東武野田線

※この記事はYahoo!ブログから移行したものです。


(2007年6月13日本文追加)

6月最初の週末は常磐線と明治神宮の花菖蒲を撮影しに行きました。その前に、ちょっと大回りをして船橋から柏まで東武野田線に乗ってきました。

大半が単線
東武野田線は千葉県の船橋から埼玉県の大宮を結ぶ路線で、位置的にはJR武蔵野線の一回り外側を走る形になります。運行系統としては柏駅で2分割される形になっていますが、朝晩に車両基地への送り込みなどをかねて船橋~大宮間を直通する列車も存在します。
野田線の歴史は古く、昭和初期には現在の路線の形が出来上がっています。また、かつては野田市駅に隣接しているキッコーマンの工場から醤油の貨物輸送を行っていました。さらに、この路線の特徴として現在でも大半が複線化されていないところがあります。船橋近辺に限って見れば、複線化は昭和50年代後半からであり、首都圏の他の路線と比べると相当遅い部類になります。
このことからスピードアップも遅れ、最近まで釣り掛け式駆動の旧型車が残っていたことでも有名です。現在は伊勢崎線などの第一線を退いた8000系で全ての車両がまかなわれています。

デパートと一体になった駅





上:船橋駅 下:柏駅

野田線のターミナル駅である柏・船橋の両駅はともにデパートと一体になった構造になっています。(柏駅:高島屋、船橋駅:東武百貨店)東武鉄道は東上線の池袋駅や、伊勢崎線の浅草駅など、デパートと一体になった駅が多くなっています。

このエントリーをはてなブックマークに追加
スポンサード リンク

カテゴリ:東武鉄道 の最新記事

東武伊勢崎線@梅島(2008年05月03日作成)
東武野田線(2007年06月12日作成)
南栗橋発、中央林間行き(2006年09月20日作成)
東武日光線の車両たち(2006年09月20日作成)
その他の記事はこちら

最新記事

広島県竹原市のマンホール(2020/03/31)
コミックマーケット98中止と今後の対応について(2020/03/28)
JR飯田橋駅ホーム移設工事(2020年1月25日取材)(2020/03/25)
千駄ヶ谷駅改良工事(2020年1~3月取材)(2020/03/20)
品川駅再開発(4) 都営浅草線泉岳寺駅拡張(2020/03/13)
品川駅再開発(3)京急品川駅地平化と北品川駅高架化(2020/03/01)
沼津市のマンホール(2020/02/15)
静岡市のマンホール(2018年版)(2020/02/14)
東京メトロ銀座線渋谷駅新ホーム使用開始 - 渋谷駅再開発2019-2020(3)(2020/02/09)
JR山手線・埼京線のホーム並列化 - 渋谷駅再開発2019-2020(2)(2020/01/29)
月別アーカイブ

全記事タイトル一覧

お知らせ

当サイトは近日中にSSL化(暗号化通信対応)する予定です。準備のため、サイトの動作が不安定になる場合があります。ご了承ください。古い携帯電話では閲覧できなくなる場合がありますので、新しい環境への以降をお勧めいたします。(2020,01,15)
【東急新玉川線書籍化プロジェクト】「東急新玉川線(上・下)」書店委託販売中です。詳しくは→こちら(2019,06,04)
過去のお知らせ一覧
更新情報Twitter

おすすめ&スペシャル

「東急新玉川線」書籍化プロジェクト
「京葉線新東京トンネル」書籍化プロジェクト
「総武・東京トンネル」書籍化プロジェクト YouTube再生リスト:小田急線地下化・複々線化 YouTube再生リスト:渋谷駅再開発

おすすめ記事

@takuya870625 Twitter