道の駅とみうら“枇杷倶楽部”と菜の花畑

カテゴリ:道路 | 公開日:2007年03月20日20:45
※この記事はYahoo!ブログから移行したものです。


5回シリーズでお送りした大房岬を後にし、富浦駅までの40分の道のりを歩いて戻ります。日頃の運動不足がたたり、真に「足が棒になった」という感じです。でも、事前リサーチでそばに菜の花がきれいに咲いている場所があるという情報を得ていたため、そこへ寄ってから駅へ戻ることにしました。

一般道のPA?


その場所は国道127号線から少し離れた場所にある「道の駅とみうら“枇杷倶楽部”」です。実はここも10年位前にバスツアーで一度来たことがあります。「枇杷倶楽部」の名は周辺で栽培が盛んな房州びわにちなんだものです。ここではそのびわを使った商品も多数販売されており、10年前に来たときはびわを使ったソフトクリームを食べました。
「道の駅とみうら」の前を通る道はそのまま山側に行くと富津館山道路の富浦ICに通じており、富津館山道路と国道127号線のアクセス道路と位置づけられているようです。そんな場所にある「道の駅とみうら」ですが、駐車場が90台分しかなくこの日も外の道路まで車が溢れていました。かといって富浦駅からは1km以上離れており、車で来る人を対象にしたのか電車で来る人を対象にしたのかいささか疑問が残ります。



そしてお目当てはその裏手にある広大な菜の花畑。やや離れた橋(下を流れるのは岡本川)から眺めた写真ですが菜の花の黄色がはっきりとわかります。右側に写っているビニールハウスでも花の栽培が行われています。



「目がおかしくなりそう・・・」と言っては失礼ですが、見える範囲はすべて菜の花です。今シーズンは異常な暖冬であったためこの時点(3月3日)で既に満開になっていました。ちなみに、房総で栽培されている菜の花は菜種油を取るのではなくそのまま食用にするためのものが多いようです。



ちなみに、「道の駅とみうら」の敷地内も花がたくさん植えられています。

▼参考
道の駅とみうら 枇杷倶楽部 ホームページ
注:3月3日時点の状況です。菜の花のシーズンは既に終わっていると思われます。悪しからず・・・
このエントリーをはてなブックマークに追加
スポンサード リンク

カテゴリ:道路 の最新記事

首都高速大橋JCT見学会「山手トンネルウォーク」(その2)(2010年03月17日作成)
首都高速大橋JCT見学会「山手トンネルウォーク」(その1)(2010年03月13日作成)
道の駅とみうら“枇杷倶楽部”と菜の花畑(2007年03月20日作成)
その他の記事はこちら
<<<新しい記事:青春18きっぷの旅2007年3月12日
古い記事:大房岬(5)>>>

Facebookのコメント

コメント

コメント機能をご利用の際は必ず注意事項のページをご覧ください。
不適切な投稿内容は修正・削除される場合があります。また、内容によっては管理人からのレスが付かない場合がございます。確実に返信が欲しい場合はEメールをご利用ください。

管理者にだけ表示を許可する(管理人からの返信が付きません)


最新記事

首都圏外郭放水路庄和排水機場(2016/10/02)
相鉄・東急直通線建設工事(2016年取材②新綱島~日吉)(2016/09/10)
相鉄・東急直通線建設工事(2016年取材①羽沢~新横浜)(2016/09/07)
相鉄・JR直通線建設工事(2016年6月取材)(2016/08/27)
茨城県・守谷市のマンホール(2016/08/26)
東京メトロ千代田支線北綾瀬駅ホーム延伸工事(2016年6月4日取材)(2016/08/21)
東武伊勢崎線竹ノ塚駅高架化工事(2016年6月4日取材)(2016/08/14)
次期「書籍化」プロジェクトへの道すじ(2016/08/12)
JR飯田橋駅ホーム移設工事(2016年6月取材)(2016/08/06)
東急東横線10両化&関連工事(2015・2016年取材)(2016/08/03)
月別アーカイブ

全記事タイトル一覧

お知らせ

【総武・東京トンネル書籍化プロジェクト】COMIC ZIN様で欠品しておりました「総武・東京トンネル(上・下)」の販売を再開しました。詳しくは→こちら(2016,04,10)
さらに前のお知らせ

おすすめ&スペシャル

「総武・東京トンネル」書籍化プロジェクト 当サイトの前身であるYahoo!ブログから運営通算10周年を記念し、2008年に連載した「建設史から読み解く首都圏の地下鉄道① 総武・東京トンネル」についてほぼ白紙から書き直し、自主制作本(同人誌)にまとめるプロジェクトです。2015年3月のコミケットスペシャル6で総武線区間について取り上げた「上巻」、12月のコミックマーケット89で横須賀線区間について取り上げた「下巻」をそれぞれリリースし、昼過ぎに完売となる大好評となりました。現在書店(COMIC ZIN)様にて絶賛発売中です。

おすすめ記事

@takuya870625 Twitter