大房岬(2)

カテゴリ:公園・風景 | 公開日:2007年03月13日23:19
※この記事はYahoo!ブログから移行したものです。


▼関連記事
大房岬(1)
→「大房岬(たいぶさみさき)」の概要や地図。



では、実際に富浦駅から大房岬まで歩いて行きます。
道路自体は国道127号線や県道など大きな道路でほぼ全区間で歩道が整備されており、安全上の問題はありません。また、標識類もあるため迷うことも無いと思います。ただ距離が3kmもあるうえ、約半分は急な上り坂になっており体力に自身の無い方は無理をしないほうがいいです。繰り返しますが、基本的には車で行く場所だとお考え下さい。



まず見えてくるのは駐車場とインフォメーションセンター。9年前林間学校で来たときはここでバスを降りたのを覚えています。
車でお越しの際も徒歩(電車)でお越しの際もインフォメーションセンターにはお立ち寄りしておくことをお勧めします。岬の地図を確認するというのも理由ですが以下のような文章が掲げてあったからです。

自然公園ご利用の皆様へ
不発弾に注意

平成18年6月2日(金)に大房岬自然公園内にて不発弾が発見されました。
今回、下記の写真(長さ5cm・太さ3~4cm程)が発見されました。サビが出ているために金属の塊にしか見えないかもしれません。
公園敷地および海岸にて今後も発見される可能性があります。自然公園ご利用の皆様は十分ご注意ください。
もし、不審なもの・不発弾と思われるものを見かけたときは触れたりせずに警察署もしくは施設職員間で連絡してください。

館山警察署 生活安全課
大房岬少年自然の家
大房岬ビジターセンター

(以上、原文ママ。不発弾の写真は省略。)

大房岬は後述しますが、江戸時代末期~太平洋戦争にかけて重要な軍事拠点となっていました。それ故にこのような危険な物体が転がっている場合もあります。このように突発的・重要なお知らせが出ている場合もありますので、ぜひとも確認してから岬の散策を楽しみましょう。



そのさらに先に行くと道が分かれます。左に進むと富浦ロイヤルホテルです。車で来て、ホテルに宿泊し大房岬と周辺の観光をセットにするというのも1つの手かもしれません。



ここを過ぎるといよいよ岬の奥へと入っていきます。散策道の傾斜もきつくなります。木立の間からは海が見えます。下に見える桟橋は富浦港です。

(つづく)
このエントリーをはてなブックマークに追加
スポンサード リンク
テーマ:千葉県 ジャンル:地域情報
タグ:  千葉  南房総市  大房岬
<<<新しい記事:大房岬(3)
古い記事:PCの中を掃除しました>>>

Facebookのコメント

コメント

コメント機能をご利用の際は必ず注意事項のページをご覧ください。
不適切な投稿内容は修正・削除される場合があります。また、内容によっては管理人からのレスが付かない場合がございます。確実に返信が欲しい場合はEメールをご利用ください。

管理者にだけ表示を許可する(管理人からの返信が付きません)


最新記事

首都圏外郭放水路庄和排水機場(2016/10/02)
相鉄・東急直通線建設工事(2016年取材②新綱島~日吉)(2016/09/10)
相鉄・東急直通線建設工事(2016年取材①羽沢~新横浜)(2016/09/07)
相鉄・JR直通線建設工事(2016年6月取材)(2016/08/27)
茨城県・守谷市のマンホール(2016/08/26)
東京メトロ千代田支線北綾瀬駅ホーム延伸工事(2016年6月4日取材)(2016/08/21)
東武伊勢崎線竹ノ塚駅高架化工事(2016年6月4日取材)(2016/08/14)
次期「書籍化」プロジェクトへの道すじ(2016/08/12)
JR飯田橋駅ホーム移設工事(2016年6月取材)(2016/08/06)
東急東横線10両化&関連工事(2015・2016年取材)(2016/08/03)
月別アーカイブ

全記事タイトル一覧

お知らせ

【総武・東京トンネル書籍化プロジェクト】COMIC ZIN様で欠品しておりました「総武・東京トンネル(上・下)」の販売を再開しました。詳しくは→こちら(2016,04,10)
さらに前のお知らせ

おすすめ&スペシャル

「総武・東京トンネル」書籍化プロジェクト 当サイトの前身であるYahoo!ブログから運営通算10周年を記念し、2008年に連載した「建設史から読み解く首都圏の地下鉄道① 総武・東京トンネル」についてほぼ白紙から書き直し、自主制作本(同人誌)にまとめるプロジェクトです。2015年3月のコミケットスペシャル6で総武線区間について取り上げた「上巻」、12月のコミックマーケット89で横須賀線区間について取り上げた「下巻」をそれぞれリリースし、昼過ぎに完売となる大好評となりました。現在書店(COMIC ZIN)様にて絶賛発売中です。

おすすめ記事

@takuya870625 Twitter