千葉ポートスクエア“TEPCO地球館”7月で閉館

カテゴリ:公共施設 | 公開日:2008年02月22日22:28
※この記事はYahoo!ブログから移行したものです。

千葉市中央区の千葉ポートスクエア内にある「TEPCO地球館」が来る7月22日をもって閉館するそうです。

閉館への経緯


<CanonPowerShotA700・(6mm)・露出オート(Tv1/60/F3.5/感度オート)>
TEPCO地球館入口

TEPCO地球館は東京電力のPR施設(東京都渋谷区の「電力館」と同類の施設)です。ここでは東京電力が展開する事業(オール電化住宅、IH調理器など)のPRのほか、「地球館」の名の通り地球環境に関する展示、さらに子ども向けにメリーゴーランド、音楽用ホールまで設置されています。このホールは定員が200名ほどとやや小さいものの、音響施設・スクリーンなども備え、音楽の演奏会のほか、子ども向けの理科実験教室などでも利用されました。TEPCO地球館のオープンは1993年で、施設の内容から教育の場としても多く利用され、延べ557万人を数えるということです。
しかし、昨年7月16日に発生した新潟県中越沖地震とそれに伴う東京電力柏崎火力発電所の被災はあまりにも影響が大きく、今年度第3四半期の東京電力の経常利益(連結決算)は前年比約60%減、今年度の通期業績は赤字に転落する見込みです。このような状況下でPR館も事業整理の対象となり、TEPCO地球館を閉館せざるをえないということになったわけです。時期的には夏休みの直前でもう1ヶ月延ばしてもよいのではと思いますが、東電にはその余裕さえもないといっても過言ではないのでしょう。

千葉ポートスクエアの立地の悪さ


<CanonPowerShotA700・(6mm)・露出オート(Tv1/250/F4/感度オート)・一部トリミング>
千葉ポートスクエア1Fの「トップマート」

TEPCO地球館が閉館に至った理由としてもう一つ挙げられるのが千葉ポートスクエアの立地の悪さです。
千葉ポートスクエアは屋内競技施設の「ポートアリーナ」、千葉市教育委員会をはじめとするオフィスが入居する「ポートサイドタワー」、ホテルグリーンタワー千葉などの商業施設が入居する「ポートタウン」からなる施設です。ここは現在は美浜区高浜に移転した千葉市中央卸売市場があった場所で(地名の「問屋町」にその名残が感じられる)、自動車での交通が中心といってよい場所です。そのため、最寄りと案内されているJR千葉みなと駅、京成千葉中央駅からはいずれも徒歩15分ほどの距離があり、加えてそれを補完する千葉駅からの路線バスも不等間隔かつ不正確なダイヤで(日中に運行しない時間帯がある、渋滞で数十分遅延することがある)非常に利用しづらく、千葉ポートスクエアは公共交通機関でのアクセスが非常に乏しい施設となりました。
これは入居している商業施設にも大きな影を落としており、千葉ポートスクエアは市内でも随一(?)のテナント入れ替わりが激しい建物として有名となってしまいました。その例が2年前の「トイサらス」の撤退であり、今回のTEPCO地球館の閉館となるわけです。そのほかの店舗も営業はしているものの年間を通じて閑散としています。
しかし、最近では周辺に大型マンションが次々と建設されたのにともない、スーパーの「トップマート」が昨年11月に開店しました。これによりある程度の固定客が見込めるため、今後は事情が好転する可能性も一応残されています。

<2012年1月10日追記>
※2011年3月にトップマートが閉店、同年7月にはホテルグリーンタワー千葉が営業を終了し、現在はホビーショップTamTamなどごく少数のテナントが残るのみとなっています。公式サイトも「リニューアル中」として放置された挙句、ドメイン失効で消滅してしまっており今後の処遇については全く不明の状態です。

<2014年10月2日追記>
ホテルグリーンタワー千葉の跡地は東京都港区に本社がある株式会社カンデオ・ホスピタリティ・マネジメントに売却され、2013年1月23日に「カンデオホテルズ千葉」として再オープンしました。一方、ホビーショップTamTamは2014年6月26日に閉店し、稲毛区長沼にある「ワンズモール」に移転しました。これにより千葉ポートスクエアの店舗型の商業施設はゼロとなりました。なお、ドメインが失効してしまった公式サイトは別のドメインを新たに取得し直した上でテナント募集に関する情報のサイトにリニューアルされています。

余談:高校時代の思い出の場所
ここからは私事になりますが、TEPCO地球館と高校時代の部活動との関係を少しだけ。
私が所属していたのはすでにこのブログ上で何度か書いている通り市立千葉高校の合唱部でした。かつては全国大会に出場する強豪でしたが、私が所属していた頃には残念なことに人数が10人以下と非常に少なく、大きなホールでの演奏会は声量、そして費用(どんなに安いホールでも1公演で5~20万円くらいかかる)の都合から不可能でした。そこで、TEPCO地球館のご厚意(PRの一環ということもあった)で音楽ホールを無料で使わせていただき、年2回の定期演奏会を開くことができたという過去があります。

閉館後の跡地の活用法は現時点では未定となっています。ただ、建物が高層棟とつながっていることから構造に手を加えるような改造は不可能であり、残された音楽ホールなどに活路を見出していくものと考えられます。何はともあれ、残された5ヶ月間、PR館としての機能を十分に全うして欲しいと願うばかりです。

▼参考
千葉ポートスクエア
→店舗が全く存在しないためテナント募集に関する内容が主となっている
千葉市:千葉ポートスクエア
→千葉市による施設の簡単な解説(リンク切れ)
TEPCO地球館 7月に閉館 - 千葉 : 地域 : YOMIURI ONLINE(読売新聞)(リンク切れ)
TEPCO地球館
→「トピックス」に閉館のお知らせ

