ウメの花が開花(千葉県立青葉の森公園)

カテゴリ:公園・風景 | 公開日:2008年02月20日00:45
※この記事はYahoo!ブログから移行したものです。


 
2月も後半に入りましたが、まだまだ寒い日が続いています。みなさん体調は大丈夫でしょうか?
さて1週間前になりますが、近所(といっても電車で行く距離ですが)の県立青葉の森公園でウメの花が咲き始めたという情報を聞いたので見に行ってきました。

1枚目
<PENTAX K10D・smcPENTAX-DA 18-55mmF3.5-5.6AL(18mm)・露出オート(Tv1/250/F6.7/ISO100)>
青葉の森公園西口

夜はライトアップ


<PENTAX K10D・smcPENTAX-DA 18-55mmF3.5-5.6AL(55mm)・絞り優先(Tv1/350/F5.6/ISO100)>



<PENTAX K10D・smcPENTAX-DA 18-55mmF3.5-5.6AL(35mm)・絞り優先(Tv1/500/F4.5/ISO100)>
ウメの花、赤・白。(2枚ともクリックで拡大)

青葉の森公園は京成千葉寺駅から徒歩10分ほどの距離にあります。園内の梅園では35品種1000本のウメが栽培されており、千葉市中心部から近いこともあって毎年花見スポットとして賑わうようです。先週はまだ咲いている木でも3~6分咲きという感じでしたが、今週は最高気温が10度に達する日も増えてきたためいっそう開花が進むものと思われます。来月中旬まで見頃となりそうです。



<PENTAX K10D・smcPENTAX-DA 18-55mmF3.5-5.6AL(20mm)・絞り優先(Tv1/45/F13/ISO100)>
梅園の中心に建つ東屋

梅園の中心には八角形をした東屋が建っています。この東屋、よく見ると屋根の隅にライトがついているのがわかります。日没から20時までライトアップが行われているそうです。

県立青葉の森公園


<PENTAX K10D・smcPENTAX-DA 18-55mmF3.5-5.6AL(18mm)・露出オート(Tv1/350/F6.7/ISO100)>
西洋庭園と芸術文化ホール(凍結防止のためか噴水は完全に水が抜かれていた。)

千葉県立青葉の森公園には今回採り上げた梅園のほか、千葉県立中央博物館、各種スポーツ施設などさまざまな施設があり、一般のみならず小中学校の遠足・校外学習などでも利用されています。この日は最高気温が6.5度かつ強風で非常に寒かったため、園内全部を回るのはあきらめましたが、これらについても機会があれば採り上げてみたいと思います。



<PENTAX K10D・smcPENTAX-DA 18-55mmF3.5-5.6 AL(55mm)・絞り優先(Tv1/750/F5.6/ISO100)>
モミジバフウ(紅葉葉楓/アメリカフウ)の実

千葉県立青葉の森公園
●交通
京成千原線千葉寺駅から徒歩8分
JR千葉駅・蘇我駅からバス(詳しくは下記公式WEB参照のこと)
●公式WEB
http://www.cue-net.or.jp/kouen/aoba/index.html
●地図(ALPSLAB base)

このエントリーをはてなブックマークに追加
スポンサード リンク
テーマ:千葉県 ジャンル:地域情報
タグ:  千葉県立青葉の森公園  ウメ

Facebookのコメント

コメント

コメント機能をご利用の際は必ず注意事項のページをご覧ください。
不適切な投稿内容は修正・削除される場合があります。また、内容によっては管理人からのレスが付かない場合がございます。確実に返信が欲しい場合はEメールをご利用ください。

管理者にだけ表示を許可する(管理人からの返信が付きません)


最新記事

首都圏外郭放水路庄和排水機場(2016/10/02)
相鉄・東急直通線建設工事(2016年取材②新綱島~日吉)(2016/09/10)
相鉄・東急直通線建設工事(2016年取材①羽沢~新横浜)(2016/09/07)
相鉄・JR直通線建設工事(2016年6月取材)(2016/08/27)
茨城県・守谷市のマンホール(2016/08/26)
東京メトロ千代田支線北綾瀬駅ホーム延伸工事(2016年6月4日取材)(2016/08/21)
東武伊勢崎線竹ノ塚駅高架化工事(2016年6月4日取材)(2016/08/14)
次期「書籍化」プロジェクトへの道すじ(2016/08/12)
JR飯田橋駅ホーム移設工事(2016年6月取材)(2016/08/06)
東急東横線10両化&関連工事(2015・2016年取材)(2016/08/03)
月別アーカイブ

全記事タイトル一覧

お知らせ

【総武・東京トンネル書籍化プロジェクト】COMIC ZIN様で欠品しておりました「総武・東京トンネル(上・下)」の販売を再開しました。詳しくは→こちら(2016,04,10)
さらに前のお知らせ

おすすめ&スペシャル

「総武・東京トンネル」書籍化プロジェクト 当サイトの前身であるYahoo!ブログから運営通算10周年を記念し、2008年に連載した「建設史から読み解く首都圏の地下鉄道① 総武・東京トンネル」についてほぼ白紙から書き直し、自主制作本(同人誌)にまとめるプロジェクトです。2015年3月のコミケットスペシャル6で総武線区間について取り上げた「上巻」、12月のコミックマーケット89で横須賀線区間について取り上げた「下巻」をそれぞれリリースし、昼過ぎに完売となる大好評となりました。現在書店(COMIC ZIN)様にて絶賛発売中です。

おすすめ記事

@takuya870625 Twitter