京王百草園梅まつり

カテゴリ:公園・風景日本庭園 | 公開日:2008年03月03日23:54
※この記事はYahoo!ブログから移行したものです。


 
土曜日(1日)は久しぶりに遠出をしてきました。向かったのは東京都日野市の京王百草園です。

1枚目
<PENTAX K10D・smcPENTAX-DA18-55mmF3.5-5.6AL(18mm)・露出オート(Tv1/125/F6.7/感度オート)>
百草園の中心に建つ“松連庵”。

これからが見頃


<PENTAX K10D・smcPENTAX-DA18-55mmF3.5-5.6AL(55mm)・絞り優先(Tv1/90/F19/感度オート)>
ウメの花(白)

園内には80種800本の梅の木が植えられており、2月末から3月下旬にかけて次々と花を咲かせます。梅の開花にあわせ、「梅まつり」として園内では休日を中心に和楽器の演奏や華道・茶道関連など多数のイベントが行われます。また、梅まつりにあわせて最寄りの京王線百草園駅では休日昼間に準特急・急行列車が臨時停車します(雨天時は行われません)。



<PENTAX K10D・smcPENTAX-FA100-300mmF4.7-5.8L(250mm)・絞り優先(Tv1/500/F8/感度オート)>
ウメの花(赤)



<PENTAX K10D・smcPENTAX-DA18-55mmF3.5-5.6AL(26mm)・露出オート(Tv1/30/F6.7/感度オート)>
ウメの花(赤)

休日ということで園内は多くの人で賑わっていました。この日は午前中が晴れ、午後が一時雨という変わりやすい天気で、11時頃に着いたこと辛うじて花に光がきれいに当たった写真を撮ることができました。今年は2月が寒かったため全体的に開花は遅めのようです。現在は早咲きの品種が満開となっており、見頃の「本番」は今週から来週となりそうです。



<PENTAX K10D・smcPENTAX-DA18-55mmF3.5-5.6AL(55mm)・絞り(Tv1/750/F6.7/オート)・トリミング>
上段左:ロウバイの花。そろそろ見頃は終わり?
<PENTAX K10D・smcPENTAX-DA18-55mmF3.5-5.6AL(50mm)・絞り優先(Tv1/180/F6.7/感度オート)>
上段中:フクジュソウ(福寿草)の花。
<PENTAX K10D・smcPENTAX-DA18-55mmF3.5-5.6AL(18mm)・絞り優先(Tv1/750/F4/感度オート)>
上段右:スイセン(水仙)の花もまだきれいに咲いていた。
<PENTAX K10D・smcPENTAX-DA18-55mmF3.5-5.6AL(18mm)・露出オート(Tv1/60/F5.6/感度オート)>
下段左:茶室“三檪庵(さんれきあん)”。3月8日・15日は茶会(自由参加)が開催される予定。
<PENTAX K10D・smcPENTAX-DA18-55mmF3.5-5.6AL(18mm)・露出オート(Tv1/60/F4.5/感度オート)>
下段中:園内に点在している歌碑。
<PENTAX K10D・smcPENTAX-DA18-55mmF3.5-5.6AL(35mm)・露出オート(Tv1/250/F9.5/感度オート)>
下段右:園内の高台から多摩川方面を見る。

京王百草園について


<CanonPowerShotA700・(6mm)・露出オート(Tv1/60/F3.5/感度オート)>
左:百草園正門。
<CanonPowerShotA700・(6mm)・露出オート(Tv1/60/F2.8/感度オート)>
右:百草八幡宮。

京王百草園は京王電鉄が所有している日本庭園です。この場所にはもともと江戸時代の享保年間に小田原城主大久保候の室、寿昌院慈岳元長尼が徳川家康の長男岡崎三郎信康の追悼のために建てた松連寺があり、廃寺となった跡をこの地出身で横浜に在住していた青木角蔵が「百草園」として整備したものです。また、東京近郊にある当地は若山牧水など多くの文人が訪れており、園内の歌碑にその歌の一部が刻まれています。その後、昭和32年に京王電鉄が取得し、現在に至るまで管理・運営を行っています。春は梅や桜、秋には紅葉と四季を通じて豊かな自然の風景を楽しむことができます。



