西武の黄色い電車301・2000系

※この記事はYahoo!ブログから移行したものです。


江戸東京たてもの園に行ったついでに西武鉄道の電車を撮影してきました。首都圏の主要私鉄のうち、このブログで唯一触れていなかった路線でもあります。千葉から一番離れていて行きづらかったもので・・・

ちなみに通ったルートは
花小金井―(新宿線)→所沢―(池袋線)→練馬―(有楽町線)→小竹向原
―(東京メトロ有楽町線)→新木場―(JR京葉線で千葉方面)・・・
という形です。
3月からSuica・PASMOの相互利用が始まり、これらの路線を1枚のカードで乗車できるようになりました。便利さを実感できるいい例です。

総武線と間違えた


小平駅を発車する301系(左)・2000系(右)。

私が西武線の電車と言われて想像するのは2000系を中心とする黄色い電車です。小さい頃は千葉を走っていた総武線の黄色い103系や201系と完全に混同していました。というのも黄色1色の車体、4つドア、田の字形の窓、モーター音などあらゆる面で総武線の電車と酷似していたからです。総武線がステンレスの209系・E231系に変わり、西武線も後述する6000系・20000系などに変わったことから著しく知識に乏しい私でもさすがにこれらを混同することはなくなりましたが・・・

301系


301系

通勤路線としては珍しい3ドアの車両です。前面は昭和期の車両によく見られる2枚窓ですが、黒い塗装で現代でも古さは感じられないデザインです。車内はロングシート、今では逆に希少な抵抗制御で走行音は国鉄の電車(103系・113系)そっくりです。

2000系


新旧スタイルの2000系

2000系は西武で最も数が多い車両です。4ドア、界磁チョッパ制御という昭和50年代の通勤電車の標準的なシステムですが、後期車は前面の窓の周囲が黒い塗装になり、屋根の通風器が円形から箱形になるなど製造時期による差異があります。また、編成両数もさまざまで2両編成では先頭車に2個パンタグラフを積んでいます。

数を減らす黄色い電車
▼参考
西武鉄道株式会社「新型通勤車両『30000系』2008年 春 デビュー」(リンク切れ)

先日、西武鉄道から新型車両導入の発表がなされました。形式名は30000系。現在製造が進んでいる20000系と同じくアルミ車体(日立“A-Train”工法を採用?)で、編成は本線運用から区間運用まで対応できるよう2両、6両、8両の3パターンとなります。この30000系製造により古い101・301系が廃車される予定で「黄色い電車」はますます数を減らすことになります。


写真はすべて2007年5月4日(金・祝)小平駅で撮影。
(つづく)
このエントリーをはてなブックマークに追加
スポンサード リンク
テーマ:鉄道 ジャンル:趣味・実用
タグ:  鉄道  西武鉄道  301系  2000系

カテゴリ:西武鉄道 の最新記事

西武4000系(2007年11月10日作成)
西武6000系東京メトロ副都心線直通改造車(2007年05月11日作成)
西武の黄色い電車・黄色くない電車(2007年05月10日作成)
西武の黄色い電車301・2000系(2007年05月09日作成)
その他の記事はこちら
古い記事:小平市のマンホール>>>

Facebookのコメント

コメント

コメント機能をご利用の際は必ず注意事項のページをご覧ください。
不適切な投稿内容は修正・削除される場合があります。また、内容によっては管理人からのレスが付かない場合がございます。確実に返信が欲しい場合はEメールをご利用ください。

管理者にだけ表示を許可する(管理人からの返信が付きません)


最新記事

首都圏外郭放水路庄和排水機場(2016/10/02)
相鉄・東急直通線建設工事(2016年取材②新綱島~日吉)(2016/09/10)
相鉄・東急直通線建設工事(2016年取材①羽沢~新横浜)(2016/09/07)
相鉄・JR直通線建設工事(2016年6月取材)(2016/08/27)
茨城県・守谷市のマンホール(2016/08/26)
東京メトロ千代田支線北綾瀬駅ホーム延伸工事(2016年6月4日取材)(2016/08/21)
東武伊勢崎線竹ノ塚駅高架化工事(2016年6月4日取材)(2016/08/14)
次期「書籍化」プロジェクトへの道すじ(2016/08/12)
JR飯田橋駅ホーム移設工事(2016年6月取材)(2016/08/06)
東急東横線10両化&関連工事(2015・2016年取材)(2016/08/03)
月別アーカイブ

全記事タイトル一覧

お知らせ

【総武・東京トンネル書籍化プロジェクト】COMIC ZIN様で欠品しておりました「総武・東京トンネル(上・下)」の販売を再開しました。詳しくは→こちら(2016,04,10)
さらに前のお知らせ

おすすめ&スペシャル

「総武・東京トンネル」書籍化プロジェクト 当サイトの前身であるYahoo!ブログから運営通算10周年を記念し、2008年に連載した「建設史から読み解く首都圏の地下鉄道① 総武・東京トンネル」についてほぼ白紙から書き直し、自主制作本(同人誌)にまとめるプロジェクトです。2015年3月のコミケットスペシャル6で総武線区間について取り上げた「上巻」、12月のコミックマーケット89で横須賀線区間について取り上げた「下巻」をそれぞれリリースし、昼過ぎに完売となる大好評となりました。現在書店(COMIC ZIN)様にて絶賛発売中です。

おすすめ記事

@takuya870625 Twitter