大雪の千葉公園 - 08年2月3日

カテゴリ:公園・風景 | 公開日:2008年02月04日00:03
※この記事はYahoo!ブログから移行したものです。


 
2008年2月3日(日)、首都圏では2年ぶりの積雪となりました。今年に入りすでに2度「雪が降る」という予報が出たものの、実際は積雪が無かったというケースがあったため、正直「今回もまた積もることは無いだろう」と期待はしていなかった(?)のですが、朝起きて外を見ると一面の銀世界となっていたため、急遽撮影に出かけることとしました。まずは昨年11月に紅葉・雪吊りを撮影した千葉公園の様子です。

「雪吊り」が映える


千葉公園綿打池。お決まりのモノレールとの組み合わせ。

千葉公園はJR千葉駅からおよそ600メートルの距離にあります。行きは駅から徒歩で向かいました。路面には数センチの厚さで雪が積もっていましたが、まだこの時は踏み固められておらず、滑るようなことはありませんでした。(このクソ寒い中歩いている人なんて私くらいですから、踏み固められる余地が無い・・・)
撮影場所に千葉公園を選んだ理由は、「雪吊り」があったからです。(ただし、当然ながら「雪吊り」として効果を発揮するほどの積雪はない。)風が吹いていたため、風上側にカメラを向けるとあっという間にレンズが雪まみれになってしまうため、「いつ故障するのか?」とおびえながらの撮影でした。このような最悪の条件ですが、お決まりのモノレールとの組み合わせはきちんと撮っています。



池の水面を滑る鳥たち。



手前の池は毎年7月頃に大賀ハスの花が満開になる。



11月は赤く色づいていたモミジの木も今日は雪で真っ白。



砂糖のかかったイチゴ?・・・いいえ、公園の入口にあったプランターです。

これとは別に鉄道関係の写真も何枚か撮っています。これに関してはまた別の記事を作成しようと思います。

▼関連記事
桜満開の千葉公園(2006年3月31日)
→春の桜。(携帯電話のカメラで撮影)
千葉公園の鯉のぼり(2006年4月30日)
→綿打池の鯉のぼり
千葉公園、大賀ハスの花が見頃です(2006年7月3日)
→毎年6~7月に見られる大賀ハス(古代ハス)の花。
千葉公園の保存蒸機(2006年7月6日)
→公園の隅に保存されている蒸気機関車。アスベスト除去を機に再塗装され現在はきれいになっている。
千葉公園の秋(2007年11月24日)
→昨年11月の紅葉
このエントリーをはてなブックマークに追加
スポンサード リンク
テーマ:千葉県 ジャンル:地域情報
タグ:  千葉公園  雪
<<<新しい記事:大雪の京成千葉線 - 08年2月3日
古い記事:先頭車の無い211系@千マリ>>>

Facebookのコメント

コメント

コメント機能をご利用の際は必ず注意事項のページをご覧ください。
不適切な投稿内容は修正・削除される場合があります。また、内容によっては管理人からのレスが付かない場合がございます。確実に返信が欲しい場合はEメールをご利用ください。

管理者にだけ表示を許可する(管理人からの返信が付きません)


最新記事

首都圏外郭放水路庄和排水機場(2016/10/02)
相鉄・東急直通線建設工事(2016年取材②新綱島~日吉)(2016/09/10)
相鉄・東急直通線建設工事(2016年取材①羽沢~新横浜)(2016/09/07)
相鉄・JR直通線建設工事(2016年6月取材)(2016/08/27)
茨城県・守谷市のマンホール(2016/08/26)
東京メトロ千代田支線北綾瀬駅ホーム延伸工事(2016年6月4日取材)(2016/08/21)
東武伊勢崎線竹ノ塚駅高架化工事(2016年6月4日取材)(2016/08/14)
次期「書籍化」プロジェクトへの道すじ(2016/08/12)
JR飯田橋駅ホーム移設工事(2016年6月取材)(2016/08/06)
東急東横線10両化&関連工事(2015・2016年取材)(2016/08/03)
月別アーカイブ

全記事タイトル一覧

お知らせ

【総武・東京トンネル書籍化プロジェクト】COMIC ZIN様で欠品しておりました「総武・東京トンネル(上・下)」の販売を再開しました。詳しくは→こちら(2016,04,10)
さらに前のお知らせ

おすすめ&スペシャル

「総武・東京トンネル」書籍化プロジェクト 当サイトの前身であるYahoo!ブログから運営通算10周年を記念し、2008年に連載した「建設史から読み解く首都圏の地下鉄道① 総武・東京トンネル」についてほぼ白紙から書き直し、自主制作本(同人誌)にまとめるプロジェクトです。2015年3月のコミケットスペシャル6で総武線区間について取り上げた「上巻」、12月のコミックマーケット89で横須賀線区間について取り上げた「下巻」をそれぞれリリースし、昼過ぎに完売となる大好評となりました。現在書店(COMIC ZIN)様にて絶賛発売中です。

おすすめ記事

@takuya870625 Twitter