<CanonPowerShotA700・(6mm)・露出オート(Tv1/60/F3.5/感度オート)>
百草園駅から続く急坂のアクセスルート

百草園の特徴として、地形があります。庭園は多摩丘陵の地形をそのまま利用しており、散策炉は全体的に狭く、全体を一周するだけでも結構時間がかかります。また、急な階段なども多くあるため歩きにくい格好では行かない方が無難です。また、駅からのアクセスルートも傾斜が10%を越えるような急坂が数百メートル続きます。くれぐれも急いで昇り降りをして怪我をしないようご注意ください。



<CanonPowerShotA700・(6mm)・露出オート(Tv1/100/F4/感度オート)・トリミング>
「百草園梅まつり」ヘッドマークつきの京王8000系電車。調布にて。

京王百草園
●開園時間
9:00~17:00(11・12月は16:30)
●定休日
水曜日(イベント期間中は無休)
●交通
京王線百草園駅から徒歩10分
(駐車場が無いため自家用車の利用は不可)


▼関連記事
京王線笹塚駅で撮った車両(2007年3月4日)
→「百草園」を知ったきっかけはここで撮ったヘッドマーク付き列車でした。
このエントリーをはてなブックマークに追加
スポンサード リンク
テーマ:東京 ジャンル:地域情報
タグ:  京王電鉄  百草園  梅まつり  庭園

カテゴリ:日本庭園 の最新記事

池上梅園&池上本門寺(昨年の取材です)(2012年03月15日作成)
旧芝離宮恩賜庭園・再訪(2008年5月18日)(2008年06月04日作成)
京王百草園梅まつり(2008年03月03日作成)
殿ヶ谷戸庭園(2007年09月06日作成)
旧古河庭園(東京・駒込)(2007年07月04日作成)
水戸偕楽園(2007年03月25日作成)
向島百花園と梅まつり(2007年02月24日作成)
小石川後楽園(2006年11月08日作成)
浜離宮恩賜庭園・・・昼編(撮り直し)(2006年10月09日作成)
雨の芝離宮庭園(2006年07月23日作成)
その他の記事はこちら

Facebookのコメント

コメント

コメント機能をご利用の際は必ず注意事項のページをご覧ください。
不適切な投稿内容は修正・削除される場合があります。また、内容によっては管理人からのレスが付かない場合がございます。確実に返信が欲しい場合はEメールをご利用ください。

管理者にだけ表示を許可する(管理人からの返信が付きません)


最新記事

首都圏外郭放水路庄和排水機場(2016/10/02)
相鉄・東急直通線建設工事(2016年取材②新綱島~日吉)(2016/09/10)
相鉄・東急直通線建設工事(2016年取材①羽沢~新横浜)(2016/09/07)
相鉄・JR直通線建設工事(2016年6月取材)(2016/08/27)
茨城県・守谷市のマンホール(2016/08/26)
東京メトロ千代田支線北綾瀬駅ホーム延伸工事(2016年6月4日取材)(2016/08/21)
東武伊勢崎線竹ノ塚駅高架化工事(2016年6月4日取材)(2016/08/14)
次期「書籍化」プロジェクトへの道すじ(2016/08/12)
JR飯田橋駅ホーム移設工事(2016年6月取材)(2016/08/06)
東急東横線10両化&関連工事(2015・2016年取材)(2016/08/03)
月別アーカイブ

全記事タイトル一覧

お知らせ

【総武・東京トンネル書籍化プロジェクト】COMIC ZIN様で欠品しておりました「総武・東京トンネル(上・下)」の販売を再開しました。詳しくは→こちら(2016,04,10)
さらに前のお知らせ

おすすめ&スペシャル

「総武・東京トンネル」書籍化プロジェクト 当サイトの前身であるYahoo!ブログから運営通算10周年を記念し、2008年に連載した「建設史から読み解く首都圏の地下鉄道① 総武・東京トンネル」についてほぼ白紙から書き直し、自主制作本(同人誌)にまとめるプロジェクトです。2015年3月のコミケットスペシャル6で総武線区間について取り上げた「上巻」、12月のコミックマーケット89で横須賀線区間について取り上げた「下巻」をそれぞれリリースし、昼過ぎに完売となる大好評となりました。現在書店(COMIC ZIN)様にて絶賛発売中です。

おすすめ記事

@takuya870625 Twitter