→現在はドメインが東京電力ではない者に買い取られてアフィリエイトサイトへのリンクになっている。
TEPCO : プレスリリース | 平成19年度第3四半期業績の概況について
TEPCO : プレスリリース | 平成20年3月期通期業績予想の修正に関するお知らせ
→東京電力の業績に関して

▼関連記事
トイザラス閉店・・・(2005年12月26日・テキストのみの記事)
このエントリーをはてなブックマークに追加
スポンサード リンク

カテゴリ:公共施設 の最新記事

首都圏外郭放水路庄和排水機場(2016年10月02日作成)
銚子の旅・2010(2010年8月19日)(2010年12月31日作成)
国立国会図書館(2008年05月12日作成)
【速報】津田沼駅前“モリシア”本日グランドオープン!(2008年03月13日作成)
千葉ポートスクエア“TEPCO地球館”7月で閉館(2008年02月22日作成)
津田沼駅前“サンペデック”改め“モリシア”3月オープン(2008年02月17日作成)
検見川無線送信所跡(2007年10月27日作成)
犬吠埼灯台(2007年08月18日作成)
東京湾フェリー(浜金谷→久里浜)(2007年03月06日作成)
神田川 「お茶の水分水路」(2006年05月05日作成)
その他の記事はこちら

Facebookのコメント

コメント

最高の思い出の科学館、千葉市テプコ!!
うんうん、閉鎖されちゃって寂しいっていう想いよ〜く分かるよ!私も幼稚園児の時よく訪れていて思い出の場所になっているから…。きらめくときをともにすごしてた、このテプコとともに。メリーゴーラウンドにも、乗っていたっけ。トイザラスとかマクドナルドとか音楽ホールとか3Dシアターとかがあったんですよね。10年前、11年前千葉市テプコ店のマクドナルドでハッピーセットを食べたあの日千葉市テプコ店のトイザラスで楽しい物を買ったあの時何もかもがきらめいていたあの日あの時…。それが跡形もなく消えてしまうなんて。去年とりあえずテプコに行ってみたけれど何もない科学館を見てすごく切なくて悲しくて涙が溢れそうになったのを覚えています。まるで卒業式前日の空っぽの教室を見ているような気分だった。大好きなアニメが最終回を迎えた時と同じ悲しさだった。もうテプコも最終回を迎えたんだね、最後に訪れたあの日はいつだったろうか。今までありがとう、テプコ。でも今は閉鎖されているかもしれないけれど私の心の中ではあの日あの時の思い出が光り輝いている!今日久しぶりに千葉市に行ってみたけど、もちろんテプコは行かなかったよ?だって、もうあの場所はテプコじゃなくって閉鎖された科学館なんだもんね。もう一度あの日に戻れるのなら戻りたい!タイムスリップして戻りたい!今すぐ戻って千葉市のテプコで遊びたい!またメリーゴーラウンドにも乗ってマクドナルドにもトイザラスにも行きたい!!!それが今の私の気持ちです!もう、千葉市テプコ店のマクドナルドはない、千葉市テプコ店のトイザラスは営業されていない…。消えた幻の科学館テプコ…。今まで本当にどうもありがとう!!あの輝きを私は忘れない!楽しかったあの日々を!
2014/12/24 23:07 | URL | 投稿者:ユキリーヌブラウン
コメント機能をご利用の際は必ず注意事項のページをご覧ください。
不適切な投稿内容は修正・削除される場合があります。また、内容によっては管理人からのレスが付かない場合がございます。確実に返信が欲しい場合はEメールをご利用ください。

管理者にだけ表示を許可する(管理人からの返信が付きません)


最新記事

首都圏外郭放水路庄和排水機場(2016/10/02)
相鉄・東急直通線建設工事(2016年取材②新綱島~日吉)(2016/09/10)
相鉄・東急直通線建設工事(2016年取材①羽沢~新横浜)(2016/09/07)
相鉄・JR直通線建設工事(2016年6月取材)(2016/08/27)
茨城県・守谷市のマンホール(2016/08/26)
東京メトロ千代田支線北綾瀬駅ホーム延伸工事(2016年6月4日取材)(2016/08/21)
東武伊勢崎線竹ノ塚駅高架化工事(2016年6月4日取材)(2016/08/14)
次期「書籍化」プロジェクトへの道すじ(2016/08/12)
JR飯田橋駅ホーム移設工事(2016年6月取材)(2016/08/06)
東急東横線10両化&関連工事(2015・2016年取材)(2016/08/03)
月別アーカイブ

全記事タイトル一覧

お知らせ

【総武・東京トンネル書籍化プロジェクト】COMIC ZIN様で欠品しておりました「総武・東京トンネル(上・下)」の販売を再開しました。詳しくは→こちら(2016,04,10)
さらに前のお知らせ

おすすめ&スペシャル

「総武・東京トンネル」書籍化プロジェクト 当サイトの前身であるYahoo!ブログから運営通算10周年を記念し、2008年に連載した「建設史から読み解く首都圏の地下鉄道① 総武・東京トンネル」についてほぼ白紙から書き直し、自主制作本(同人誌)にまとめるプロジェクトです。2015年3月のコミケットスペシャル6で総武線区間について取り上げた「上巻」、12月のコミックマーケット89で横須賀線区間について取り上げた「下巻」をそれぞれリリースし、昼過ぎに完売となる大好評となりました。現在書店(COMIC ZIN)様にて絶賛発売中です。

おすすめ記事

@takuya870625 Twitter