日比谷公園イルミネーション“TOKYO FANTASIA 2007”

※この記事はYahoo!ブログから移行したものです。


総武本線物井―佐倉間で列車の撮影を行った後は都内まで移動しました。お目当ては日比谷公園で行われているイルミネーションのイベントです。

日本最大のクリスマスツリー?

噴水の真上に建つクリスマスツリー

向かったのは日比谷公園で行われているイルミネーションイベント“TOKYO FANTASIA(トウキョウ ファンタジア) 2007”です。12月21日(金)から12月31日(月)(翌1月1日(火)AM5:00まで)の間行われています。
“TOKYO FANTASIA”は都心の公園の代表格でもある日比谷公園を使い、「都市の緑化」を全国に呼びかけ、自然と人とのふれあいの場である公園を寄り魅力的に活用したいという東京都の願い、「50年先も、世界が“夢”を持ち続けられるために」として環境保全を目指す主催者のTBS(東京放送)の思惑が一致し、今年が最初の開催となったものです。環境保全というポリシーから、会場内で販売されている飲食物やグッズ類の収益金の一部は「緑の東京募金」「東京都都市緑化基金」「都立公園サポーター基金」煮還元される予定です。また、会場で使用する電力はグリーン電力やバイオ燃料を使用して発電した電機が利用されます。

▼参考
TOKYO FANTASIA 2007(公式Web)(リンク切れ・サイト消滅)



イルミネーション全景

イルミネーションが行われているのは日比谷公園の真ん中にある噴水広場とその脇にある芝生広場です。噴水の真上にはテント式としては日本一の高さを誇る42mの巨大なクリスマスツリーが設置されています。その脇の芝生広場には電飾で飾られたオブジェが並んでいます。また、その周囲の木々も黄色のライトで照らし出されています。



芝生広場の四隅にある4つのオブジェ。左上から時計回りに「水」「風」「土」「火」をあらわす。

クリスマスイブ(24日)は入場制限がかけられたという話もあり、相当な混雑を覚悟していました。しかし、実際は平日かつ18時頃とまだ早い時間であったため会場内で人が滞留することも無くスムーズに進むことができました。芝生広場内には撮影専用のステージ(?)みたいなのもありましたが、入るのにお金を取るということで当然パスしました。

おまけ:日比谷公園付近のイルミネーション


帝国ホテル入口。


丸の内へ続く行幸通り・丸の内仲通りのイルミネーション。東京駅前の改修に伴って中止されている「東京ミレナリオ」に代わるイベントのようです。

▼参考
光都東京・LIGHTOPIA - 公式ウェブサイト(リンク切れ・サイト消滅)

今年のイルミネーションはこれで終りです。来年はどのような光景が見られるのでしょうか。楽しみです。(さらに欲を出すなら、一緒に行くお相手がいれば・・・(涙))
このエントリーをはてなブックマークに追加
スポンサード リンク
テーマ:夜景 ジャンル:写真
タグ:  日比谷公園  夜景  イルミネーション
古い記事:物井―佐倉間、その2>>>

最新記事

「未来へのレポート」のご紹介(2022/01/16)
都営新宿線大島車両検修場の新車搬入とおこぼれ話(2022/01/03)
2022年のご挨拶と目標(2022/01/01)
10/23・24 山手線内回りホーム拡幅工事 - 渋谷駅再開発2021(3)(2021/12/31)
銀座線渋谷駅移設と駅周辺の状況 - 渋谷駅再開発2021(2)(2021/11/10)
JR山手線・埼京線のホーム並列化 - 渋谷駅再開発2021(1)(2021/10/20)
上野東京ライン・品川駅再開発総集編本制作延期についてのご説明(2021/07/08)
とうきょうスカイツリー駅付近高架化工事(2021年4月24日取材)(2021/07/04)
静岡県三島市のマンホール(2021/06/30)
東京メトロ東西線南砂町駅改良工事(2021年4月23日取材)(2021/06/25)
月別アーカイブ

全記事タイトル一覧

お知らせ

当サイトは近日中にSSL化(暗号化通信対応)する予定です。現在内部リンク(記事間リンク・画像のパス等)をHTTPSに書き換える作業を進めております。一時的に画像が表示されなくなったり、表示が乱れる場合があります。予めご了承ください。(2022,01,19)
一部記事にてオリジナル形式のURLを試行中です。旧URLでアクセスいただいた場合でも自動転送されますので、読者の皆様はブックマークされている場合でも特に操作は不要です。(2021,11,10)

過去のお知らせ一覧
更新情報Twitter

おすすめ&スペシャル


YouTube再生リスト:渋谷駅再開発
「東急新玉川線」書籍化プロジェクト
「京葉線新東京トンネル」書籍化プロジェクト
「総武・東京トンネル」書籍化プロジェクト

おすすめ記事

Reports for the future ~未来へのレポート~
Copyright (C) 2008-2022 Umemoto Takuya (takuya870625) some rights reserved. CreativeCommons-Attribution-Noncommercial-ShareAlike-2.1 Japan (About)
Powerd by FC2 Blog. Since:2008,05,17  レイアウト切替: パソコンスマートフォン
@takuya870625 Twitter