西武の黄色い電車・黄色くない電車

※この記事はYahoo!ブログから移行したものです。


西武の電車のつづきです。引き続き新宿線の小平駅で撮影の後、所沢駅から池袋線に乗り途中の数駅で撮影をしました。

6000系


富士見台駅を通過する6000系。

1992年の東京メトロ(当時は営団地下鉄)有楽町線との直通にあわせて造られた車両です。車体は「黄色い電車」のイメージを捨て、軽量ステンレス製(アルミ製もあり)となり、前面は直通している東京メトロ有楽町線の7000系に似た斜めの断面となっています。制御関係では新交通システムの山口線に続いてVVVFインバータを使用しています。(このインバータはノイズが大きく、装置直上に乗ると走行中でも電磁音が聞こえてきます。)

今後は東京メトロ副都心線にも直通する予定で、現在それに向けた改造が進んでいます。(詳細後記事

9000系


中村橋駅を通過する9000系。VVVF改造車にはこのようにヘッドマークが付きます。

9000系は廃車になった101系の機器を流用し、新たに製造した2000系(新)同等の車体を組み合わせた車両です。それ故消費電力が大きい抵抗制御でしたが、数年前からVVVFインバータへの載せ換えが進んでおり、今年度中に全8編成の改造が完了する予定です。全編成が池袋線で使用されています。

10000系「ニューレッドアロー」


小平駅へ進入(通過)する10000系

西武池袋線には「むさし」「ちちぶ」、新宿線には「小江戸」の名で料金制の特急列車が運転されています。ここで使用されているのが10000系「ニューレッドアロー」です。1970年代に造られた5000系「レッドアロー」の置き換え車両として1994年から導入され、現在7両×12編成の数となっています。入れ替わりに引退した5000系「レッドアロー」は機器をこの10000系に譲る一方、一部が富山県の富山地方鉄道に売却され、16010形として特急列車に使用されています。

20000系


小平駅を出発する20000系

古い101系の置き換えとして作られた車両です。日立製作所の“A-Train”工法を用いた車体で、FSW(摩擦攪拌)溶接(※)により車体表面の見栄えが向上しています。6000系の仕様を色濃く受け継ぐ車両ですが、IGBT素子のVVVFインバータや運転席のモニタなど進化が見られます。すでに計画されていた両数の製造が終了しており、今後は1つ前の記事でご紹介した30000系の製造に移ることになります。

※FSW(摩擦攪拌)溶接:つき合わせた部材の上から回転する円筒状の工具を押し当て、その摩擦熱で部材を溶かし、さらに工具の回転により熱で溶けた部材を練り混ぜ溶接する方法。歪みが少なく、きれいな平面の仕上がりになります。摩擦熱を用いるため、軟化温度の低い物質(アルミなど)を中心に使われます。

写真は全て2007年5月4日撮影。(掲載した順番は撮影した順番とは一致しておりません。)
(つづく)
このエントリーをはてなブックマークに追加
スポンサード リンク

カテゴリ:西武鉄道 の最新記事

西武4000系(2007年11月10日作成)
西武6000系東京メトロ副都心線直通改造車(2007年05月11日作成)
西武の黄色い電車・黄色くない電車(2007年05月10日作成)
西武の黄色い電車301・2000系(2007年05月09日作成)
その他の記事はこちら

Facebookのコメント

コメント

コメント機能をご利用の際は必ず注意事項のページをご覧ください。
不適切な投稿内容は修正・削除される場合があります。また、内容によっては管理人からのレスが付かない場合がございます。確実に返信が欲しい場合はEメールをご利用ください。

管理者にだけ表示を許可する(管理人からの返信が付きません)


最新記事

首都圏外郭放水路庄和排水機場(2016/10/02)
相鉄・東急直通線建設工事(2016年取材②新綱島~日吉)(2016/09/10)
相鉄・東急直通線建設工事(2016年取材①羽沢~新横浜)(2016/09/07)
相鉄・JR直通線建設工事(2016年6月取材)(2016/08/27)
茨城県・守谷市のマンホール(2016/08/26)
東京メトロ千代田支線北綾瀬駅ホーム延伸工事(2016年6月4日取材)(2016/08/21)
東武伊勢崎線竹ノ塚駅高架化工事(2016年6月4日取材)(2016/08/14)
次期「書籍化」プロジェクトへの道すじ(2016/08/12)
JR飯田橋駅ホーム移設工事(2016年6月取材)(2016/08/06)
東急東横線10両化&関連工事(2015・2016年取材)(2016/08/03)
月別アーカイブ

全記事タイトル一覧

お知らせ

【総武・東京トンネル書籍化プロジェクト】COMIC ZIN様で欠品しておりました「総武・東京トンネル(上・下)」の販売を再開しました。詳しくは→こちら(2016,04,10)
さらに前のお知らせ

おすすめ&スペシャル

「総武・東京トンネル」書籍化プロジェクト 当サイトの前身であるYahoo!ブログから運営通算10周年を記念し、2008年に連載した「建設史から読み解く首都圏の地下鉄道① 総武・東京トンネル」についてほぼ白紙から書き直し、自主制作本(同人誌)にまとめるプロジェクトです。2015年3月のコミケットスペシャル6で総武線区間について取り上げた「上巻」、12月のコミックマーケット89で横須賀線区間について取り上げた「下巻」をそれぞれリリースし、昼過ぎに完売となる大好評となりました。現在書店(COMIC ZIN)様にて絶賛発売中です。

おすすめ記事

@takuya870625 Twitter