交通博物館の跡

※この記事はYahoo!ブログから移行したものです。


神田の交通博物館が昨年5月閉館しました。そしてJR発足20周年記念事業の一環として今年10月大宮に鉄道博物館が移転開館します。閉館から1年2ヶ月が経過した神田の交通博物館の様子を見てきました。

展示物の移転はほぼ終了?


左:2006年5月4日撮影
右:2007年7月1日撮影。

新博物館の開館まで半年を切り、展示物の移転はほぼ終了しているようです。交通博物館のシンボルといえば建物の正面に飾られていたD51蒸気機関車と0系新幹線のカットボディでしょう。双方ともすでに大宮の新博物館への移転が終わっており、台座のみが残っている状態です。



がらんとした中庭。

移転作業に伴い、2階をつないでいた外廊下の一部が取り壊されました。



淡路町駅側から。

外廊下の下にあった蒸気機関車などもすべて運び出されています。後を走る中央線は半数がE233系になりました。

おまけ:秋葉原の街並み


休日は歩行者天国になる秋葉原の中央通り。街の主体は電気街から「萌え」「オタク」といったジャンルに変わりつつありますが、上を総武線の電車が越えていく象徴的な光景は昔のままです。

▼関連記事
交通博物館 その1(2006年2月27日:館内全般)
交通博物館 その2(2006年2月27日:万世橋駅遺構見学)
交通博物館にEF55 1(2006年3月26日)
交通博物館Part???(2006年5月4日)
閉館後の交通博物館(2006年6月17日)
このエントリーをはてなブックマークに追加
スポンサード リンク
テーマ:鉄道 ジャンル:趣味・実用
タグ:  鉄道  JR東日本  交通博物館  工事

カテゴリ:博物館・資料館 の最新記事

鉄道博物館2012(2012年09月14日作成)
鉄道博物館(2月18日訪問)その2(2008年03月12日作成)
鉄道博物館(2月18日訪問)その1(2008年03月11日作成)
交通博物館の跡(2007年07月05日作成)
「文化むら」保存車両の厳しい現実(2006年09月07日作成)
碓氷峠鉄道文化むら(2006年09月06日作成)
地下鉄博物館、平日に行きました・・・(2006年06月24日作成)
閉館後の交通博物館(2006年06月17日作成)
交通博物館Part???(2006年05月04日作成)
旧新橋停車場と汐留シオサイト(2006年03月27日作成)
その他の記事はこちら

Facebookのコメント

コメント

コメント機能をご利用の際は必ず注意事項のページをご覧ください。
不適切な投稿内容は修正・削除される場合があります。また、内容によっては管理人からのレスが付かない場合がございます。確実に返信が欲しい場合はEメールをご利用ください。

管理者にだけ表示を許可する(管理人からの返信が付きません)


最新記事

首都圏外郭放水路庄和排水機場(2016/10/02)
相鉄・東急直通線建設工事(2016年取材②新綱島~日吉)(2016/09/10)
相鉄・東急直通線建設工事(2016年取材①羽沢~新横浜)(2016/09/07)
相鉄・JR直通線建設工事(2016年6月取材)(2016/08/27)
茨城県・守谷市のマンホール(2016/08/26)
東京メトロ千代田支線北綾瀬駅ホーム延伸工事(2016年6月4日取材)(2016/08/21)
東武伊勢崎線竹ノ塚駅高架化工事(2016年6月4日取材)(2016/08/14)
次期「書籍化」プロジェクトへの道すじ(2016/08/12)
JR飯田橋駅ホーム移設工事(2016年6月取材)(2016/08/06)
東急東横線10両化&関連工事(2015・2016年取材)(2016/08/03)
月別アーカイブ

全記事タイトル一覧

お知らせ

【総武・東京トンネル書籍化プロジェクト】COMIC ZIN様で欠品しておりました「総武・東京トンネル(上・下)」の販売を再開しました。詳しくは→こちら(2016,04,10)
さらに前のお知らせ

おすすめ&スペシャル

「総武・東京トンネル」書籍化プロジェクト 当サイトの前身であるYahoo!ブログから運営通算10周年を記念し、2008年に連載した「建設史から読み解く首都圏の地下鉄道① 総武・東京トンネル」についてほぼ白紙から書き直し、自主制作本(同人誌)にまとめるプロジェクトです。2015年3月のコミケットスペシャル6で総武線区間について取り上げた「上巻」、12月のコミックマーケット89で横須賀線区間について取り上げた「下巻」をそれぞれリリースし、昼過ぎに完売となる大好評となりました。現在書店(COMIC ZIN)様にて絶賛発売中です。

おすすめ記事

@takuya870625 Twitter