京急金沢文庫駅連結作業

※この記事はYahoo!ブログから移行したものです。


以前京急川崎駅での連結作業について書きましたが、今回は都心から離れた側の金沢文庫駅での連結作業について紹介しようと思います。2列車で撮影したため、行き先・車両などが一致していません。ご了承ください。

第三場内の位置を工夫

金沢文庫駅の配線です。隣の金沢八景駅で三崎口・浦賀から来た本線と新逗子から来た逗子線が合流し、金沢文庫駅までの間は複々線になっています。このほか、広大な敷地を持つ留置線(金沢検車区)が駅の両側に広がっており、金沢文庫駅始終着の列車が多数設定されています。
連結作業はいくつかパターンがありますが今回の場合、京急久里浜方面から来た8両編成、新逗子から来た4両編成の順に入線します。3番線は場内信号機(第三場内)・誘導信号機が連結位置(久里浜寄りのホーム端から1/3の場所)に置かれており、連結列車の進入速度を上げる工夫がされています。車両側でもケーブル類を自動的に接続する「電気連結器」を装備し、連結作業を行うにもかかわらず約2分という停車時間を実現しています。
当駅で連結作業を行った列車は京急川崎駅もしくは品川駅まで12両編成で運転し、それぞれの駅で今度は切り離し作業を行います。京急川崎駅で切り離す場合は前8両が品川方面へ、後4両が羽田空港へ向かい、品川で切り離す場合は前8両が都営浅草線へ、後4両は折り返しの増結編成となります。このように長編成とすることで全線複線という少ないキャパシティの線路を有効に活用しています。

走行中に追い抜き
では実際の作業の流れです。前回の京急川崎駅の記事で好評だった配線図と写真を並べて表示する形にしてみました。以下クリックすると拡大します。(800*300px)



作業に先立ち、緩急接続のため4番線に新逗子から来た普通列車が入線します。その後を追うように複々線の外側線に新逗子から来た増結の4両編成が入り、第一場内信号でいったん停まります。



その脇を京急久里浜から来た8両編成が最高速度で追い抜き・・・



3番線横浜寄りに進入・停車します。連結位置となる8両編成の最後部の直後に第三場内信号が立っています。この時点ではまだ誘導信号機(黄色い矢印の先、斜めに2つ電灯がついている機器。)は点灯していません。



その直後に待機中だった増結編成がポイントを渡って3番線に入ってきます。



そして第三場内信号の10メートルほど手前でいったん停止します。ここから先はホームに立っている係員(図中の黄色い丸印。京急ではこの係員を「運転主任」と呼ぶ。)の手旗による指示で進みます。誘導信号機も点灯しています。



連結が完了すると京急川崎駅と同じく大急ぎで中間に入る運転台の施錠を行います。



30秒ほどの停車の後、横浜方面へ発車していきます。さらにその1分後に4番線に停車していた普通列車が横浜方面に発車していきます。

昼間はこれを10分サイクルで繰り返しています。そのため誘導を行う係員(運転主任)がホーム上に常駐しています。このほか、金沢文庫止まりの列車を車庫に引上げる作業などもあり、品川駅・京急川崎駅よりもずっと忙しい駅といえます。


▼関連記事
京急川崎駅での連結作業(2007年2月19日)
このエントリーをはてなブックマークに追加
スポンサード リンク
テーマ:鉄道 ジャンル:趣味・実用
タグ:  鉄道  京急  金沢文庫駅  連結作業

カテゴリ:京急電鉄 の最新記事

京急三崎口駅(2008年09月27日作成)
京急金沢文庫駅連結作業(2007年10月13日作成)
京急新1000形ステンレス車(2007年04月20日作成)
京急川崎駅での連結作業(2007年02月19日作成)
京急の写真、残りの分。(2006年11月01日作成)
京急・・・大森海岸駅、1時間でこんなに撮れました(2006年10月30日作成)
京浜急行(2006年05月16日作成)
その他の記事はこちら
<<<新しい記事:第14回鉄道フェスティバル
古い記事:等々力渓谷「完全版」>>>

Facebookのコメント

コメント

コメント機能をご利用の際は必ず注意事項のページをご覧ください。
不適切な投稿内容は修正・削除される場合があります。また、内容によっては管理人からのレスが付かない場合がございます。確実に返信が欲しい場合はEメールをご利用ください。

管理者にだけ表示を許可する(管理人からの返信が付きません)


最新記事

首都圏外郭放水路庄和排水機場(2016/10/02)
相鉄・東急直通線建設工事(2016年取材②新綱島~日吉)(2016/09/10)
相鉄・東急直通線建設工事(2016年取材①羽沢~新横浜)(2016/09/07)
相鉄・JR直通線建設工事(2016年6月取材)(2016/08/27)
茨城県・守谷市のマンホール(2016/08/26)
東京メトロ千代田支線北綾瀬駅ホーム延伸工事(2016年6月4日取材)(2016/08/21)
東武伊勢崎線竹ノ塚駅高架化工事(2016年6月4日取材)(2016/08/14)
次期「書籍化」プロジェクトへの道すじ(2016/08/12)
JR飯田橋駅ホーム移設工事(2016年6月取材)(2016/08/06)
東急東横線10両化&関連工事(2015・2016年取材)(2016/08/03)
月別アーカイブ

全記事タイトル一覧

お知らせ

【総武・東京トンネル書籍化プロジェクト】COMIC ZIN様で欠品しておりました「総武・東京トンネル(上・下)」の販売を再開しました。詳しくは→こちら(2016,04,10)
さらに前のお知らせ

おすすめ&スペシャル

「総武・東京トンネル」書籍化プロジェクト 当サイトの前身であるYahoo!ブログから運営通算10周年を記念し、2008年に連載した「建設史から読み解く首都圏の地下鉄道① 総武・東京トンネル」についてほぼ白紙から書き直し、自主制作本(同人誌)にまとめるプロジェクトです。2015年3月のコミケットスペシャル6で総武線区間について取り上げた「上巻」、12月のコミックマーケット89で横須賀線区間について取り上げた「下巻」をそれぞれリリースし、昼過ぎに完売となる大好評となりました。現在書店(COMIC ZIN)様にて絶賛発売中です。

おすすめ記事

@takuya870625 Twitter