お鷹の道・真姿の池湧水群

カテゴリ:公園・風景 | 公開日:2007年09月08日20:48
※この記事はYahoo!ブログから移行したものです。


殿ヶ谷戸庭園を出て、国分寺駅から西国分寺駅方面に進みます。台地を下った住宅地の中に一つの湧水「お鷹の道・真姿の池湧水群」があります。

環境省名水百選


国分寺駅方面に続く「お鷹の道」。ところどころに流量観測のための機器がある。

真姿の池は西国分寺駅から南東に20分ほど歩いたところにあります。ちなみに、1月に訪問した姿見の池は中央線の線路を挟んで反対側にあります。多摩川の支流である野川の水源の1つにもなっています。

「真姿の池」の名は嘉祥元(848)年美女といわれた玉造小町が、患っていた難病の平癒祈願のため当地にあった武蔵国分寺(現在は一部の建物が残る)を訪れ、21日間参すると1人の童子が現れ、小町を池に案内しこの池で身を清めるように言って姿を消したため、小町がそれに従うとたちまち病が治癒したため、人々が「真姿の池」と呼ぶようになったという伝説が由来となっています。また、「お鷹の道」はこの付近が江戸時代に鷹場となっていたことから、湧水が流れ出した小川沿いをそう呼ぶようになったことが由来となっています。



真姿の池。

真姿の池は武蔵野台地の斜面(国分寺崖線)の下に位置し(「ハケ」と呼ばれる)、崖に露出している帯水層(武蔵野礫層)から水が湧き出すことで形成されています。周辺は都の緑地保全地区に指定されており、駅前の高層マンション群とは隔絶された豊かな自然が残されています。池の脇にも湧水口があり、水量は天候によってやや変動しますが、1年を通じて途絶えることなく水が湧き続けています。河床にほとんど植物が生えていないのがその証拠です。(湧出量平均1,000立方メートル/日。ただし、部分的に水が滞留していることから生での飲用には適さないので注意。)
湧水の状態や周辺の環境のよさから、環境省の名水百選にも指定され、国分寺市・周辺住民の手により維持管理がなされています。



池とは別の湧出口。ここで水を汲んで生活用水にする住民も多い。

▼参考
環境省 名水百選「お鷹の道・真姿の池湧水群」
国土交通省関東地方整備局京浜河川事務所 多摩川の湧き水を訪ねて・・・(リンク切れ)
19.お鷹の道・真姿の池湧水群-1.湧水口(リンク切れ)
20.お鷹の道・真姿の池湧水群-2.真姿の池(リンク切れ)
21.お鷹の道・真姿の池湧水群-3.お鷹の道(リンク切れ)
名水百選・真姿の池湧水と武蔵国分寺の景観を守る会(名水と歴史景観を守る会)
→湧水上部のマンション建設に反対する住民による訴訟。建設予定地の一部を国分寺市の公有地化し、緩衝帯とすることなどで2005年1月31日和解。


次は真姿の池の上部にある都立武蔵国分寺公園を歩いてみました。
このエントリーをはてなブックマークに追加
スポンサード リンク
<<<新しい記事:都立武蔵国分寺公園
古い記事:殿ヶ谷戸庭園>>>

Facebookのコメント

コメント

野川支流の川
お鷹の道で有名な野川支流の川は綺麗なんだ。油のものを川に流すと悪臭が漂い、住民たちに迷惑を掛ける恐れがある。真姿の池の湧水からの水は決して汚してはいけない。野川と合流する川を汚すと暗渠として蓋をしなければならない。
2011/01/03 21:38 | URL | 投稿者:タクロウ [編集]
コメント機能をご利用の際は必ず注意事項のページをご覧ください。
不適切な投稿内容は修正・削除される場合があります。また、内容によっては管理人からのレスが付かない場合がございます。確実に返信が欲しい場合はEメールをご利用ください。

管理者にだけ表示を許可する(管理人からの返信が付きません)


最新記事

首都圏外郭放水路庄和排水機場(2016/10/02)
相鉄・東急直通線建設工事(2016年取材②新綱島~日吉)(2016/09/10)
相鉄・東急直通線建設工事(2016年取材①羽沢~新横浜)(2016/09/07)
相鉄・JR直通線建設工事(2016年6月取材)(2016/08/27)
茨城県・守谷市のマンホール(2016/08/26)
東京メトロ千代田支線北綾瀬駅ホーム延伸工事(2016年6月4日取材)(2016/08/21)
東武伊勢崎線竹ノ塚駅高架化工事(2016年6月4日取材)(2016/08/14)
次期「書籍化」プロジェクトへの道すじ(2016/08/12)
JR飯田橋駅ホーム移設工事(2016年6月取材)(2016/08/06)
東急東横線10両化&関連工事(2015・2016年取材)(2016/08/03)
月別アーカイブ

全記事タイトル一覧

お知らせ

【総武・東京トンネル書籍化プロジェクト】COMIC ZIN様で欠品しておりました「総武・東京トンネル(上・下)」の販売を再開しました。詳しくは→こちら(2016,04,10)
さらに前のお知らせ

おすすめ&スペシャル

「総武・東京トンネル」書籍化プロジェクト 当サイトの前身であるYahoo!ブログから運営通算10周年を記念し、2008年に連載した「建設史から読み解く首都圏の地下鉄道① 総武・東京トンネル」についてほぼ白紙から書き直し、自主制作本(同人誌)にまとめるプロジェクトです。2015年3月のコミケットスペシャル6で総武線区間について取り上げた「上巻」、12月のコミックマーケット89で横須賀線区間について取り上げた「下巻」をそれぞれリリースし、昼過ぎに完売となる大好評となりました。現在書店(COMIC ZIN)様にて絶賛発売中です。

おすすめ記事

@takuya870625 Twitter