東京駅「発電床」

※この記事はYahoo!ブログから移行したものです。


改札口の床を踏むと電気が発生する、その名も「発電床」・・・そんな風変わりな装置の実験が東京駅で行われています。

未来の新エネルギーとなるか

通路脇にある発電量表示。

実験が行われているのはJR東京駅八重洲北口改札口です。改札口周辺の床には少し柔らかめの白いマット(見た目は工事の際に養生用として使われているものに近い)が敷き詰められており、このマットの上を人が歩くとその運動エネルギーの一部が電気エネルギーに変換される仕組みです。この実験はJR東日本と独立行政法人新エネルギー・産業技術総合開発機構が共同で行っており、500キロワット/秒(100ワット電球が約80分間点灯する電力)の発電を見込んでいます。そして、将来的には改札口や案内表示板の電源の一部をまかなうことを目標にしているということです。

圧電素子

床に敷き詰められたマットの中には「圧電素子」と呼ばれる電子部品が内蔵されています。左は圧電素子の例(壊れた目覚まし時計を分解して取り出した)とその構造を示したものです。写真は素子のみですが、通常はこの表面に導線をハンダ付けして通電できるようにします。圧電素子は圧力が加わり素子が変形すると電流が発生する、電流を加えると素子が変形するという性質を持っています。前者の仕組みを利用したのが今回の「発電床」やライター(電気の火花で着火する)、後者の仕組みを利用したのが時計のアラームや防犯ブザーなどに内蔵されている「圧電ブザー」です。圧電素子自体で発生する電気はごくわずかですが、「発電床」はこの素子を大量に敷き詰め、床を踏むとき発生するエネルギーをもれなく電気に変換し、さらに発生した電気を蓄電装置(コンデンサ・バッテリーなど)に蓄えることで実際に機器を動作させることができる形で電気を出力するものです。
ただし、現状では消費する側の求める電力が大きすぎるため、実用できるものとはいえないのも事実です。しかし、現在普及しつつあるICカード式乗車券(Suica・PASMO・etc)では改札機で最も電力を消費する部品であるモーターを大幅に削減することが可能であり、案内表示機も消費電力の少ない液晶やLEDを用いたものが増えつつあることを考えると、「発電床」を利用した機器動作も十分見込めると考えられます。

鉄道は自動車などと比べてエネルギー効率が良い交通機関です。その効果を最大化するには電車の走行以外の消費電力削減も欠かせません。「ホームの屋根は全面ソーラーパネル」「雨水をトイレの洗浄水に利用」といった省エネの努力はすでに一部で行われていますが、近い将来これに「発電床」が加わる日は来るのかもしれません。今後に期待したいところです。

このエントリーをはてなブックマークに追加
スポンサード リンク
テーマ:鉄道 ジャンル:趣味・実用
タグ:  鉄道  JR東日本  東京駅  発電床

カテゴリ:新技術・新サービス の最新記事

東京メトロ・都営地下鉄の乗継サービス向上(2013年06月28日作成)
増えています、指向性スピーカー(2010年02月12日作成)
東京駅「発電床」(2008年02月17日作成)
鉄道各社でつり革交換進行中(2007年12月12日作成)
ICカード乗車券“PASMO”詳細決定(2006年12月25日作成)
LED表示のしくみ(2006年11月27日作成)
グリーン車Suicaシステム(2006年04月02日作成)
グリーン車Suicaシステム、着々(2006年02月21日作成)
Suica対応自販機(2006年02月21日作成)
モバイルSuica、厳しい出だし(2006年02月19日作成)
その他の記事はこちら

最新記事

2020年を振り返って(2020/12/31)
中央線グリーン車連結に向けた12両化工事2020(4)西八王子~大月(2020/12/24)
中央線グリーン車連結に向けた12両化工事2020(3)青梅線西立川~青梅(2020/11/27)
中央線グリーン車連結に向けた12両化工事2020(2)三鷹~八王子(2020/11/25)
中央線グリーン車連結に向けた12両化工事2020(1)東京~吉祥寺(2020/11/20)
和歌山県和歌山市のマンホール(2020/11/19)
武蔵小杉駅横須賀線ホーム増設工事(2020年8月11日取材)(2020/11/14)
東武野田線高架化工事(2020年10月2日取材)(2020/11/07)
大分県別府市のマンホール(2020/10/31)
新しいパソコンを導入しました(2020/10/26)
月別アーカイブ

全記事タイトル一覧

お知らせ

ホームドア整備」のカテゴリを「鉄道:建設・工事」から「鉄道:その他」に移動しました。(2020,12,09)
レイアウトを調整しました。横幅が大きいモニターでコンテンツが極端に横に広がらないよう表示領域に上限を設けました。(2020,11,18)
【東急新玉川線書籍化プロジェクト】「東急新玉川線(上・下)」書店委託販売中です。詳しくは→こちら(2019,06,04)
当サイトは近日中にSSL化(暗号化通信対応)する予定です。準備のため、サイトの動作が不安定になる場合があります。ご了承ください。古い携帯電話では閲覧できなくなる場合がありますので、新しい環境への以降をお勧めいたします。(2020,01,15)
過去のお知らせ一覧
更新情報Twitter

おすすめ&スペシャル


YouTube再生リスト:渋谷駅再開発
「東急新玉川線」書籍化プロジェクト
「京葉線新東京トンネル」書籍化プロジェクト
「総武・東京トンネル」書籍化プロジェクト

おすすめ記事

@takuya870625 Twitter