中央大橋・大川端リバーシティ21・相生橋 - 隅田川夜景《3》

※この記事はYahoo!ブログから移行したものです。




中央大橋と大川端リバーシティ21

中央大橋。斜張橋では珍しく途中でカーブしており、主塔も少し斜めに設置されている。(南側から)

八丁堀方面から「佃煮」発祥の地佃島にわたる中央大橋です。勝鬨橋とは一転して平成5(1993)年に建設されたもので、それまでこの場所に橋は架かっていませんでした。これは現在中央大橋がかかっている場所の佃島側にかつてIHI(石川島播磨重工業)の造船所があり、橋を架ける必要がなかった(できなかった)ためです。工場が廃止されその跡地は三井不動産・住宅都市整備公団(現UR都市再生機構)が共同で「大川端リバーシティ21」といわれる高層マンション群を建設し、そのアクセスとして中央大橋が架けられたという格好です。高級感のある白い主塔は背後にそびえる「大川端リバーシティ21」の街並みともよく調和したデザインで、現代の隅田川を象徴する風景とも言えそうです。また、主塔の脇にはフランス・パリ市から寄贈された彫刻が飾られています。
ちなみに、「大川端」の由来は隅田川の下流部の別名が「大川」といわれるところから来ています。



北側から中央大橋と大川端リバーシティ21を眺める。ちなみに、この川の下をJR京葉線が走っており、川沿いにはトンネルの立坑(資材搬入口)も存在する。(クリックで拡大。800*600px)

相生橋


相生橋。右の方の変な光は花火をやっている人たちです。(2枚の写真から合成。1000*395px)

隅田川は佃島によって築地方面と晴海・豊洲方面の2方向に分岐しています。豊洲方面の流れにかかっているのがこの相生橋です。中央大橋から佃島の中を通る道を抜けると相生橋まで出ることができます。相生橋は明治時代に建設され、その後老朽化のため平成10(1998)年に現在のトラス橋に架け替えられました。整然と並ぶトラス構造の柱もまた現代的といえる作りです。
なお、相生橋の下を都営地下鉄大江戸線が走っています。(実際は橋脚の基礎が支障になるためトンネル自体は若干橋からずれたところにあります。)



道路側から相生橋を眺める。

(撮影日:2007年10月7日、つづく。)
このエントリーをはてなブックマークに追加
スポンサード リンク

最新記事

「未来へのレポート」のご紹介(2022/01/16)
都営新宿線大島車両検修場の新車搬入とおこぼれ話(2022/01/03)
2022年のご挨拶と目標(2022/01/01)
10/23・24 山手線内回りホーム拡幅工事 - 渋谷駅再開発2021(3)(2021/12/31)
銀座線渋谷駅移設と駅周辺の状況 - 渋谷駅再開発2021(2)(2021/11/10)
JR山手線・埼京線のホーム並列化 - 渋谷駅再開発2021(1)(2021/10/20)
上野東京ライン・品川駅再開発総集編本制作延期についてのご説明(2021/07/08)
とうきょうスカイツリー駅付近高架化工事(2021年4月24日取材)(2021/07/04)
静岡県三島市のマンホール(2021/06/30)
東京メトロ東西線南砂町駅改良工事(2021年4月23日取材)(2021/06/25)
月別アーカイブ

全記事タイトル一覧

お知らせ

当サイトは近日中にSSL化(暗号化通信対応)する予定です。現在内部リンク(記事間リンク・画像のパス等)をHTTPSに書き換える作業を進めております。一時的に画像が表示されなくなったり、表示が乱れる場合があります。予めご了承ください。(2022,01,19)
一部記事にてオリジナル形式のURLを試行中です。旧URLでアクセスいただいた場合でも自動転送されますので、読者の皆様はブックマークされている場合でも特に操作は不要です。(2021,11,10)

過去のお知らせ一覧
更新情報Twitter

おすすめ&スペシャル


YouTube再生リスト:渋谷駅再開発
「東急新玉川線」書籍化プロジェクト
「京葉線新東京トンネル」書籍化プロジェクト
「総武・東京トンネル」書籍化プロジェクト

おすすめ記事

Reports for the future ~未来へのレポート~
Copyright (C) 2008-2022 Umemoto Takuya (takuya870625) some rights reserved. CreativeCommons-Attribution-Noncommercial-ShareAlike-2.1 Japan (About)
Powerd by FC2 Blog. Since:2008,05,17  レイアウト切替: パソコンスマートフォン
@takuya870625 Twitter