中央大橋・大川端リバーシティ21・相生橋 - 隅田川夜景《3》

※この記事はYahoo!ブログから移行したものです。




中央大橋と大川端リバーシティ21

中央大橋。斜張橋では珍しく途中でカーブしており、主塔も少し斜めに設置されている。(南側から)

八丁堀方面から「佃煮」発祥の地佃島にわたる中央大橋です。勝鬨橋とは一転して平成5(1993)年に建設されたもので、それまでこの場所に橋は架かっていませんでした。これは現在中央大橋がかかっている場所の佃島側にかつてIHI(石川島播磨重工業)の造船所があり、橋を架ける必要がなかった(できなかった)ためです。工場が廃止されその跡地は三井不動産・住宅都市整備公団(現UR都市再生機構)が共同で「大川端リバーシティ21」といわれる高層マンション群を建設し、そのアクセスとして中央大橋が架けられたという格好です。高級感のある白い主塔は背後にそびえる「大川端リバーシティ21」の街並みともよく調和したデザインで、現代の隅田川を象徴する風景とも言えそうです。また、主塔の脇にはフランス・パリ市から寄贈された彫刻が飾られています。
ちなみに、「大川端」の由来は隅田川の下流部の別名が「大川」といわれるところから来ています。



北側から中央大橋と大川端リバーシティ21を眺める。ちなみに、この川の下をJR京葉線が走っており、川沿いにはトンネルの立坑(資材搬入口)も存在する。(クリックで拡大。800*600px)

相生橋


相生橋。右の方の変な光は花火をやっている人たちです。(2枚の写真から合成。1000*395px)

隅田川は佃島によって築地方面と晴海・豊洲方面の2方向に分岐しています。豊洲方面の流れにかかっているのがこの相生橋です。中央大橋から佃島の中を通る道を抜けると相生橋まで出ることができます。相生橋は明治時代に建設され、その後老朽化のため平成10(1998)年に現在のトラス橋に架け替えられました。整然と並ぶトラス構造の柱もまた現代的といえる作りです。
なお、相生橋の下を都営地下鉄大江戸線が走っています。(実際は橋脚の基礎が支障になるためトンネル自体は若干橋からずれたところにあります。)



道路側から相生橋を眺める。

(撮影日:2007年10月7日、つづく。)
このエントリーをはてなブックマークに追加
スポンサード リンク

Facebookのコメント

コメント

コメント機能をご利用の際は必ず注意事項のページをご覧ください。
不適切な投稿内容は修正・削除される場合があります。また、内容によっては管理人からのレスが付かない場合がございます。確実に返信が欲しい場合はEメールをご利用ください。

管理者にだけ表示を許可する(管理人からの返信が付きません)


最新記事

首都圏外郭放水路庄和排水機場(2016/10/02)
相鉄・東急直通線建設工事(2016年取材②新綱島~日吉)(2016/09/10)
相鉄・東急直通線建設工事(2016年取材①羽沢~新横浜)(2016/09/07)
相鉄・JR直通線建設工事(2016年6月取材)(2016/08/27)
茨城県・守谷市のマンホール(2016/08/26)
東京メトロ千代田支線北綾瀬駅ホーム延伸工事(2016年6月4日取材)(2016/08/21)
東武伊勢崎線竹ノ塚駅高架化工事(2016年6月4日取材)(2016/08/14)
次期「書籍化」プロジェクトへの道すじ(2016/08/12)
JR飯田橋駅ホーム移設工事(2016年6月取材)(2016/08/06)
東急東横線10両化&関連工事(2015・2016年取材)(2016/08/03)
月別アーカイブ

全記事タイトル一覧

お知らせ

【総武・東京トンネル書籍化プロジェクト】COMIC ZIN様で欠品しておりました「総武・東京トンネル(上・下)」の販売を再開しました。詳しくは→こちら(2016,04,10)
さらに前のお知らせ

おすすめ&スペシャル

「総武・東京トンネル」書籍化プロジェクト 当サイトの前身であるYahoo!ブログから運営通算10周年を記念し、2008年に連載した「建設史から読み解く首都圏の地下鉄道① 総武・東京トンネル」についてほぼ白紙から書き直し、自主制作本(同人誌)にまとめるプロジェクトです。2015年3月のコミケットスペシャル6で総武線区間について取り上げた「上巻」、12月のコミックマーケット89で横須賀線区間について取り上げた「下巻」をそれぞれリリースし、昼過ぎに完売となる大好評となりました。現在書店(COMIC ZIN)様にて絶賛発売中です。

おすすめ記事

@takuya870625 Twitter