貨物列車逆走・・・EB装置はなぜ働かなかった?

※この記事はYahoo!ブログから移行したものです。

昨日のニュースにこんなものがありました。

<JR東海道線>居眠りで貨物車500メートル逆走 静岡(毎日新聞)

静岡県島田市のJR東海道線で8日未明、JR貨物の下り貨物列車(27両編成)の男性運転士(53)が居眠りし、上り坂を走っていた列車は自然停車したあと約500メートル逆走していたことが分かった。(中略)報告が遅れた理由について「運転士の事情聴取に時間がかかったため」と説明している。

以下全文はhttp://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20070821-00000149-mai-soci(リンク切れ)


500mの逆走の後、貨物列車の運転士が気づき非常ブレーキを掛け列車を止めました。後続列車の急行「銀河」はわずか220mのところまで迫っており、間一髪のところで難を逃れたといってよいでしょう。鉄道の設備・運転に関する法令に以下のようなものがあります。

鉄道に関する技術上の基準を定める省令

第104条  列車は、退行運転をしてはならない。ただし、列車が退行する範囲内に後続列車を進入させない措置その他列車の安全な運転に支障を及ぼさない措置を講じた場合は、この限りでない。


過去には実際に運転士の居眠りで逆走した列車が、後続列車に衝突し乗客に負傷者が出た事故もあり、今回も一歩間違えば大事故になる恐れがあったといえます。
最大の原因はもちろん居眠りをしてしまった運転士にあります。しかし別の原因として、事故をシステム側(車両側)で防ぐことができなかったということもあります。

EB装置がなぜ働かなかった?


電気機関車のEB装置の例。丸で囲んだバーがEBリセットスイッチ。
(碓氷峠鉄道文化むらEF30 20 2006年9月2日撮影。)

運転士1人での乗務が基本となる電気機関車やワンマン運転を行う列車では運転席に「EB装置Emergency Brake=緊急停止装置)」を設置することが義務付けられています。関係する法令は以下の通りです。

鉄道に関する技術上の基準を定める省令

第79条
3 車両の運転に使用する乗務員室には、動力車を操縦する係員が運転操作不能となった場合に、列車を自動的に停止させることができる装置を設けなければならない。


EB装置は走行中に1分以上何の操作も行わないとブザーが鳴り、5秒以内に力行(マスコン)・ブレーキ・警笛・砂まきなどの操作を行うか、運転席のパネル上にある「EBリセットスイッチ」(棒状と押しボタンの2種類がある)を操作しなかった場合直ちに非常ブレーキが作動するシステムです。これによりもし運転士が急病などで意識を失っても列車が暴走することなく安全に停止できるというわけです。最近では回送時に車掌の乗務を省くために大都市圏の電車にも設置するケースが増えています。(JR東日本209系後期車以降、JR西日本207系以降の電車など)また、私鉄の電車ではマスコンハンドルにスイッチを組み込み、ハンドルから手を離すと非常ブレーキが作動する「デッドマン装置」が同様の役割を果たしています。

▼参考
緊急停止装置 - Wikipedia


今回の事故では上り坂で列車が自然停止した後、500m逆走したということで、1分以上無操作で列車が暴走したことは確実と見てよいでしょう。すなわち、設置が義務付けてあるEB装置が正しく動作しなかったというわけです。EB装置自体の故障なのか、運転士が故意に無効にしたのかは定かではありませんが、今回の件が重大な規則違反であったことは揺るぎ無いことです。
列車を運転しているのが人間である以上、ミス(ヒューマン・エラー)を完全に撲滅することは不可能です。したがってシステム側でそれをバックアップするような構造でなくてはならず、今回のような事故が二度と起きぬよう早急な原因究明・対策を求めたいところです。具体的には予期せぬ逆走時には自動的に非常ブレーキが動作する、または運転士が居眠りをしていることを機器が検知できるようなシステムを導入すべきということです。
このエントリーをはてなブックマークに追加
スポンサード リンク

カテゴリ:保安装置(ATS/ATC) の最新記事

埼京線ATACS対応工事(2016年1月取材)(2016年02月27日作成)
京急・京成・都営浅草線のC-ATS(踏切防護システム導入後)(2012年06月09日作成)
京王電鉄ATCの仕組み(2011年08月07日作成)
小田急の新しい信号・保安装置「D-ATS-P」(2011年04月05日作成)
仙石線で導入される新しい信号システム「ATACS」(2010年09月05日作成)
京浜急行C-ATSの仕組み(2010年04月15日作成)
ATOの仕組み(2008年06月29日作成)
貨物列車逆走・・・EB装置はなぜ働かなかった?(2007年08月22日作成)
福知山線脱線事故から1年(2006年04月26日作成)
その他の記事はこちら
<<<新しい記事:千葉への帰路
古い記事:銚子電鉄仲ノ町駅>>>

Facebookのコメント

コメント

コメント機能をご利用の際は必ず注意事項のページをご覧ください。
不適切な投稿内容は修正・削除される場合があります。また、内容によっては管理人からのレスが付かない場合がございます。確実に返信が欲しい場合はEメールをご利用ください。

管理者にだけ表示を許可する(管理人からの返信が付きません)


最新記事

首都圏外郭放水路庄和排水機場(2016/10/02)
相鉄・東急直通線建設工事(2016年取材②新綱島~日吉)(2016/09/10)
相鉄・東急直通線建設工事(2016年取材①羽沢~新横浜)(2016/09/07)
相鉄・JR直通線建設工事(2016年6月取材)(2016/08/27)
茨城県・守谷市のマンホール(2016/08/26)
東京メトロ千代田支線北綾瀬駅ホーム延伸工事(2016年6月4日取材)(2016/08/21)
東武伊勢崎線竹ノ塚駅高架化工事(2016年6月4日取材)(2016/08/14)
次期「書籍化」プロジェクトへの道すじ(2016/08/12)
JR飯田橋駅ホーム移設工事(2016年6月取材)(2016/08/06)
東急東横線10両化&関連工事(2015・2016年取材)(2016/08/03)
月別アーカイブ

全記事タイトル一覧

お知らせ

【総武・東京トンネル書籍化プロジェクト】COMIC ZIN様で欠品しておりました「総武・東京トンネル(上・下)」の販売を再開しました。詳しくは→こちら(2016,04,10)
さらに前のお知らせ

おすすめ&スペシャル

「総武・東京トンネル」書籍化プロジェクト 当サイトの前身であるYahoo!ブログから運営通算10周年を記念し、2008年に連載した「建設史から読み解く首都圏の地下鉄道① 総武・東京トンネル」についてほぼ白紙から書き直し、自主制作本(同人誌)にまとめるプロジェクトです。2015年3月のコミケットスペシャル6で総武線区間について取り上げた「上巻」、12月のコミックマーケット89で横須賀線区間について取り上げた「下巻」をそれぞれリリースし、昼過ぎに完売となる大好評となりました。現在書店(COMIC ZIN)様にて絶賛発売中です。

おすすめ記事

@takuya870625 Twitter