聖路加ガーデンから眺める夜景 - 隅田川夜景《1》

※この記事はYahoo!ブログから移行したものです。



昨年に引き続き、今年も「秋の夜長」ということで夜景の写真を撮りに行くことにしました。今年は隅田川の橋について下流側から浅草あたりまでを目標に撮影を進めており、現在はJR総武線隅田川橋梁(両国)まで終わり、今月中には浅草まで到達する見込みです。また、周辺の施設についても少し触れられればと考えています。

聖路加ガーデン展望室

※重要:聖路加ガーデン展望室は2010年7月15日をもって閉鎖されました。現在は開放されておりません。ご注意ください。



聖路加ガーデンをエントランス前から見上げる。2棟を結ぶ連絡通路が特徴的。

最初から隅田川の「周辺施設」となります。今回は築地にある聖路加ガーデンにある展望室です。聖路加ガーデンはオフィス棟である「聖路加タワー」とシニア向け賃貸マンション、阪急ホテルが入る「聖路加レジデンス」の2棟から成ります。レジデンス棟のシニア向け賃貸マンションは隣接する聖路加国際病院と連携し高度な医療・介護サービスの体制が備わっています。
展望室は「聖路加タワー」の47階にあり(1階から46階までエレベータで向かい、残りの1階は階段もしくは別のエレベータで向かう)、東京都庁と同じく入館は無料となっています。ただし、この47階はレストラン「ルーク」もあるため、展望室から見えるのは東~南方向のみです。また、入館できる時間は9:00~20:30、ビルのメンテナンスのため入館できない日もありますのでご注意ください。









上から東、南東、南の方向を見たもの。(クリックすると拡大します。800*600px)
東方向:豊洲・晴海地区。
南東方向:レインボーブリッジ・芝浦地区、眼下には勝鬨橋。
南方向:築地市場、汐留地区、六本木地区、中央に東京タワー。

見えるのが2方向に限られるとはいえ、東側には再開発真っただ中の豊洲・晴海地区、南側にはレインボーブリッジや汐留のビル群や東京タワーなどを望むことができ、無料にしてはかなり楽しめるスポットです。意外に知られていないのか、この日はツアー客と思しき集団が帰ってからは4、5人程度の客しかいませんでした。なお、展望室内では狭いこともあって「飲食・喫煙・望遠レンズでの写真撮影は禁止」とされています。ただし、展望室にビル管理者が常駐しているわけではないので最後の1件は結構いい加減です・・・


隅田川対岸、佃大橋付近から見た聖路加ガーデン。

参考
聖路加ガーデン
→トップページのFlashは音が出ます。

次は3枚目の写真に写っている勝鬨橋に向かいます。

(撮影日:2007年10月7日・11月3日。つづく。)
このエントリーをはてなブックマークに追加
スポンサード リンク
テーマ:夜景 ジャンル:写真
タグ:  聖路加ガーデン  隅田川  夜景
<<<新しい記事:勝鬨橋 - 隅田川夜景《2》
古い記事:西武4000系>>>

Facebookのコメント

コメント

コメント機能をご利用の際は必ず注意事項のページをご覧ください。
不適切な投稿内容は修正・削除される場合があります。また、内容によっては管理人からのレスが付かない場合がございます。確実に返信が欲しい場合はEメールをご利用ください。

管理者にだけ表示を許可する(管理人からの返信が付きません)


最新記事

「散歩の達人」5月号取材協力のお知らせ(2017/04/22)
西武新宿線中井~野方間地下化工事(2017年4月9日取材)(2017/04/20)
東急大井町線急行7両化工事(2017年3月12日取材)(2017/03/22)
相鉄線星川駅高架化工事(2016~2017年取材)(2017/01/31)
2017年ご挨拶&2016年の人気記事と傾向 (2017/01/07)
首都圏外郭放水路庄和排水機場(2016/10/02)
相鉄・東急直通線建設工事(2016年取材②新綱島~日吉)(2016/09/10)
相鉄・東急直通線建設工事(2016年取材①羽沢~新横浜)(2016/09/07)
相鉄・JR直通線建設工事(2016年6月取材)(2016/08/27)
茨城県・守谷市のマンホール(2016/08/26)
月別アーカイブ

全記事タイトル一覧

お知らせ

【総武・東京トンネル書籍化プロジェクト】「制作日記」を更新しました。(「散歩の達人」取材協力、書店委託販売一旦終了のお知らせ)詳しくは→こちら(2017,04,22)
【京葉線新東京トンネル書籍化プロジェクト】「制作日記」を更新しました。(2017,02,02)
【お知らせ】更新通知専用のTwitterアカウントを開設しました。→@Rf_notify(2017,01,23)
過去のお知らせ一覧
更新情報Twitter

おすすめ&スペシャル

「総武・東京トンネル」書籍化プロジェクト
「京葉線新東京トンネル」書籍化プロジェクト

おすすめ記事

@takuya870625 Twitter