車両メーカーの撮影について考えた(技術者を目指す者のひとりごと)

カテゴリ:鉄道:その他 | 公開日:2007年03月17日04:24
※この記事はYahoo!ブログから移行したものです。


今月末、京浜急行に初のステンレス車両が登場するようです。


形式こそこれまで増備が行われていた新1000形ですが、内容としてはもはや別形式といってもよい感じです。

で、本題。

この新1000形ステンレス車の姿をいち早く見に行こうと、現車の出場前に製造が行われている東急車輛(神奈川県)に行った鉄道ファンの方も中にはいらっしゃるようです。また、工場外周の公道から柵の上にカメラを差し出すと辛うじて製造途中の新1000形の姿も見えたようで、写真がインターネットの掲示板にアップされていました。また、1年前を振り返ってみると、来る3月18日に京葉線にデビューするE331系の製造が行われていた際も同様の行為が行われています。
ただ、この「車両メーカーの工場内を撮影する」という行為について私は強く疑問を感じます。これに関しては昨年のE331系の際は工場の守衛さんからも注意された方がいるようです。鉄道車両の工場に限らず、工業製品を作る工場のというのは開発中の新製品やさまざまな加工機械が置かれています。その中にはこれから特許を出願しようとしている製品もあるかもしれません。東急車輛のような大手のメーカーは特にその傾向が強く「特許の塊」といっても過言ではないでしょう。東急車輛横浜工場は基本的に社員またはその家族程度までしか入ることが出来ず、事実上「非公開」になっています。
そういった工場の中を「鉄道マニアの勝手」で撮影し、その画像をネットに流したりしたらどうなるでしょうか?熟練した技術者の中には「もの」の外見からある程度仕組みがわかるという人もいます。ですから、こういった断片的な写真を流しただけでも重大な特許情報流出が起きる可能性があるわけです。これはいわば「スパイ行為」をしているのと同じであり、場合によっては撮影した人やインターネットで流した人に責任追及が及ぶ可能性もあります。E331系の件で「注意された」というのはこういった背景があるからと考えてよいでしょう。

あくまで私の「私見」ではありますが、マナーとして「中を無理に覗いての撮影をしない」「非公開の工場内を撮影した写真はネットに公開しない」などこういった「業界特有の事情」もぜひ考慮していただきたいと思います。趣味を徹底的に追求する気持ちはみなさん同じです。それを今後も守り続けるために今一度お考え下さい。お願いします。
このエントリーをはてなブックマークに追加
スポンサード リンク

カテゴリ:鉄道:その他 の最新記事

「PMSM」・・・電車用モーターの次のスタンダードとなりうるか?(2012年03月06日作成)
茨城交通の旅・・・序章(2007年09月23日作成)
高崎線架線切断・・・原因とその対策(2007年06月22日作成)
休業中のKIOSK(2007年05月04日作成)
鉄道で房総半島横断(青春18きっぷの旅2007年3月27日)(2007年03月30日作成)
車両メーカーの撮影について考えた(技術者を目指す者のひとりごと)(2007年03月17日作成)
鉄路を支える人々2・・・高架橋の検査(2006年10月16日作成)
総武快速線運転見合わせの津田沼駅(2006年10月06日作成)
パンタグラフ大丈夫ですか?地下鉄ver.(←謎)(2006年10月04日作成)
東京へ(2006年09月29日作成)
その他の記事はこちら
<<<新しい記事:大房岬(4)要塞跡の数々

Facebookのコメント

コメント

コメント機能をご利用の際は必ず注意事項のページをご覧ください。
不適切な投稿内容は修正・削除される場合があります。また、内容によっては管理人からのレスが付かない場合がございます。確実に返信が欲しい場合はEメールをご利用ください。

管理者にだけ表示を許可する(管理人からの返信が付きません)


最新記事

首都圏外郭放水路庄和排水機場(2016/10/02)
相鉄・東急直通線建設工事(2016年取材②新綱島~日吉)(2016/09/10)
相鉄・東急直通線建設工事(2016年取材①羽沢~新横浜)(2016/09/07)
相鉄・JR直通線建設工事(2016年6月取材)(2016/08/27)
茨城県・守谷市のマンホール(2016/08/26)
東京メトロ千代田支線北綾瀬駅ホーム延伸工事(2016年6月4日取材)(2016/08/21)
東武伊勢崎線竹ノ塚駅高架化工事(2016年6月4日取材)(2016/08/14)
次期「書籍化」プロジェクトへの道すじ(2016/08/12)
JR飯田橋駅ホーム移設工事(2016年6月取材)(2016/08/06)
東急東横線10両化&関連工事(2015・2016年取材)(2016/08/03)
月別アーカイブ

全記事タイトル一覧

お知らせ

【総武・東京トンネル書籍化プロジェクト】COMIC ZIN様で欠品しておりました「総武・東京トンネル(上・下)」の販売を再開しました。詳しくは→こちら(2016,04,10)
さらに前のお知らせ

おすすめ&スペシャル

「総武・東京トンネル」書籍化プロジェクト 当サイトの前身であるYahoo!ブログから運営通算10周年を記念し、2008年に連載した「建設史から読み解く首都圏の地下鉄道① 総武・東京トンネル」についてほぼ白紙から書き直し、自主制作本(同人誌)にまとめるプロジェクトです。2015年3月のコミケットスペシャル6で総武線区間について取り上げた「上巻」、12月のコミックマーケット89で横須賀線区間について取り上げた「下巻」をそれぞれリリースし、昼過ぎに完売となる大好評となりました。現在書店(COMIC ZIN)様にて絶賛発売中です。

おすすめ記事

@takuya870625 Twitter