千葉への帰路

カテゴリ:鉄道:JRの車両 | 公開日:2007年08月24日08:05
※この記事はYahoo!ブログから移行したものです。


8月11日(土)の銚子電鉄の旅の最後の記事です。仲ノ町駅から再び電車を乗り継いで千葉へ帰ります。

誰もいないボックスシートで

連結面。

仲ノ町→銚子で乗った電車は団体のお客さんがいたため、デハ1002+デハ801の2両連結になっていました。面白いのはその運転方法です。生い立ちの異なるこの2形式は当然連結することを考慮した設計などなされていません。そこで連結して運転するために双方の車両に運転士を乗務させ、加速・ブレーキのタイミングを「勘」であわせるという方法に出ました。2両の連結面を見るとジャンパ線(車両間を渡る電線)、ブレーキホースなどが渡されていないことからもそれを知ることができます。自分の路線を熟知した人のみがなせるいわば「神業」です。



一面の田んぼ。

昨年と同じく帰りは成田線経由で帰ります。今度はボックスシートの113系でした。利根川に沿って走る銚子~佐原の沿線は一面の田んぼです。下総豊里付近では利根川の川面も見ることができます。風に揺れる稲穂が緑のカーペットのように見えます。
成田までは相変わらず線路整備が悪く、車端のボックスシートに座ったのもあいまってものすごく乗り心地が悪かったです(汗)



旅の記念に一枚。(笑)

書き忘れましたが、犬吠駅で銚子電鉄名物の「ぬれ煎餅」をお土産に買って帰りました。「弧廻手形(1日乗車券)」にはクーポンが付いていて、写真のぬれ煎餅と交換できます。このほかに友達へのプレゼントもかねて10枚入りを2袋買っています。



連結作業中の113系。

ちょうど乗った列車は千葉駅で到着後に連結作業を行う列車でした。作業の詳細は以前の記事でどうぞ。

▼関連記事
千葉駅、113系「連結作業」(2006年7月26日)

(おわり)
このエントリーをはてなブックマークに追加
スポンサード リンク

カテゴリ:鉄道:JRの車両 の最新記事

埼京線E233系7000番台(2014年11月17日作成)
JR東日本・仙台地区の車両(2010年08月19日作成)
京葉線E233系5000番台(2010年08月05日作成)
横浜線開業100周年(2008年10月10日作成)
さよなら「ゆとり」踊り子号@品川駅(2008年03月09日作成)
京葉線新木場駅・その2(2007年12月08日作成)
京葉線・東京モーターショー関連臨時列車(2007年10月29日作成)
E331系甲種回送(新習志野駅)(2007年10月27日作成)
南武支線(2007年10月09日作成)
鶴見線(2007年10月04日作成)
その他の記事はこちら

Facebookのコメント

コメント

コメント機能をご利用の際は必ず注意事項のページをご覧ください。
不適切な投稿内容は修正・削除される場合があります。また、内容によっては管理人からのレスが付かない場合がございます。確実に返信が欲しい場合はEメールをご利用ください。

管理者にだけ表示を許可する(管理人からの返信が付きません)


最新記事

首都圏外郭放水路庄和排水機場(2016/10/02)
相鉄・東急直通線建設工事(2016年取材②新綱島~日吉)(2016/09/10)
相鉄・東急直通線建設工事(2016年取材①羽沢~新横浜)(2016/09/07)
相鉄・JR直通線建設工事(2016年6月取材)(2016/08/27)
茨城県・守谷市のマンホール(2016/08/26)
東京メトロ千代田支線北綾瀬駅ホーム延伸工事(2016年6月4日取材)(2016/08/21)
東武伊勢崎線竹ノ塚駅高架化工事(2016年6月4日取材)(2016/08/14)
次期「書籍化」プロジェクトへの道すじ(2016/08/12)
JR飯田橋駅ホーム移設工事(2016年6月取材)(2016/08/06)
東急東横線10両化&関連工事(2015・2016年取材)(2016/08/03)
月別アーカイブ

全記事タイトル一覧

お知らせ

【総武・東京トンネル書籍化プロジェクト】COMIC ZIN様で欠品しておりました「総武・東京トンネル(上・下)」の販売を再開しました。詳しくは→こちら(2016,04,10)
さらに前のお知らせ

おすすめ&スペシャル

「総武・東京トンネル」書籍化プロジェクト 当サイトの前身であるYahoo!ブログから運営通算10周年を記念し、2008年に連載した「建設史から読み解く首都圏の地下鉄道① 総武・東京トンネル」についてほぼ白紙から書き直し、自主制作本(同人誌)にまとめるプロジェクトです。2015年3月のコミケットスペシャル6で総武線区間について取り上げた「上巻」、12月のコミックマーケット89で横須賀線区間について取り上げた「下巻」をそれぞれリリースし、昼過ぎに完売となる大好評となりました。現在書店(COMIC ZIN)様にて絶賛発売中です。

おすすめ記事

@takuya870625 Twitter