中央線の支線跡2・・・境浄水場引込み線廃線跡

※この記事はYahoo!ブログから移行したものです。


東京都水道局境浄水場引込み線廃線跡
次は武蔵野競技場線のすぐとなりにある東京都水道局境浄水場引込み線跡です。武蔵境駅~三鷹駅にかけての航空写真を見ると前回の武蔵野競技場線が三鷹駅から延びているのに対し、線対称な位置で武蔵境駅からもう一つ遊歩道が延びているのが判ります。これが境浄水場引込み線跡です。境


浄水場は大正13年に造られ、総面積は21haと現存する緩速ろ過式(※)の浄水場としては国内最大の規模を誇ります。原水は羽村市の羽村取水堰で多摩川から取水された後、東大和市の多摩湖(村山貯水池)にいったん蓄えられ、標高差を利用して自然流下でこの境浄水場に送られています。この導水管の上部は「多摩湖自転車道」というサイクリングロードになっています。浄水場で処理された水道水は主に世田谷・渋谷方面に供給されているようです。今回歩いた武蔵境駅からの引込み線が設置されたのは多摩川で採取された砂利(ろ過に使用する)を運ぶためのものだったようです。
ちなみに境浄水場の前を玉川上水が通っていますが、浄水場への水の供給は過去も現在も無いようです。(余剰水の排出には使っている模様。)

※緩速ろ過:石・砂などを使ってろ過を行う浄水方式。最近の主流の「高速ろ過」は薬品で不純物を固め沈殿させる。



武蔵境駅の東側の分岐跡。敷地は現在中央線高架化の作業事務所になっている。



左上:その奥から始まる遊歩道。高架化された下り線を新型車E233系が走る。
右上:リアルすぎて逆に気持ち悪い(!?)遊具。
左下:武蔵野競技場線跡と違い、住宅地の中を通るため交差するのは生活道路ばかりで静か。
右下:玉川上水の橋台跡。この部分のみ玉川上水の遊歩道に張り出しがある。廃線後は歩行者用の木製の橋が架かっていたようだが、老朽化のため数年前に再び撤去された。



境浄水場の入口。線路の跡のあわせて斜めになっている。浄水場内に線路の遺構は無いようだった。

こちらも武蔵野競技場線と同じく玉川上水の橋台以外目だった遺構は残っていないようです。案内看板なども一切設置されていませんでした。


(完)
このエントリーをはてなブックマークに追加
スポンサード リンク

カテゴリ:廃線跡・未成線 の最新記事

東横フラワー緑道(東急東横線廃線跡)(2012年05月27日作成)
京葉線千葉貨物ターミナル駅と新港信号場/その3・終(2008年09月17日作成)
京葉線千葉貨物ターミナル駅と新港信号場/その2(2008年09月12日作成)
京葉線千葉貨物ターミナル駅と新港信号場/その1(2008年09月08日作成)
中央線の支線跡2・・・境浄水場引込み線廃線跡(2007年11月15日作成)
中央線の支線跡1・・・武蔵野競技場線廃線跡(2007年11月14日作成)
西千葉公園と総武線黒砂信号場(2007年04月15日作成)
アプトの道(旧碓氷線遊歩道)(2006年09月08日作成)
鉄道連隊の跡を辿る―5、最終回・津田沼へ(2006年02月04日作成)
鉄道連隊の跡を辿る―4、京成線と交差・習志野市へ(2006年02月03日作成)
その他の記事はこちら

Facebookのコメント

コメント

コメント機能をご利用の際は必ず注意事項のページをご覧ください。
不適切な投稿内容は修正・削除される場合があります。また、内容によっては管理人からのレスが付かない場合がございます。確実に返信が欲しい場合はEメールをご利用ください。

管理者にだけ表示を許可する(管理人からの返信が付きません)


最新記事

首都圏外郭放水路庄和排水機場(2016/10/02)
相鉄・東急直通線建設工事(2016年取材②新綱島~日吉)(2016/09/10)
相鉄・東急直通線建設工事(2016年取材①羽沢~新横浜)(2016/09/07)
相鉄・JR直通線建設工事(2016年6月取材)(2016/08/27)
茨城県・守谷市のマンホール(2016/08/26)
東京メトロ千代田支線北綾瀬駅ホーム延伸工事(2016年6月4日取材)(2016/08/21)
東武伊勢崎線竹ノ塚駅高架化工事(2016年6月4日取材)(2016/08/14)
次期「書籍化」プロジェクトへの道すじ(2016/08/12)
JR飯田橋駅ホーム移設工事(2016年6月取材)(2016/08/06)
東急東横線10両化&関連工事(2015・2016年取材)(2016/08/03)
月別アーカイブ

全記事タイトル一覧

お知らせ

【総武・東京トンネル書籍化プロジェクト】COMIC ZIN様で欠品しておりました「総武・東京トンネル(上・下)」の販売を再開しました。詳しくは→こちら(2016,04,10)
さらに前のお知らせ

おすすめ&スペシャル

「総武・東京トンネル」書籍化プロジェクト 当サイトの前身であるYahoo!ブログから運営通算10周年を記念し、2008年に連載した「建設史から読み解く首都圏の地下鉄道① 総武・東京トンネル」についてほぼ白紙から書き直し、自主制作本(同人誌)にまとめるプロジェクトです。2015年3月のコミケットスペシャル6で総武線区間について取り上げた「上巻」、12月のコミックマーケット89で横須賀線区間について取り上げた「下巻」をそれぞれリリースし、昼過ぎに完売となる大好評となりました。現在書店(COMIC ZIN)様にて絶賛発売中です。

おすすめ記事

@takuya870625 Twitter