惜別鹿島鉄道

※この記事はYahoo!ブログから移行したものです。


18きっぷの旅の1つ目のメイン鹿島鉄道訪問です。以前、廃止直前の485系「ひたち」に乗りに行った際も茨城交通・関東鉄道とともに立ち寄っています。皆さんも既にご存知のことかと思いますが、鹿島鉄道は来る3月31日を持ってバス転換され廃線となります。この日も平日にもかかわらず多くの鉄道ファンで賑わっていました。

相次ぐ経営への打撃


石岡駅にある車両基地。

鹿島鉄道はJR常磐線の石岡から霞ヶ浦の沿岸を通り、太平洋に面した鉾田までを結ぶ路線です。桃浦駅のそばにある航空自衛隊百里基地への燃料輸送も行っていましたが、2003年を持って廃止されました。この鹿島鉄道は関東鉄道の赤字路線を分社化した路線であり、創業以来関東鉄道から資金面での支援を受けていました。しかしながらつくばエクスプレスの開業によって関東鉄道の経営が大きな打撃を受け、その支援が打ち切られることになり、2006年鹿島鉄道は廃線の手続きに入りました。沿線の中高生や自治体の存続運動もあったものの実を結ぶことは無く、今回の廃線という最悪の結果を迎えることになってしまったわけです。



石岡駅点描。JR線側の線路跡は貨車収受の名残。「貨車の上にあがらないで」の看板も。



キハ430形とその運転台。



霞ヶ浦・筑波山と一緒に。(桃浦-八木蒔間)

なお、同じ3月31日をもって宮城県のくりはら田園鉄道も廃線となります。
さらに全国を見回すと鹿島鉄道と同じ境遇に置かれた鉄道は少なくないのが現状です。急速に進む少子高齢化やクルマ社会の中で鉄道が街のシンボルである時代はもはや遠い過去のものとなったといってよいでしょう。これからは沿線住民や自治体が主体となって積極的に使うもしくは支援を行うという行動をとらない限り、同様の道を辿る鉄道は増える一方だと思います。これまで「あって当たり前」であった鉄道についてもう一度考え直してはいかがでしょうか?

▼参考

鹿島鉄道(リンク切れ)
鹿島鉄道を守る会
このエントリーをはてなブックマークに追加
スポンサード リンク
テーマ:鉄道 ジャンル:趣味・実用
タグ:  鉄道  鹿島鉄道  廃線
<<<新しい記事:水戸偕楽園

Facebookのコメント

コメント

コメント機能をご利用の際は必ず注意事項のページをご覧ください。
不適切な投稿内容は修正・削除される場合があります。また、内容によっては管理人からのレスが付かない場合がございます。確実に返信が欲しい場合はEメールをご利用ください。

管理者にだけ表示を許可する(管理人からの返信が付きません)


最新記事

首都圏外郭放水路庄和排水機場(2016/10/02)
相鉄・東急直通線建設工事(2016年取材②新綱島~日吉)(2016/09/10)
相鉄・東急直通線建設工事(2016年取材①羽沢~新横浜)(2016/09/07)
相鉄・JR直通線建設工事(2016年6月取材)(2016/08/27)
茨城県・守谷市のマンホール(2016/08/26)
東京メトロ千代田支線北綾瀬駅ホーム延伸工事(2016年6月4日取材)(2016/08/21)
東武伊勢崎線竹ノ塚駅高架化工事(2016年6月4日取材)(2016/08/14)
次期「書籍化」プロジェクトへの道すじ(2016/08/12)
JR飯田橋駅ホーム移設工事(2016年6月取材)(2016/08/06)
東急東横線10両化&関連工事(2015・2016年取材)(2016/08/03)
月別アーカイブ

全記事タイトル一覧

お知らせ

【総武・東京トンネル書籍化プロジェクト】COMIC ZIN様で欠品しておりました「総武・東京トンネル(上・下)」の販売を再開しました。詳しくは→こちら(2016,04,10)
さらに前のお知らせ

おすすめ&スペシャル

「総武・東京トンネル」書籍化プロジェクト 当サイトの前身であるYahoo!ブログから運営通算10周年を記念し、2008年に連載した「建設史から読み解く首都圏の地下鉄道① 総武・東京トンネル」についてほぼ白紙から書き直し、自主制作本(同人誌)にまとめるプロジェクトです。2015年3月のコミケットスペシャル6で総武線区間について取り上げた「上巻」、12月のコミックマーケット89で横須賀線区間について取り上げた「下巻」をそれぞれリリースし、昼過ぎに完売となる大好評となりました。現在書店(COMIC ZIN)様にて絶賛発売中です。

おすすめ記事

@takuya870625 Twitter