江戸東京たてもの園(東京都小金井市)

カテゴリ:公共施設博物館・美術館 | 公開日:2007年05月05日20:40
※この記事はYahoo!ブログから移行したものです。


GW後半は久しぶりに東京都内まで行ってきました。まずは4日(金、みどりの日)に行った東京小金井市の「江戸東京たてもの園」です。

江戸東京博物館の分館


ビジターセンター兼エントランスになっている旧光華殿(1940年、皇紀2600年記念で皇居前広場に仮設されたものを移築。)

江戸東京たてもの園は江戸時代~昭和初期にかけて東京に実際あった建物を移築・復元して展示している施設で、東京都小金井市の都立小金井公園内にあります。(財)東京都歴史文化財団が管理し、江戸東京博物館(東京都墨田区両国)の分館という扱いになっています。どの建物も内部まで公開され、自由に観察することができます。

観覧料
一般 400円
大学生 320円
中(都外)・高生、65歳以上 200円
小学生以下と都内在住・在学の中学生 無料 

開園時間・休園日
毎週月曜日(祝日の場合は翌日)、年末年始(12/28~1/4)は休園
開園時間 4~9月 9:30~17:30 10~3月 9:30~16:3

交通
○西武新宿線花小金井駅からバス5分
西武バス「南花小金井」から武蔵小金井駅行きで、「小金井公園西口」下車徒歩5分。
○JR中央線武蔵小金井駅からバス5分
西武バス武蔵小金井駅北口2・3乗り場から「小金井公園西口」下車徒歩5分。
関東バス武蔵小金井駅4乗り場から三鷹駅行きで「江戸東京たてもの園前」下車徒歩3分。




昭和初期の町並み。正面の「子宝湯」は昭和初期の銭湯で映画「千と千尋の神隠し」の「油屋」のモデルになりました。

GWということもあり、とにかく人が多かったです。園内各所では昔遊び(竹馬、リム回し、竹とんぼ作りetc)など子ども向けのイベントも多数行われていました。また、3棟ある古民家の囲炉裏にはいずれも火が炊かれていました(後述)。



右上:江戸時代の古民家。
左上:内部は囲炉裏がありこのように火を炊が炊かれていました。
左下:昭和初期の政治家、高橋是清の邸宅。1階は喫茶店になっています。
右下:万世橋交番。



テツには見逃せないのがこの都電7500形7514号。停留所名の「南佐久間町」は虎ノ門~新橋間に実在したもののようです。

人が多すぎて建物の内部までゆっくり見ることができませんでした。機会を見ていつかまた再訪してみようと思います。
このエントリーをはてなブックマークに追加
スポンサード リンク
テーマ:東京 ジャンル:地域情報
タグ:  江戸東京たてもの園  小金井公園

カテゴリ:博物館・美術館 の最新記事

愛宕山・NHK放送博物館(東京都港区)(2008年08月01日作成)
東京都庭園美術館(2008年04月27日作成)
大ロボット博(国立科学博物館)(2008年02月16日作成)
日本科学未来館&「地下展」(2007年12月13日作成)
千葉市花の美術館(10月18日無料開放)(2007年10月19日作成)
男鹿和雄展@東京都現代美術館(2007年08月27日作成)
江戸東京たてもの園(東京都小金井市)(2007年05月05日作成)
大多喜城と大多喜の町並み(2007年04月11日作成)
MOA美術館(2006年09月04日作成)
その他の記事はこちら
<<<新しい記事:都立小金井公園
古い記事:休業中のKIOSK>>>

Facebookのコメント

コメント

コメント機能をご利用の際は必ず注意事項のページをご覧ください。
不適切な投稿内容は修正・削除される場合があります。また、内容によっては管理人からのレスが付かない場合がございます。確実に返信が欲しい場合はEメールをご利用ください。

管理者にだけ表示を許可する(管理人からの返信が付きません)


最新記事

首都圏外郭放水路庄和排水機場(2016/10/02)
相鉄・東急直通線建設工事(2016年取材②新綱島~日吉)(2016/09/10)
相鉄・東急直通線建設工事(2016年取材①羽沢~新横浜)(2016/09/07)
相鉄・JR直通線建設工事(2016年6月取材)(2016/08/27)
茨城県・守谷市のマンホール(2016/08/26)
東京メトロ千代田支線北綾瀬駅ホーム延伸工事(2016年6月4日取材)(2016/08/21)
東武伊勢崎線竹ノ塚駅高架化工事(2016年6月4日取材)(2016/08/14)
次期「書籍化」プロジェクトへの道すじ(2016/08/12)
JR飯田橋駅ホーム移設工事(2016年6月取材)(2016/08/06)
東急東横線10両化&関連工事(2015・2016年取材)(2016/08/03)
月別アーカイブ

全記事タイトル一覧

お知らせ

【総武・東京トンネル書籍化プロジェクト】COMIC ZIN様で欠品しておりました「総武・東京トンネル(上・下)」の販売を再開しました。詳しくは→こちら(2016,04,10)
さらに前のお知らせ

おすすめ&スペシャル

「総武・東京トンネル」書籍化プロジェクト 当サイトの前身であるYahoo!ブログから運営通算10周年を記念し、2008年に連載した「建設史から読み解く首都圏の地下鉄道① 総武・東京トンネル」についてほぼ白紙から書き直し、自主制作本(同人誌)にまとめるプロジェクトです。2015年3月のコミケットスペシャル6で総武線区間について取り上げた「上巻」、12月のコミックマーケット89で横須賀線区間について取り上げた「下巻」をそれぞれリリースし、昼過ぎに完売となる大好評となりました。現在書店(COMIC ZIN)様にて絶賛発売中です。

おすすめ記事

@takuya870625 Twitter