デジタル一眼購入しました

カテゴリ:雑記 | 公開日:2008年02月24日16:44
※この記事はYahoo!ブログから移行したものです。


PENTAX K10D。ちなみに三脚も12月に新規に購入したものです。持ち運び重視の小型で。

昨年末から検討を重ねていたデジタル一眼ですが、先々週の火曜日(2月12日)についに購入してきました。購入したのは「PENTAX K10D(レンズキット)」です。

かなり前に記事にした通り、8年ほど前に購入したPENTAXのフイルム一眼(MZ-7)とレンズ2本(28-80mmと100-300mm)を未だに持っていたので、レンズがそのまま流用できるPENTAXのデジタル一眼で半ば決定していたのですが、機種をどれにするかで最後まで悩んでいました。その理由は2月22日に新機種である「K20D」「K200D」が発売になるためで、「少し待って新しい機種にするか」「値崩れした古い機種にするか」の選択肢で迷っていたためです。

PENTAXの公式Webや価格.comのクチコミ欄なども見ながら検討している間に、結局目標だった1月末のSL南房総号の運転も通り越して2月に突入。K10Dレンズキットの発売当初の平均価格は11万円でしたが、後継の「K20D」の発売を目前に控えたこの時点ではすでに8万円台まで下落していました。そろそろチャンスかと思い、実際に千葉のヨ○バシに行く・・・

店員さん曰く
「(価格が)また上り始めているので購入するならばこの場で」
「お客様がこの価格で提供できる最後の方です」
的なニュアンスのことを言う。(しかも値札を高い方に付け替えている)

どうやら駆け込み需要でまた価格が上り始めている模様でした。事前の調査で後継の「K20D」は画素数14.6メガピクセル(実際問題として私の使う範囲ではこの解像度は必要ない。K10Dは10.2メガ)、価格は15万円前後(レンズキット)ということが判明していました。店員さんのこの「後押し」、そして評判がまだわからないことや初期不良などのリスクなどを総合的に勘案し(?)、評判も上々だったK10Dでいくことに決めました。ポイント分を引くとおよそ8万1千円でした。ちなみに、購入した当夜価格.comで確認したところ、9万円台まで跳ね上がっていました。(現在は7万円台まで再び落ち込んでいる。)悩んでいてはいつまでも先延ばしになってしまうのでこれはこれでいいかと考えています。

コンパクトデジカメと比べるのは無意味ですが、以前のカメラ(Canon PwerShotA700)に無かった機能としては
・ノイズリダクション(高感度時のノイズを低減)
・光学式手ぶれ補正
・バルブ撮影
・RAWモード撮影
逆にK10Dにない機能としては
・シーンセレクト(ただしコンデジでは数回しか使ったことがないから不要)
・バッテリーの問題(K10Dは専用のリチウムイオンバッテリー)
といったところがあげられます。汎用性を考えると乾電池が望ましいところですが(ちなみにワンランク下のK100DSuperは単3乾電池)、初級~中級向けといえるレベルになると消費電力の関係で専用バッテリーを使わざるを得ないのかもしれません。

カメラに加えて、不足気味だった画像の保存場所を確保するため500GBの外付けハードディスクも買いました。現時点では数万枚記録できる容量が確保できたため当分の間画像の保存に困ることはなさそうです。

2月20日に作成した青葉の森のウメの花をはじめめ、すでにこのカメラで撮った写真もブログで使い始めています。そのほか先週から続けてきた「試し撮り」の分も今後順次アップしていく予定です。

ちなみに出かけるたびに重くてかさばるK10Dを持ち運ぶのは大変なので、これまでコンパクトデジカメ(Canon PowerShotA700)も当分の間併用していきます。壊れた場合は新しいコンパクトデジカメを買いなおすかもしれません。

▼参考
PENTAX K10D スペシャルサイト(リンク切れ)
PENTAX K10D 製品情報

▼関連記事
GWに向けて、デジカメ購入!(2006年4月29日)
→コンデジ購入時の記事
このエントリーをはてなブックマークに追加
スポンサード リンク
テーマ:デジタル一眼レフ ジャンル:写真
タグ:  デジタル一眼  PENTAX  K10D

Facebookのコメント

コメント

コメント機能をご利用の際は必ず注意事項のページをご覧ください。
不適切な投稿内容は修正・削除される場合があります。また、内容によっては管理人からのレスが付かない場合がございます。確実に返信が欲しい場合はEメールをご利用ください。

管理者にだけ表示を許可する(管理人からの返信が付きません)


最新記事

首都圏外郭放水路庄和排水機場(2016/10/02)
相鉄・東急直通線建設工事(2016年取材②新綱島~日吉)(2016/09/10)
相鉄・東急直通線建設工事(2016年取材①羽沢~新横浜)(2016/09/07)
相鉄・JR直通線建設工事(2016年6月取材)(2016/08/27)
茨城県・守谷市のマンホール(2016/08/26)
東京メトロ千代田支線北綾瀬駅ホーム延伸工事(2016年6月4日取材)(2016/08/21)
東武伊勢崎線竹ノ塚駅高架化工事(2016年6月4日取材)(2016/08/14)
次期「書籍化」プロジェクトへの道すじ(2016/08/12)
JR飯田橋駅ホーム移設工事(2016年6月取材)(2016/08/06)
東急東横線10両化&関連工事(2015・2016年取材)(2016/08/03)
月別アーカイブ

全記事タイトル一覧

お知らせ

【総武・東京トンネル書籍化プロジェクト】COMIC ZIN様で欠品しておりました「総武・東京トンネル(上・下)」の販売を再開しました。詳しくは→こちら(2016,04,10)
さらに前のお知らせ

おすすめ&スペシャル

「総武・東京トンネル」書籍化プロジェクト 当サイトの前身であるYahoo!ブログから運営通算10周年を記念し、2008年に連載した「建設史から読み解く首都圏の地下鉄道① 総武・東京トンネル」についてほぼ白紙から書き直し、自主制作本(同人誌)にまとめるプロジェクトです。2015年3月のコミケットスペシャル6で総武線区間について取り上げた「上巻」、12月のコミックマーケット89で横須賀線区間について取り上げた「下巻」をそれぞれリリースし、昼過ぎに完売となる大好評となりました。現在書店(COMIC ZIN)様にて絶賛発売中です。

おすすめ記事

@takuya870625 Twitter