できます。中間車車端部の優先席は9000系と似たクロスシート配置になっています。座席の本体はJR東日本E217系などとほぼ同等品と思われます。(ただし片持ち構造ではない)



7000系運転台
<PENTAX K10D・smcPENTAX-DA18-55mmF3.5-5.6AL(18mm)・オート(1/30/F3.5/ISO100)・一部隠蔽>
※モザイク加工理由は前回の記事を参照。

運転台も5000系を基本としていますが、池上線・多摩川線はワンマン運転を行うため、ドアの開閉ボタンやITVモニターなどが追加されています。これまで使用されていた車両はいずれもワンマン運転用の機器を「後付け」の形で設置したため、ITVモニターが頭上にあったりと不便な形になっていましたが、7000系では常時使用する機器がすべて手元にある、いわば「人間工学に基づいた」使いやすい形になったといえそうです。
また、この7000系では池上線・多摩川線で使用する東急ATSのほか、CS-ATC(ATC-P)も搭載しています。7700系・7600系ではATSしか搭載されていないため、長津田の工場への回送は専用の牽引車(デヤ7200)を使用していましたが、7000系では自力回送が可能となります。

この7000系は今年度は2編成導入されました。今後も増備が進められ、7700系、7600系(の全て?)と1000系の一部を置き換える予定です。このうち、1000系は同じ東急グループである長野県の上田電鉄に譲渡されル予定で、すでにトレーラーで現地へ輸送されています。

▼関連記事
東急多摩川線(2007年9月18日)
東急池上線(2008年3月13日)

▼参考
交友社鉄道ファン2008年2月号(通巻562号)62~69ページ(新車ガイド)
東急電鉄-鉄道情報「池上線・東急多摩川線に、新型車両「7000系」を導入しました。」
編集長敬白: 東急新7000系誕生。(ネコパブリッシング・鉄道ホビダス)(リンク切れ)
上田市役所 - 東急1000系搬入作業 レポート1
→余剰になった1000系の上田電鉄への搬入(リンク切れ)
このエントリーをはてなブックマークに追加
スポンサード リンク
テーマ:鉄道 ジャンル:趣味・実用
タグ:  鉄道  東急  池上線  多摩川線  7000系

カテゴリ:東急電鉄 の最新記事

東横線・副都心線直通に向けた車両の動き(2012年9・10月取材)(2012年10月17日作成)
東急東横線5050系副都心線対応車(2012年05月20日作成)
東急大井町線急行と6000系電車の概要(2008年08月18日作成)
東急7000系(新)(2008年03月14日作成)
東急池上線(2008年03月13日作成)
東急大井町線開業80周年記念ヘッドマーク列車(2007年10月10日作成)
東急東横線・目黒線(多摩川駅)(2007年09月19日作成)
東急多摩川線(2007年09月18日作成)
東急世田谷線(2007年03月02日作成)
渋谷駅前に「青ガエル」東急5000系出現!(2006年10月26日作成)
その他の記事はこちら

Facebookのコメント

コメント

コメント機能をご利用の際は必ず注意事項のページをご覧ください。
不適切な投稿内容は修正・削除される場合があります。また、内容によっては管理人からのレスが付かない場合がございます。確実に返信が欲しい場合はEメールをご利用ください。

管理者にだけ表示を許可する(管理人からの返信が付きません)


最新記事

首都圏外郭放水路庄和排水機場(2016/10/02)
相鉄・東急直通線建設工事(2016年取材②新綱島~日吉)(2016/09/10)
相鉄・東急直通線建設工事(2016年取材①羽沢~新横浜)(2016/09/07)
相鉄・JR直通線建設工事(2016年6月取材)(2016/08/27)
茨城県・守谷市のマンホール(2016/08/26)
東京メトロ千代田支線北綾瀬駅ホーム延伸工事(2016年6月4日取材)(2016/08/21)
東武伊勢崎線竹ノ塚駅高架化工事(2016年6月4日取材)(2016/08/14)
次期「書籍化」プロジェクトへの道すじ(2016/08/12)
JR飯田橋駅ホーム移設工事(2016年6月取材)(2016/08/06)
東急東横線10両化&関連工事(2015・2016年取材)(2016/08/03)
月別アーカイブ

全記事タイトル一覧

お知らせ

【総武・東京トンネル書籍化プロジェクト】COMIC ZIN様で欠品しておりました「総武・東京トンネル(上・下)」の販売を再開しました。詳しくは→こちら(2016,04,10)
さらに前のお知らせ

おすすめ&スペシャル

「総武・東京トンネル」書籍化プロジェクト 当サイトの前身であるYahoo!ブログから運営通算10周年を記念し、2008年に連載した「建設史から読み解く首都圏の地下鉄道① 総武・東京トンネル」についてほぼ白紙から書き直し、自主制作本(同人誌)にまとめるプロジェクトです。2015年3月のコミケットスペシャル6で総武線区間について取り上げた「上巻」、12月のコミックマーケット89で横須賀線区間について取り上げた「下巻」をそれぞれリリースし、昼過ぎに完売となる大好評となりました。現在書店(COMIC ZIN)様にて絶賛発売中です。

おすすめ記事

@takuya870625 Twitter