先頭車の無い211系@千マリ

※この記事はYahoo!ブログから移行したものです。


 
幕張本郷駅の東側には房総各線の車両基地である幕張車両センター(旧称:幕張電車区、車体表記:千マリ)が広がっています。車両の入換作業などをホームから間近に見ることができる場所として有名です。

さて、2日前その幕張本郷駅を通ったところ、このように先頭車の無い状態の211系(404編成)が留置されていました。この線路は改造や事故などで休車になっている車両が良く置かれている場所です。(2年前、基地内で入換中の113系が接触事故を起こした際も無傷だった車両がここに長期間おかれていたことがあります。)今回の場合、外されているのがクモハ211であることから、以前お伝えした2パンタ化改造を受けているものと思われます。(この編成が入る運用は113系6両編成により代走。)

この211系のパンタグラフ増設について、国鉄千葉動力車労働組合(動労千葉)のWebページに以下のような記述があります。

211系、217系で車両故障が多発

(略)
とくに211系車両は、パンタグラフの破損等による車両交換が連日のように発生している。この間会社は、対策としてパンタグラフの増設(現在は、5両編成で1パンタグラフ)を行っているが、その増設した列車でもパンタグラフが破損しているの状況だ。
(略)

全文はこちら:日刊動労千葉 - No.6574


この文章を読む限り「破損に対する予備」として今回のパンタグラフ増設が行われたとして間違いはなさそうです。(運転現場で実際に勤めている人たちの声ですから。)また、予備という観点からすると膳編成に改造が行われるというのも自ずと見えてきます。
房総ローカルに関しては線路と並んで架線の整備状態も悪く(スパークが常時発生している場所もある)、パンタグラフが1基しかない状態で運行不能になるのを防ぐ狙いがあるようです。ただ、以前も書いたとおり常時2基とも上昇させていては架線異常に対する防護としては無意味であり、個別の上昇制御ができるような改造が必要といえそうです。(同じように予備パンタを装備するE233系の場合、予備パンタは通常下降してある。)



パンタ未増設の211系(401編成)。千葉駅にて。

▼関連記事
房総211系ダブルパンタ車登場(2007年12月29日)
このエントリーをはてなブックマークに追加
スポンサード リンク

カテゴリ:総武線・房総各線 の最新記事

開業100周年を迎え大きく変わる久留里線(2012年2月11日取材)(2012年03月11日作成)
JR東日本E259系・特急「成田エクスプレス」(2011年11月28日作成)
房総各線用209系の概要(2010年04月02日作成)
内房・外房線新聞輸送列車が廃止に(2010年01月23日作成)
E217系機器更新車(2008年05月17日作成)
春の房総臨時列車(2008年03月08日作成)
下総中山駅でデジタル一眼の試し撮り(2008年02月28日作成)
物井~佐倉間でデジタル一眼の試し撮り(2008年02月26日作成)
大雪の内房線・外房線 - 08年2月3日(2008年02月05日作成)
先頭車の無い211系@千マリ(2008年02月02日作成)
その他の記事はこちら

Facebookのコメント

コメント

コメント機能をご利用の際は必ず注意事項のページをご覧ください。
不適切な投稿内容は修正・削除される場合があります。また、内容によっては管理人からのレスが付かない場合がございます。確実に返信が欲しい場合はEメールをご利用ください。

管理者にだけ表示を許可する(管理人からの返信が付きません)


最新記事

首都圏外郭放水路庄和排水機場(2016/10/02)
相鉄・東急直通線建設工事(2016年取材②新綱島~日吉)(2016/09/10)
相鉄・東急直通線建設工事(2016年取材①羽沢~新横浜)(2016/09/07)
相鉄・JR直通線建設工事(2016年6月取材)(2016/08/27)
茨城県・守谷市のマンホール(2016/08/26)
東京メトロ千代田支線北綾瀬駅ホーム延伸工事(2016年6月4日取材)(2016/08/21)
東武伊勢崎線竹ノ塚駅高架化工事(2016年6月4日取材)(2016/08/14)
次期「書籍化」プロジェクトへの道すじ(2016/08/12)
JR飯田橋駅ホーム移設工事(2016年6月取材)(2016/08/06)
東急東横線10両化&関連工事(2015・2016年取材)(2016/08/03)
月別アーカイブ

全記事タイトル一覧

お知らせ

【総武・東京トンネル書籍化プロジェクト】COMIC ZIN様で欠品しておりました「総武・東京トンネル(上・下)」の販売を再開しました。詳しくは→こちら(2016,04,10)
さらに前のお知らせ

おすすめ&スペシャル

「総武・東京トンネル」書籍化プロジェクト 当サイトの前身であるYahoo!ブログから運営通算10周年を記念し、2008年に連載した「建設史から読み解く首都圏の地下鉄道① 総武・東京トンネル」についてほぼ白紙から書き直し、自主制作本(同人誌)にまとめるプロジェクトです。2015年3月のコミケットスペシャル6で総武線区間について取り上げた「上巻」、12月のコミックマーケット89で横須賀線区間について取り上げた「下巻」をそれぞれリリースし、昼過ぎに完売となる大好評となりました。現在書店(COMIC ZIN)様にて絶賛発売中です。

おすすめ記事

@takuya870625 Twitter