稲毛海浜公園

カテゴリ:公園・風景 | 公開日:2007年10月22日23:41
※この記事はYahoo!ブログから移行したものです。

千葉市花の美術館に行ったついでに、稲毛海浜公園も少し周ってみました。

かつての海岸線を再び


いなげの浜。夏も終わり閑散としている。

稲毛海浜公園は千葉市美浜区の東京湾に面した部分に作られた公園です。昭和40~50年代に埋め立てが行われるの海岸線は現在の国道14・357号線の部分にあり、現在の千葉市役所付近から延々と砂浜が続き、夏は海水浴客で賑わったそうです。(京成千葉線の西登戸駅はかつて「千葉海岸」という駅名だった。)その海岸は全て埋め立てられ住宅や工場が建ちましたが、かつての海岸線を再現するという目的で人工海浜である「いなげの浜」・稲毛海浜公園が作られたということです。



和風庭園。

公園内はすでにお伝えした「花の美術館」のほか、スポーツ施設、芝生、稲毛海岸の埋め立ての歴史を伝える資料館などもあります。また、1995年の「全国都市緑化フェア」の際に整備された施設もありますが、設置から10年以上経っており破損してしまっているものもあります。



上段左:芝生広場。
上段中:「稲毛記念館」。稲毛海岸地区の歴史に関する資料を収蔵しています。
上段右:その裏に展示されている木造の漁船。
下段左:砂浜の脇にある風力発電(?)の風車。
下段中:「花の美術館」前にある花時計。肝心の時針が壊れて無くなってしまっている。
下段右:「都市緑化フェア」の際に上総掘りを利用して掘られた井戸。これも故障しており水が出ない。



左:稲毛民間航空記念館。
右:(参考)稲岸公園の民間航空発祥の碑。

埋め立て前の稲毛海岸は広大な干潟が広がっており、それを滑走路として利用して日本初の民間の飛行場が設置されていました。公園内にはその歴史を伝える資料館があり、ここで使われていた航空機の機体の一部などが展示されています。また、稲毛海岸駅の北側にある「稲岸公園」には「民間航空発祥の碑」が設置されています。

▼参考
(財)千葉市みどりの協会
→公園の施設案内など
このエントリーをはてなブックマークに追加
スポンサード リンク
テーマ:千葉 ジャンル:地域情報
タグ:  千葉  稲毛海浜公園

Facebookのコメント

コメント

コメント機能をご利用の際は必ず注意事項のページをご覧ください。
不適切な投稿内容は修正・削除される場合があります。また、内容によっては管理人からのレスが付かない場合がございます。確実に返信が欲しい場合はEメールをご利用ください。

管理者にだけ表示を許可する(管理人からの返信が付きません)


最新記事

首都圏外郭放水路庄和排水機場(2016/10/02)
相鉄・東急直通線建設工事(2016年取材②新綱島~日吉)(2016/09/10)
相鉄・東急直通線建設工事(2016年取材①羽沢~新横浜)(2016/09/07)
相鉄・JR直通線建設工事(2016年6月取材)(2016/08/27)
茨城県・守谷市のマンホール(2016/08/26)
東京メトロ千代田支線北綾瀬駅ホーム延伸工事(2016年6月4日取材)(2016/08/21)
東武伊勢崎線竹ノ塚駅高架化工事(2016年6月4日取材)(2016/08/14)
次期「書籍化」プロジェクトへの道すじ(2016/08/12)
JR飯田橋駅ホーム移設工事(2016年6月取材)(2016/08/06)
東急東横線10両化&関連工事(2015・2016年取材)(2016/08/03)
月別アーカイブ

全記事タイトル一覧

お知らせ

【総武・東京トンネル書籍化プロジェクト】COMIC ZIN様で欠品しておりました「総武・東京トンネル(上・下)」の販売を再開しました。詳しくは→こちら(2016,04,10)
さらに前のお知らせ

おすすめ&スペシャル

「総武・東京トンネル」書籍化プロジェクト 当サイトの前身であるYahoo!ブログから運営通算10周年を記念し、2008年に連載した「建設史から読み解く首都圏の地下鉄道① 総武・東京トンネル」についてほぼ白紙から書き直し、自主制作本(同人誌)にまとめるプロジェクトです。2015年3月のコミケットスペシャル6で総武線区間について取り上げた「上巻」、12月のコミックマーケット89で横須賀線区間について取り上げた「下巻」をそれぞれリリースし、昼過ぎに完売となる大好評となりました。現在書店(COMIC ZIN)様にて絶賛発売中です。

おすすめ記事

@takuya870625 Twitter