皇居外苑(日比谷~和田倉橋)

カテゴリ:公園・風景 | 公開日:2007年12月01日00:26
※この記事はYahoo!ブログから移行したものです。

先週末は東京の皇居東御苑に紅葉を見に行きました。今回はその紅葉の前置きといたしまして、10月の日比谷公園鉄道のフェスティバルの帰りに寄った皇居外苑(日比谷~和田倉橋)までを紹介いたします。

ビル群の中の憩いの場


日比谷通りと日比谷濠。

皇居というと江戸時代に築かれた堀で囲まれた一体を指しますが、このうち東側の約半分(115ha)は「皇居外苑」として一般に開放されています。一般開放部分の南側から内堀通りが貫く皇居前広場、皇居東御苑、北の丸公園という順になっています。皇居東御苑は昼間のみの開放です。日比谷や丸の内のオフィス街に面し、日比谷公園と並んだ自然豊かな憩いの場として親しまれており、国内外から多くの観光客が訪れています。



皇居前広場と丸の内の高層ビル群。



二重橋。

南(日比谷)側から入ると最初にあるのがこの皇居前広場です。松の木が生える日本庭園風の広大な広場とその後に見える高層ビル群が東京の歴史を感じさせます。皇居前広場の奥には地下鉄の駅名にもなっている「二重橋」があります。本来の意味での二重橋は写真の石造りのアーチ橋の奥に見える鉄橋を指します。この鉄橋がはかつて二段構造になっていたことから二重橋の名称が付きましたが、現在は手前の石橋のみ、もしくは鉄橋と石橋の総称が二重橋という解釈が一般的です。



内堀通り。後は桜田門の官公庁街で、右端は有名な警視庁の建物。

皇居前広場を横断する形で内堀通りが走っています。毎週日曜日(例外あり)の昼間は皇居の外周に当たる日比谷交差点から平川門交差点(地下鉄竹橋駅付近)までの3kmを交通規制して、サイクリングロードに変わります。自転車は自分で持ち込むのはもちろん、二重橋近くで貸し出しも行っており、遠方から北場合でも楽しむことができます。ロードレーサーなどスポーツタイプの自転車もあり、平坦な道路を高速で走行するのは気持ちよさそうです。(ただし、歩行者が横断する関係上途中に何箇所か信号機があります。)



坂下門。



和田倉噴水広場。



和田倉橋。

さらに北へ進むと宮内庁へ続く坂下門、そしてその前には噴水がある「和田倉噴水公園」があります。噴水の脇にはレストランもあり、最近話題の丸の内地区とあわせて観光名所ともなっています。レストランの裏に木製の和田倉橋があります。



銀杏並木の奥に東京駅赤レンガ駅舎。

有名な銀杏並木と東京駅の遠景は和田倉噴水公園の前から撮ったものです。右に丸ビル、左に新丸ビルがそびえ、東京の新しい時代を象徴する光景ともいえます。秋ということで黄色く色づいた銀杏の木々が非常にきれいでした。

(撮影日:2007年10月14日(日)・11月25日(日))

このエントリーをはてなブックマークに追加
スポンサード リンク
テーマ:東京 ジャンル:地域情報
タグ:  皇居  外苑  丸の内  二重橋
<<<新しい記事:皇居東御苑の紅葉(11月25日)
古い記事:千葉公園の秋>>>

Facebookのコメント

コメント

コメント機能をご利用の際は必ず注意事項のページをご覧ください。
不適切な投稿内容は修正・削除される場合があります。また、内容によっては管理人からのレスが付かない場合がございます。確実に返信が欲しい場合はEメールをご利用ください。

管理者にだけ表示を許可する(管理人からの返信が付きません)


最新記事

首都圏外郭放水路庄和排水機場(2016/10/02)
相鉄・東急直通線建設工事(2016年取材②新綱島~日吉)(2016/09/10)
相鉄・東急直通線建設工事(2016年取材①羽沢~新横浜)(2016/09/07)
相鉄・JR直通線建設工事(2016年6月取材)(2016/08/27)
茨城県・守谷市のマンホール(2016/08/26)
東京メトロ千代田支線北綾瀬駅ホーム延伸工事(2016年6月4日取材)(2016/08/21)
東武伊勢崎線竹ノ塚駅高架化工事(2016年6月4日取材)(2016/08/14)
次期「書籍化」プロジェクトへの道すじ(2016/08/12)
JR飯田橋駅ホーム移設工事(2016年6月取材)(2016/08/06)
東急東横線10両化&関連工事(2015・2016年取材)(2016/08/03)
月別アーカイブ

全記事タイトル一覧

お知らせ

【総武・東京トンネル書籍化プロジェクト】COMIC ZIN様で欠品しておりました「総武・東京トンネル(上・下)」の販売を再開しました。詳しくは→こちら(2016,04,10)
さらに前のお知らせ

おすすめ&スペシャル

「総武・東京トンネル」書籍化プロジェクト 当サイトの前身であるYahoo!ブログから運営通算10周年を記念し、2008年に連載した「建設史から読み解く首都圏の地下鉄道① 総武・東京トンネル」についてほぼ白紙から書き直し、自主制作本(同人誌)にまとめるプロジェクトです。2015年3月のコミケットスペシャル6で総武線区間について取り上げた「上巻」、12月のコミックマーケット89で横須賀線区間について取り上げた「下巻」をそれぞれリリースし、昼過ぎに完売となる大好評となりました。現在書店(COMIC ZIN)様にて絶賛発売中です。

おすすめ記事

@takuya870625 Twitter